中田 中(稲城市議会議員)の注目キーワード

中田 中(稲城市議会議員)のつぶやき

  • ataru3
    今日はパシフィコ横浜で開催された震災対策技術展でセミナー受講。避難所運営に関するもの3件とその他3件(防災情報システムやブラックアウトなど)。 場所: パシフィコ横浜 https://t.co/kXldJ1mNbt2019-02-07 19:02:51
  • ataru3
    市議会議員活動報告を公開しました。 https://t.co/WZS8SFkFeu2019-02-03 13:20:25
  • ataru3
    RT @inagi_city: ★あなたの力を消防団に貸してください★ 稲城市消防団は、地域の皆さんと協力しながら、災害に強い安全なまちづくりのため活動しています。 消防団では、あなたの力を必要としています。 あなたの第一歩が、この街を守るエネルギーとなる! お問合せは、377…2019-01-24 18:55:26
  • ataru3
    (続き4) (市民のために本当に必要なら例外として認めるべき) 議会改革の本質は、よりよい議論を行えるようにすることだと、忘れずに議会運営に取り組んでいこうと思います。2019-01-23 18:11:29
  • ataru3
    (続き3) 印象に残ったのは次の点 ・議会運営は「その場主義」。間違いや不適切な発言があったら、その場で指摘・訂正していける知識・経験が必要(議会のヤジも時に修正に役立つこともある) ・議会のルールや慣例に捉われるのではなく、都度議会運営委員会に諮って決めていくとよい2019-01-23 18:11:21
  • ataru3
    (続き2) 今回は議会運営の様々な事例に基づいて、どのように判断すればよかったか、未然に防ぐにはどうしたらよいか、議長や事務局として注意しなければならないことは何か、などについて歴史的な経緯も含めて具体的にアドバイスをいただきました。2019-01-23 18:10:48
  • ataru3
    (続き) 例えば、各委員会で所管事務に関する継続調査を行うことで、通年議会のように必要に応じて行政報告を受ける仕組みの導入など、様々な改善が実施されています。2019-01-23 18:10:35
  • ataru3
    本日の稲城市議会。議会運営員会主催の研修会「議会運営のあり方について」。講師は全国都道府県議会議長会 議会制度研究アドバイザーの野村稔氏。 野村先生には、稲城市議会の議会改革について長年ご指導をいただいています。2019-01-23 18:10:15
  • ataru3
    RT @inagi_city: ★消防団員を募集しています★ 稲城市消防団では、市内在住、在勤または学生で18歳以上の男女の方の入団をお待ちしています。入団後の待遇として、報酬の支給・公務災害補償・被服の支給・表彰制度・資格支援・学生消防団活動認証制度などがあります。 お問合せ…2019-01-11 17:11:55
  • ataru3
    RT @inagi_city: ★あなたの力を消防団に貸してください★ 稲城市消防団は、地域の皆さんと協力しながら、災害に強い安全なまちづくりのため活動しています。 消防団では、あなたの力を必要としています。 あなたの第一歩が、この街を守るエネルギーとなる! お問合せは、377…2019-01-11 17:11:46
  • ataru3
    (続き9) 米軍基地や核兵器の現状をこのままでよいと考えているわけではありませんが、反対の声を挙げるだけでは事態が好転するわけではないと考え、「市として最適な選択肢は何か」との観点から判断しました2018-12-19 21:23:48
  • ataru3
    (続き8) 核保有国をも巻き込んだ核軍縮への道筋を整える役割を担うことが、現実的な選択肢ではないかと考え、現時点では賛成できない、と判断しました2018-12-19 21:23:39
  • ataru3
    (続き7) 第8号陳情(核兵器禁止条約への署名・批准を国に求める陳情)→討論せず反対  これは本当に心苦しい判断でした。私も唯一の戦争被爆国として同条約に署名・批准することが理想だと考えています。しかし核兵器廃絶を実現しようと考えるなら、現在の日本の立ち位置を考えれば、2018-12-19 21:21:29
  • ataru3
    (続き6) 「いなフェス」等のイベントにより友好関係が保てている現状を考慮すると、返還を強く主張することは慎重に判断すべきではないか、と判断しました2018-12-19 21:21:03
  • ataru3
    (続き5) 第7号陳情(多摩火工廠の市民利用と保全を求める陳情)→討論せず反対  多摩サービス施設内にある戦争遺構と自然環境は貴重な財産であり保全すべきという考え方には大賛成だが、市からの要望により少しづつだが返還が実現しており、2018-12-19 21:20:45
  • ataru3
    (続き4) また討論では言及しませんでしたが、都有地の活用だけが高齢福祉・障害福祉の充実への解決策ではありません。そのため、採択することは難しいと判断2018-12-19 21:17:58
  • ataru3
    (続き3) 第9号陳情(大丸都営住宅跡地に、高齢者施設などの福祉施設開設を求める陳情)→討論し反対  昨年12月議会とほぼ同じ内容であり、市は対応を実施済み(都有地なので市ができるのは都への要望のみ)であり、この陳情を採択してしま… https://t.co/Nj1wdkLdSU2018-12-19 21:17:36
  • ataru3
    (続き2) 第4~6号陳情(別居・離婚家庭に対し、教育現場対策、公的支援、法整備を求める国への意見書を求める陳情)→討論し反対  昨年12月議会とほぼ同じ内容、目黒女児虐待事件等はあったものの陳情への影響はほとんど無く児童虐待への… https://t.co/kEO4SkyVG22018-12-19 21:16:08
  • ataru3
    (続き) 陳情については私を含め6名の議員が討論(≒意見表明)を行いました(一部採択の動議も議員の意見表明と考えれば7名)が、私以外はほぼ賛成討論。私も全ての陳情に討論をしているわけでは無いので、各陳情への賛否も含めてご報告させていただきます。2018-12-19 21:14:27
  • ataru3
    昨日の稲城市議会、12月議会の最終日でした。市長提出議案は全て全会一致で可決。議員提出議案「白タク行為への対策強化への意見書」は全会一致で可決。陳情6件は賛否が別れましたが全て不採択となりました。2018-12-19 21:14:05
  • ataru3
    (続き4) 議会は多数決です。採択を望むなら事前に議員と話し合い過半数から賛同を得られる内容にして提出すべきです。もし全議員と話し合うのが困難なら「請願」という方法もあります。紹介議員を1人見つけ、その議員に調整をお願いするのです… https://t.co/LOBWL9lgjt2018-12-13 17:13:06
  • ataru3
    (続き3) 陳情書は一旦提出したら変更はできませんので、提出した時点で、政策的もしくは政治信条として同意できない文言が含まれていると、後からどんなにお願いされても賛成することはありません。2018-12-13 17:09:08
  • ataru3
    (続き2) 政治的な主張を伝えるだけの「出すことに意義がある」という陳情なら構わないのかもしれませんが、議会の賛同を得て陳情結果をうまく活用しようと考えるのであれば、過半数を取るための事前準備(≒根回し)がもっと必要です。2018-12-13 17:08:47
  • ataru3
    (続き) これで、12月議会で提出され陳情は(委員会では)全て不採択となったことになります。稲城市議会では、陳情者が直接持参した陳情は議案として扱うルールなので、他議会に比べて陳情を扱う機会は多いのですが、「不採択となる陳情が多すぎる」という点が気になります。2018-12-13 17:08:31
  • ataru3
    昨日の稲城市議会、12月議会の建設環境委員会が開催されました。市長提出議案7件(住所整理に関する条例2件、同路線の廃止・認定、ペアテラス・市立公園の指定管理など)、陳情1件(核兵器禁止条約署名を日本政府に求める)の審査。 市長提出議案は全て可決、陳情は不採択となりました。2018-12-13 17:08:01
  • ataru3
    RT @hakuo416: 私は40歳ぐらいで「気の合わない人とは付き合わない」を徹底してから楽になれた。「せっかく誘ってくれたんだから行かなきゃ悪いかな」「苦手だけどいいとこもあるし」「まあ名のある人だし」「仕事に繋がるかも」すべてやめた。ちょっとでも無理と思ったら付き合わな…2018-12-13 09:52:18
  • ataru3
    (続き5) そのため、委員会として再考すべき理由は無い、と判断させていただきました。そのように考えた議員が大半を占めたため、共産党の山岸委員以外は質疑・討論することなく、不採択となりました。2018-12-11 13:13:50
  • ataru3
    (続き4) 別居家庭の児童虐待関連3件については、共同親権や目黒区の児童虐待死のことが追記されていましたが、骨子となる内容は変わっておらず、大丸都営住宅跡地への福祉施設建設についても、進捗のあった保育施設の項目が削除された以外はほぼ内容は変わっていませんでした。2018-12-11 13:13:41
  • ataru3
    (続き3) 市立病院の公営企業法全適用については、市民病院としての役割はこれまで同様に果たしつつも、より効率的かつ機動的な経営が可能となるとの答弁があり、これについても全会一致で可決されました。 陳情については、いずれも昨年の12… https://t.co/6xTCaG1Vua2018-12-11 13:13:28
  • ataru3
    (続き2) 体育施設の指定管理者は、いなぎグリーンウェルネス財団を引き続き指定することになりました。これまで5年間の経験と住民サービスの実績に加え、公園と一体で管理することの効率性を評価する意見もあり、全会一致で可決されました。2018-12-11 13:13:04