あべ力也(世田谷区議会議員)の注目キーワード

あべ力也(世田谷区議会議員)のつぶやき

  • aberikiya
    ビッグデータ時代の健康情報は貴方が主役です。情報は「受け手」として、ただ参考にするだけでなく、「送り手」として積極的に関与すれば、飛躍的に価値が高まります。どういう治療法を選択すれば良いのか? https://t.co/xtYcOHbzy02018-04-19 13:47:58
  • aberikiya
    過去五〇年間に市民社会の性格はどのように変化したのか、またその要因は何か。本書では、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、スペイン、スウェーデン、オーストラリア、日本という八カ国を取り上げ、現代の脱工業化社会において社会関係資本が… https://t.co/O5HXXXVN0c2018-04-19 13:17:50
  • aberikiya
    コミュニティヘルスとは一人一人の当事者が自分なりの健康や幸せを実現しながら結果としてコミュニティ自体も豊かになっていく営みをいう。そうしたコミュニティヘルスの活動は全国各地で行われている https://t.co/vIfQ0j6Bt42018-04-19 12:47:58
  • aberikiya
    2020年には65歳以上高齢者が全人口の3割を占める。本書では超高齢社会における「安心といきいき」実現のための居住デザインについて考える。とりわけ高齢者のコアである団塊世代に焦点をあてる https://t.co/v1Fr7r5j8t2018-04-19 12:17:55
  • aberikiya
    欧米諸国では、戦後の経済成長を背景に大規模施設が建設されたが、1980年代には施設に代わる高齢者ケアの体系として「エイジング・イン・プレイス(地域居住)」という概念が登場した https://t.co/l4E0cDWERP2018-04-19 11:47:55
  • aberikiya
    それは与えられるものではなく、私たち自身がつくり出すもの。デンマーク流「住み慣れた地域で最期まで」!「老人ホームはいらない!」のなら、何が必要か?デンマークの最新の「地域居住」の実像と真相 https://t.co/4AvTEcc6qe2018-04-19 11:17:52
  • aberikiya
    2025年、私たちはどんなふうに働いているだろうか?ロンドン・ビジネススクールを中心とした、「働き方コンソーシアム」による、世界規模の研究が生々しく描き出す2025年のに働く人の日常 https://t.co/xqoguaE9Ah2018-04-19 10:48:04
  • aberikiya
    IT化、グローバリゼーション、働く期間の長期化、かつてないスピードで変化する激動の未来を、自分らしく、楽しく生きるための新しい働き方とは??先が見えない20代から、このままじゃまずいと感じ始めた40代 https://t.co/z0rsUS77dQ2018-04-19 10:17:53
  • aberikiya
    格差の広がりとともに日本の長寿は危機に瀕している。格差はストレスを生み、信頼や絆を損ね、寿命を縮める。人々の命を守るには、日本の長寿を支えてきた、格差が少ない結束の強い社会を守る https://t.co/s3yhVnOH762018-04-19 09:47:54
  • aberikiya
    2025年には団塊の世代が後期高齢期に入り終える。2050年には団塊ジュニアの世代が後期高齢期に入り終える。このままでは、その時、実質GDPは現在より4割落ち込み、国税収入のほとんどを貧しい高齢者の生活保護で使い切る https://t.co/I04erIcg112018-04-19 09:17:51
  • aberikiya
    場日本。だが高齢化で来店もできない人が増えるなど消費には地殻変動が起こる。将来のマクロ環境を捉え、流通業がそれでも国内で稼ぐための課題と、いま着手すべき施策 https://t.co/ROL6jLI7tl2018-04-19 08:47:56
  • aberikiya
    人口減でも1億人を超える巨大市わたしたちは、長い長い老いの時間を、どう過ごしていけばよいのでしょうか? 出発点は、2025年の日本――ベビーブーム世代、いわゆる「団塊の世代」が揃って75歳以上を迎える時代を考えるところにあります https://t.co/8XyNhIgmkM2018-04-19 08:18:00
  • aberikiya
    シニアシフトに乗り遅れるな! 社会の高齢化が進む限り、シニアシフトの加速化は止まらない。このシニアシフトの流れをうまくビジネスに活かしているだろうか https://t.co/XfEZ4naW6f2018-04-19 07:47:57
  • aberikiya
    2030年、後期高齢者が2倍に増え街を歩く人が激減。94万戸のマンションが築50年以上に。住環境や街並みが一変した社会の衝撃と実態を描きながらも、不可避な未来を幸せに暮らす方法まで提案 https://t.co/dngs6EL1GZ2018-04-19 07:17:45
  • aberikiya
    定年後の人生を、本当の人生という意味で「本生」と呼ぼう!多くの日本人が、人生の中で最も大きなウェイトを占めているのは仕事であり、仕事が人生の全てであると考えています。しかし、これは勘違いです。もちろん仕事が大事なことは言うまでもあ… https://t.co/F9RZcMfSnY2018-04-19 06:47:56
  • aberikiya
    定年過ぎても働きたいという人に提言する、現役でもなくシニアでもない“プレシニア”という新しい生き方。会社を辞めたその後は、ストレスフリーで楽しく稼ぐ https://t.co/c4qijQl2jj2018-04-19 06:17:45
  • aberikiya
    「社会が高齢化するから日本は衰える」は誤っている! 原価0円からの経済再生、コミュニティ復活を果たし安全保障と地域経済の自立をもたらす究極のバックアップシステムを、日本経済の新しい原理として示す! https://t.co/94QBke7t592018-04-19 05:47:52
  • aberikiya
    グローバル化の下で、今や女性労働なくして世界経済の歯車は回らない。先進国、アジア・中東・アフリカの女性労働の実態を鋭く抉り、各国の均等政策に光を当てる。また様々な要因を視野に、女性労働の現実と今後の進展を探る。 https://t.co/qWtz2RKWVW2018-04-19 05:17:45
  • aberikiya
    男女雇用機会均等法が施行されて10年。男女平等社会は本当に実現しつつあるのか。「二流の労働力」とされる女性の労働を多方面から分析し、その変革の道を提示する https://t.co/8Ep8ROpT4b2018-04-19 04:47:57
  • aberikiya
    リーマン・ショックは市場機能重視の「小さな政府」に暗い影を落とし、深刻化したギリシャ危機は「大きな政府」の問題点を露呈した。では、日本はどうするのか?万能薬とはなりえないが、一つの答えが「スウェーデン・モデル」である https://t.co/wUhWhrb34Q2018-04-19 03:47:52
  • aberikiya
    パリは子どもに未知の刺激と感動をプレゼントしてくれる街。 歴史ある美術館や博物館で出合う本物のアートとフランスの歴史。サーカスや人形劇などのエンターテインメントで味わえる興奮と感動。 おもちゃや絵本、キュートな子ども服 https://t.co/h5Qh8JpTXG2018-04-19 03:17:46
  • aberikiya
    女性が自由になるほど子供は増える? EUで出生率が第1位の国フランス。彼女たちはなぜ子供を産むようになったのか。女性と子供をめぐるフランス事情、文化やメンタリティ、社会システムをわかりやすく紹介 https://t.co/zSQIPiVPbO2018-04-19 02:17:45
  • aberikiya
    フランスの高い出生率が注目を浴びている。でも、フランスで子どもを産み育てやすいのは、日本で報道されるような手厚い家族支援だけが理由ではない。育児も家事もする男性、子どもの自立を重視し、過度の母子べったりをきらう子育て観 https://t.co/fgHhJAjye82018-04-19 01:47:54
  • aberikiya
    恋愛も、子育ても、仕事も…すべてを手に入れようと闘ってきた女たち、男たち。その多くが気づき始めている。父性のない社会は生きにくいということに。結婚制度を乗り越え、恋愛も子づくりも思いどおりになると信じた男女 https://t.co/iEugwVHUII2018-04-19 01:17:45
  • aberikiya
    パリママの心豊かに生きるシンプルなヒント忙しいパリのママたちがいつも輝いているのはなぜ?「ママ」として「女」として、人生を楽しんでいる彼女たちの生き方40の素敵な子育てヒント https://t.co/QcD2Pxlwi02018-04-19 00:47:55
  • aberikiya
    パリジェンヌは、いつも自分の信じる道をいきます。そのために、彼女たちは日々感性を磨いているのです。本書は、そんなパリジェンヌたちのファッション、暮らし、生き方をご紹介しながら、年を重ねるごとに輝きを増す彼女たちの美の秘密に迫ります。 https://t.co/tQQQm8nYvW2018-04-19 00:17:46
  • aberikiya
    極端なダイエットはしない。頭を使って毎日3食、栄養あるものを適量、心から味わう。そして、歩くことや階段を上ることなどのちょっとした運動を生活にとりいれる。フランスの田舎の四季と食べ物の思い出話とともにカラフルに語られる優雅で健康的… https://t.co/Kn9swd4QZ72018-04-18 23:47:56
  • aberikiya
    もっと手順少なく料理できないの? 冷蔵庫に眠っている食材はどうする? キッチンまわりの無駄を省く奥の手をベテラン料理家が考えました。時間とおサイフと環境にやさしい暮らしの知恵を大公開 https://t.co/gWNMqVev402018-04-18 23:17:54
  • aberikiya
    フランス女性なら、仕事で人生をつまらなくなんてしない! 有名シャンパン会社の社長にして世界的ベストセラー『フランス女性は太らない』の著者が、仕事と人生の両方を実り豊かなものにする働き方をアドバイスする。 https://t.co/3DH0M9HPnW2018-04-18 22:48:05
  • aberikiya
    出生と幸福、女が幸せな国は子どもも産まれるのか? 子どもが増える先進国フランス、じつはかつては世界でいちばん少子化が進んだ国でもあった。 https://t.co/46Uj9jlTY92018-04-18 22:17:55