平田みつよしの注目キーワード

Array

平田みつよしのつぶやき

  • hirata_mituyosi
    (続き)しないまま、国連軍の到着を以って戦闘が終了し、幕が下りる。原作とは違うと聞いているが、映画版に於いては世界観、全体像が見えづらいところが残った。 https://t.co/hS3Gi2Xzak2019-05-25 18:03:05
  • hirata_mituyosi
    (続き)官房長官役に「当たり前の生活、ささやかな幸せ。それを守るための政治家だ」と述べた後で「あと3年(総理を)やっていいか?」と訊ねるくだりは、やはり製作者が現実の政治状況を反映させたのだろうか。一方で現実の国際情勢に配慮したの… https://t.co/KVHdy6GKFM2019-05-25 18:02:21
  • hirata_mituyosi
    (続き)官房長官役に「当たり前の生活、ささやかな幸せ。それを守るための政治家だ」と述べた後で「あと3年(総理を)やっていいか?」と訊ねるくだりは、やはり製作者が現実の政治状況を反映させたのだろうか。 https://t.co/hS3Gi2Xzak2019-05-25 17:49:50
  • hirata_mituyosi
    (続き)艦長は「私が答えることではない」莞爾として受け流し、じゃじゃ馬記者に同行取材を許可する。やがて護衛艦が炎上し、隊員が命を落とす惨状を目の当たりにした記者は「戦争はあってはならないが、戦争を起こさないための戦いはあり得る」という心境に達する。佐藤氏演じる総理役が(続く)2019-05-25 17:49:24
  • hirata_mituyosi
    (続き)わけか」と慨嘆するシーンに最高指揮官としての孤独が良く表れている。広報活動で〔いぶき〕に乗艦し、偶々防衛出動に遭遇することになった記者役に小倉久寛氏(良い味を出している)と本田翼氏。本田氏演じる若い女性記者は「この国に空母… https://t.co/PyAW5s0bZm2019-05-25 17:48:49
  • hirata_mituyosi
    (続き)極めて抑制的に自衛権を行使する。止むを得ず敵機を撃墜するシーンでは隊員一同が粛然と息を呑む姿が印象的だった。佐藤氏演じる総理が文民統制・専守防衛を遵守しながらも、次々と起こる非常事態に「武力を行使しなくても平和を維持できる… https://t.co/RvbvgfcUur2019-05-25 17:48:07
  • hirata_mituyosi
    鑑賞録。〔空母いぶき〕(若松節朗・監督、’19年)総理役の佐藤浩市氏の発言を巡り公開前から話題を呼んだが、自衛隊の活動や隊員の考え方を知ることができる佳作である。東亜連邦(架空の国家)の武装勢力による領海侵犯を皮切りに、防衛出動が… https://t.co/Ia9IC2lmXj2019-05-25 17:47:30
  • hirata_mituyosi
    荒川左岸の堀切水辺公園にて葛飾区合同水防訓練が開催。葛飾区の水陸両用車「すぃ坊」も出動し、様々な実戦的訓練が展開されました。 https://t.co/8p1uldOTAH2019-05-25 12:00:59
  • hirata_mituyosi
    上平井中学校歓送迎会が学校体育館にて開催。葛飾区は小中学校体育館への冷暖房の設置を進めており、完了するまでの熱中症対策として各校に大型送風機を配備しています。今日は真夏日になりましたが、送風機のお蔭で快適な環境の下、歓送迎会が行わ… https://t.co/A9Wo7ka8ic2019-05-24 23:40:43
  • hirata_mituyosi
    (続き)『おしん』でも同様の事態に至っていた可能性を示唆する証言である。2019-05-24 17:39:32
  • hirata_mituyosi
    (続き)いざ始まってみると役柄が気に入らなかったのだろう。なのに田中さんは見事にというか、スタッフの期待以上のおしんを演じてくれた。それでこそ本当の名優だ」と振り返った。後年、別の橋田作品の主演女優が途中降板し、その理由が氏との不仲と取り沙汰されたことがあった。(続く)2019-05-24 17:39:09
  • hirata_mituyosi
    日本経済新聞〔私の履歴書〕は脚本家の橋田壽賀子氏で、’83(昭和58)年に最高視聴率62.9%を記録したNHKの朝ドラ『おしん』についてこれまで秘密にしていたのだが、大人になってのおしん役・田中裕子さんは私と言葉を交わさなかった。… https://t.co/3S9j5L0Z0C2019-05-24 17:38:32
  • hirata_mituyosi
    (続き)権利者や地元住民の十分な理解の下、合意形成を行い協力を得ることが事業を進める上で必要にしてかつ十分な条件である。葛飾区は庶民・大衆の町であり、庶民目線や大衆感覚を忘れた施策や事業は成功もしなければ成立もしないことを関係者全てが銘記するべきである。2019-05-21 23:02:57
  • hirata_mituyosi
    午前は葛飾区土地開発公社評議員会に出席。打ち合わせの後、午後は葛飾区都市計画審議会を傍聴。立石駅南口東地区再開発の都市計画決定がなされた。今後は京成押上線高架化工事の進捗に合わせ、駅施設や利用客の動線との融合性・整合性に遺漏無きを… https://t.co/fRCDe7jLk92019-05-21 23:02:31
  • hirata_mituyosi
    三峯神社に昇殿参拝させて頂きました。 https://t.co/9vGerXd1NF2019-05-19 13:48:16
  • hirata_mituyosi
    恒例の三峯山秀友講参拝で三峯神社に向かっています。〔道の駅あらかわ〕に面した秩父鉄道の踏切では、西武4000系や元都営三田線の旧6000形が行き交っていました。 https://t.co/n0njFSlxR22019-05-19 10:23:06
  • hirata_mituyosi
    (続き)六日は広島、九日は長崎の日。十五日は戦争が終わった日です」はっきりとお答えになったという。また、休憩時間には「アメリカはなぜ原子爆弾を広島と長崎に落としたのでしょうか」とご質問があり、半藤氏は「それは簡単には説明できないの… https://t.co/ey0OS0pdtc2019-05-18 18:25:30
  • hirata_mituyosi
    (続き)要請に応えて伺候したところ、皇嗣殿下は半藤氏の著書〔あの戦争と日本人〕を携えておられ、統帥権についてご下問されたという。又、半藤氏が「俳句で『八月や六日九日十五日』という有名なものがあります。殿下はこの日が分かりますか」と… https://t.co/H1lgAZ6Nln2019-05-18 18:25:00
  • hirata_mituyosi
    (続き)興味深いのは昨年8月15日に秋篠宮家が半藤一利氏を宮邸に招かれ、悠仁親王を含む三殿下に『なぜ太平洋戦争は起きたのか』というテーマでご進講を受けられたという言及である。半藤氏は小学6年生(当時)の悠仁親王殿下にも分かりやすい… https://t.co/l3IlCmytnZ2019-05-18 18:24:03
  • hirata_mituyosi
    週刊文春5月23日号〔悠仁さま刃物事件 美智子さまの忠告を秋篠宮は拒否した〕なる記事は、いわく上皇后陛下が事件を受け「公人として迷惑をかけたのだから級友や保護者、学校関係者に陳謝のコメントを出すべき」とのご意向を示されたが、皇嗣殿… https://t.co/SCUiKOmYha2019-05-18 18:23:32
  • hirata_mituyosi
    葛飾区と中国の北京市豊台区は’92(平成4)年に友好交流・協力に関する協定を結んで以来、様々な交流を重ねてきました。今日は王力軍豊台区人民政府区長をはじめとする友好訪問団が葛飾区役所を訪れ、区議会本会議場で歓迎行事が行われました。 https://t.co/H60mlSc8mD2019-05-17 17:57:22
  • hirata_mituyosi
    3日後に操法大会を控え、本田消防団第8分団の訓練にお邪魔しました。規律厳正かつ士気旺盛な行動に感じ入りました。今日は令和になって初めての立石駅通り商店会総会・懇親会も開催されました。町の発展を支え続けておられる皆様に改めて感謝と敬… https://t.co/g0GBMEhqTv2019-05-16 23:29:09
  • hirata_mituyosi
    (続き)今日は入江幸江副議長にお出迎え頂いた後、山口市が目指す子ども像や地域活性化などについて聴取、意見交換を行った。 https://t.co/NsoVqg5slD2019-05-14 22:03:48
  • hirata_mituyosi
    (続き)佐藤栄作両元総理の兄弟による熾烈な衆院選が繰り広げられた。山口市教育委員会では学校と家庭が連携して自学自習の定着を推進、子どもが自ら進んで学習する習慣づくりに取組んでいる。また、ボランティア人材バンク〔やまぐち路傍塾〕を設… https://t.co/C0kB5ptlxb2019-05-14 22:03:22
  • hirata_mituyosi
    山口県山口市は県中央部に在って南は瀬戸内海、北は島根県と接する人口19万5千・面積1023キロ平米の県庁所在地である。古くは大内氏、毛利氏の所領であり、1863(文久3)年には長州藩の藩校である明倫館が設立され、現在の山口大学に至… https://t.co/hhX7wmOMou2019-05-14 22:02:38
  • hirata_mituyosi
    筑後船小屋駅の売店で買ったアイスクリーム〔おとぼけくんカップ〕。上がバニラ・下がチョコで、チョコアイスには氷片が混ざってい、バニラと一緒に食べるとミックス味のソフトクリームのように滑らかな食感でした。久留米市に本社がある丸永製菓の… https://t.co/60i00KQJYn2019-05-14 10:49:06
  • hirata_mituyosi
    (続き)柳川市教育委員会ではコミュニケーション能力を測定する『アトリス』(Assessing Total Life Skills)を実施、特にスピーキングを重視して英語教育の充実を図ってきた。今日は古賀洋学校教育課長、本田透首席指… https://t.co/4Uka7EWRjh2019-05-13 22:52:00
  • hirata_mituyosi
    (続き)だが、長男の檀太郎氏は〔新・檀流クッキング〕(集英社文庫)の中で、泥鰌と笹掻き牛蒡を卵でとじた一品は江戸発祥の料理であり、「とにかく、柳川にはドジョウはたくさんいてもドジョウ鍋は無いのである」と記している。もちろん、今ではいわば逆輸入の形で市内でも供される。(続く)2019-05-13 22:51:29
  • hirata_mituyosi
    (続き)共にした伊藤整一大将をはじめ多くの先賢を輩出した名門である。また、当地は北原白秋を筆頭に、近年では歌手の徳永英明氏、俳優の妻夫木聡氏、元大関の琴奨菊関の故郷としても知られる。ところで、東京生まれの者は柳川と聞くと柳川鍋を想… https://t.co/YgNb95m3hW2019-05-13 22:50:53
  • hirata_mituyosi
    福岡県柳川市は県南部に在って有明海に面し、海苔の水揚げ高は日本一。人口6万6千・面積77キロ平米を有する。中世から歴史の舞台となってきたが、近世は立花氏の所領となり、1824(文政7)年、第9代藩主立花鑑賢公により藩校・伝習館が設… https://t.co/uOuA04IJSF2019-05-13 22:50:22