あべ力也(世田谷区議会議員)の注目キーワード

あべ力也(世田谷区議会議員)のつぶやき

  • aberikiya
    社員を大切にしない会社は歪んでいく。それと同じように、市民を蔑ろする都市は必ず衰退する。どんなに立派な箱物や器を造っても、潤うのは一部の利害関係者だけで、地域に暮らす人々は幸福の果実を手にしていない https://t.co/IDDzbVnFmV2018-04-20 19:17:50
  • aberikiya
    地域衰退が深刻化しているなかで、自治体と住民、企業が知恵を出し合い、自然環境や伝統文化を大切にした個性的なまちづくりに挑戦する地域が現れている。過疎や財政破綻、あるいは公害や環境破壊など「負の要素」を抱えた九つの地域における再生の… https://t.co/hZIVgZJlbB2018-04-20 18:48:00
  • aberikiya
    地方分権改革が新たな様相を呈して展開し始めた、いわゆる00年代の地方自治体や地方議会・議員、住民にどのような営為が取り組まれ、それらの営為によって地域社会にどのような胎動が生まれ変動が起こっているかを検証 https://t.co/XcToZ76E5r2018-04-20 18:17:53
  • aberikiya
    市民参加のまちづくり 英国編 英国におけるショップモビリティ、地域再生における市民参加組織をテーマとして、英国と日本における比較の中から、ショップモビリティのまちづくりにおける意義について考察する。 https://t.co/c3d5tZELBk2018-04-20 17:47:54
  • aberikiya
    地域再生への挑戦―地方都市と農村村の新しい展望 連携・協働・交流こそ地域再生の条件。地域を見つめ直しそこにある資源の活用をめざす。衰退する地方都市と農山村の活路を「和歌山モデル」として提示。 https://t.co/WSprwYFSe42018-04-20 17:17:53
  • aberikiya
    まさに地域経営の時代である現代。日本の経済・財政・金融政策に関わってきた気鋭のシンクタンカーが、長崎県でおこなってきた政策提言やコンサルティング事例を紹介しながら、地域再生に向けた戦略や戦術を解説する。 https://t.co/oOWz8DqcFP2018-04-20 16:47:59
  • aberikiya
    不況、失業を克服し、経済成長を保証する経済理論は存在するのか? ケインズに始まり、フリードマン、クルーグマンまで14人の経済学者の人生と理論、 https://t.co/eVZabSEGgA2018-04-20 16:17:54
  • aberikiya
    産業競争力強化と雇用創出との好循環を生み出すメカニズムを析出することをねらいとする。地域の視点と、雇用の視点とを積極的に結合し、ミクロ的アプローチから出発してマクロ的効果を生む日本経済再生の論理を提示する。 https://t.co/TCWPxNuSKB2018-04-20 15:47:55
  • aberikiya
    地域再生の条件 少子高齢化や過疎化などを背景に、多くの地域が衰退しているなか、自治体と住民が知恵を出し合い、個性的なまちづくりによって活性化に成功している地域が存在する。 https://t.co/ijJj2Kg4l52018-04-20 15:17:50
  • aberikiya
    スウェーデン北部の住民組織と地域再生 都市への人口流出、地方社会の空洞化は、わが国はもとより先進国共通の社会問題だ。本書は地域再生に向けたスウェーデンの取組みを、EU及び同国の政策を背景に、長年の現地調査に... https://t.co/Ehw8VGN7jU2018-04-20 14:47:57
  • aberikiya
    四季を通じて、森などの自然豊かな場所で子どもを保育する「森のようちえん」。自然のなかでいきいきと遊ぶ子どもたちの姿を描写し、その保育の魅力と可能性を存分に伝える。日本とドイツでの活動を本格的に紹介 https://t.co/dXdg09IbIm2018-04-20 14:17:57
  • aberikiya
    農山村は資源の宝庫である。そこで自然と文化を活かした暮らしやビジネスを起こすことで、長年断絶されてきた都市と農村の交流を促し、新たなヒトとカネの流れを生みだす。 https://t.co/zA9NryG6G42018-04-20 13:47:59
  • aberikiya
    地域ブランド、業を中心に地域活性をはかりたい(町づくり)、地域の力を生かした農業をしたい、自立した農業経営のコツを知りたい https://t.co/ugzbWo24222018-04-20 13:17:51
  • aberikiya
    幸福な田舎のつくりかた: 地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かす 地域を誇ることが、参加と共感を呼び、小さくても確かな経済を動かす。https://t.co/3xIr8B9ZJB2018-04-20 12:47:55
  • aberikiya
    なぜイタリアの村は美しく元気なのか、市民のスロー志向に応えた農村の選択 各地に広がる美しい風土と香り高いワイン、ふくよかなチーズ、香ばしく調理された肉や魚…イタリア農村の魅力 https://t.co/kRGZk20DQ82018-04-20 12:17:55
  • aberikiya
    都市では市民農園や農住組合で農地を保全し、農村ではファーマーズマーケットや田園住宅で美味しい野菜、魅力的な景観、地産地消の活力を取り戻す。農産物すら大量生産の規格品が求められ、地価が高騰し、都市と農村が対立していた... https://t.co/0u15AI8gXV2018-04-20 11:47:56
  • aberikiya
    都市の水源であり、日本の食を支える場でもある農山村。「限界集落」問題をまつまでもなく、現代社会のさまざまな難問が集中し、著しく顕在化している。高齢化は?医療は?農業・林業の担い手は?山積する諸課題を整理し。。 https://t.co/Vqhmlogl2G2018-04-20 11:17:53
  • aberikiya
    人口減少社会において、すべての集落を現地で維持するのは不可能に近い。崩壊を放置するのではなく、十分な支援も出来ないまま何がなんでも持続を求めるのでもなく、一選択肢として計画的な移転を提案したい https://t.co/6D48xNen0l2018-04-20 10:48:03
  • aberikiya
    高齢化が進み、いずれ消滅に至るとされる「限界集落」。だが危機を煽る報道がなされているのに、実際に消滅したむらはほとんどない。そこには逆に「限界集落」という名付けをしたことによる自己予言成就―ありもしない危機が実際に起きる https://t.co/V8Blhfv1gy2018-04-20 10:17:53
  • aberikiya
    日本の集落が悲鳴をあげている!「限界集落」とは、人口減少、高齢化していく集落が、後戻りの利かないひとつの節目を通過したことを知らせるものだが、「限界集落」とはまだ呼ばれていない集落にしても。。 https://t.co/ZlFWQJYhw02018-04-20 09:47:55
  • aberikiya
    連携・協働・交流こそ地域再生の条件。地域を見つめ直しそこにある資源の活用をめざす。衰退する地方都市と農山村の活路を「和歌山モデル」として提示。 https://t.co/WSprwYFSe42018-04-20 09:17:50
  • aberikiya
    コミュニティデザイン―人がつながるしくみ 新しくモノを作るよりも「使われ方」を考えること。全国で使い手のつながり、コミュニテイのデザインを切り拓いた著者の全仕事。 https://t.co/xBUNbq96t22018-04-20 08:47:56
  • aberikiya
    まさに地域経営の時代である現代。日本の経済・財政・金融政策に関わってきた気鋭のシンクタンカーが、長崎県でおこなってきた政策提言やコンサルティング事例を紹介しながら、地域再生に向けた戦略や戦術を解説する。 https://t.co/mozNmkHJG82018-04-20 08:17:59
  • aberikiya
    東京の肥大化、地方の疲弊。大規模アンケート調査から見えてきたこの実態をどう克服するか。地方の中核都市を中心とした、多極型の経済・社会のあり方=八ヶ岳方式への転換を提言する。 https://t.co/ayX1tclyjE2018-04-20 07:47:55
  • aberikiya
    待ったなしの地域再生 公共投資や地方交付税という再分配政策によって支えられてきた地方は,グローバル化,少子高齢化といった大きな環境変化の中で,いま自立することが求められている https://t.co/muF5rlWwmE2018-04-20 07:17:45
  • aberikiya
    巨大開発で都市の再生を夢見ることは可能だろうか。ヒューマンスケールで芸術文化、職人企業、自治が開花する街づくりこそ、内外で関心が高まる創造都市への道である。街の個性を活かし芸術文化を要にして、都市をどう再生していくか https://t.co/D6ghmbx2z72018-04-20 06:47:54
  • aberikiya
    経済成長の源泉である「3つのT理論」の、T1(ハイテク)、T2(才能)、T3(寛容やアメニティ)が、互いに作用するメカニズムをはじめて詳しく説明した原著論文である。 https://t.co/3DRpwH7BmW2018-04-20 06:17:46
  • aberikiya
    都市本来の力をひきだすまちづくり(アーバンルネッサンス)へ 21世紀になって期待されるようになった地域活性化の新しい考え方「創造都市」 https://t.co/2EBPgHE8xj2018-04-20 05:47:52
  • aberikiya
    自家用車を自由に使えない人々の生活基盤として、バスや移送サービスなどの公共交通は極めて重要だが、とりわけ過疎地では採算上厳しい局面にある。本書は、様々な特性を持つ交通システムを組み合わせ、高齢者・障害者・交通不便地域の住民に良質な… https://t.co/BnQnHNVs782018-04-20 05:17:46
  • aberikiya
    都市・過疎地域を問わず、地域の活性化には都市・地域計画と交通計画の整合性が求められ、交通を単なる移動手段ではなく、地域振興の「装置」として位置付ける必要がある。加えて1990年前後から急速に進められた規制緩和政策の結果 https://t.co/ZXHdyRWUsx2018-04-20 04:47:58