猪瀬直樹/inosenaokiの注目キーワード

猪瀬直樹/inosenaokiのつぶやき

  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 私鉄の誕生により、都心への人の流れは、通勤という日常性に収斂され、郊外への小旅行はレジャーランドにおける祝祭空間への移行を意味した。「大衆」の祝祭空間への渇望は、銀座に代表される高級消費空間と郊外のレジャーランドの彼方に無限に広がる気配を見せ…2019-06-10 14:23:40
  • inosenaoki
    対錦織戦も見たが、全仏のナダルはまったく隙がないね。 https://t.co/ShO5Rmnlos2019-06-10 04:12:44
  • inosenaoki
    RT @allreviewsjp: 【本日のピックアップ】「人口急増そのものがビジネスになる…日本の大衆消費社会の基盤をつくった男を活写」 『小林一三 - 日本が生んだ偉大なる経営イノベーター』(中央公論新社) - 著者:鹿島 茂 - 猪瀬 直樹@inosenaokiによる書評…2019-06-09 23:41:20
  • inosenaoki
    RT @CourrierJapon: なぜ「政府高官処刑」のニュースは広まったのか? 真面目に取材をした上での誤りなのか、はたまた、何らかの意図をもったフェイクニュースなのか──。 先週、日本でも衝撃を持って報じられた「北朝鮮高官ら処刑」のニュース。元は ... https…2019-06-08 16:05:35
  • inosenaoki
    RT @kanabun_PR: 【江藤淳展】「週刊読書人」6月7日号の特集は「歿後20年 江藤淳」。決定版評伝『江藤淳は甦える』の著者・平山周吉氏と千崎彰容氏の対談を掲載。江藤展開催中、神奈川近代文学館のミュージアムショップでも販売しています。 https://t.co/jNe2019-06-08 16:02:47
  • inosenaoki
    RT @Newsweek_JAPAN: 実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由 映画を見終わった後、筆者が感じたのは疲労と絶望、そして怒りであった── https://t.co/sgpnyiCGiZ2019-06-07 17:07:25
  • inosenaoki
    RT @Newsweek_JAPAN: なぜ日本では「世の中への報復」がテロではなく通り魔を生むか 自己の正当性を発信することもせず、メッセージも残さず、「他人の殺傷で目立つこと=人生の清算」になりやすい日本の通り魔 https://t.co/dvnZ4G7SZz2019-06-07 17:05:33
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: ヒトラーのつくりあげた組織は、ちょうど正方形の真ん中をつまんでピラミッド型に持ち上げたように立体的だった。日本型ファシズムでは、布は広げられたままで頂点がない。平面的だが、代わりに荒い網目のひとつひとつが相互にひっぱりつつ振動を増幅して伝えあ…2019-06-07 00:02:15
  • inosenaoki
    RT @allreviewsjp: 【本日のピックアップ】「なぜあえて二流、いや三流の作家の評伝なのか。そこにすでに著者の批評精神が込められているのだ。」 『女文士』(集英社) - 著者:林 真理子 - 猪瀬 直樹@inosenaokiによる書評 ALL REVIEWS #書評…2019-06-06 23:58:38
  • inosenaoki
    RT @Newsweek_JAPAN: 次世代旅客機「フライングV」の開発をKLMオランダ航空が発表 ──客室や貨物室、燃料タンクを主翼に納める https://t.co/MaeW7R0CZz … #KLM2019-06-06 01:19:07
  • inosenaoki
    RT @usaminoriya: っていうか社会保険料が上がりすぎて、手取りはものすごい勢いで減ってるんだよな。 https://t.co/7GTfmAaqUF2019-06-06 01:12:06
  • inosenaoki
    RT @Newsweek_JAPAN: 性的虐待の記憶「耐え難い苦しみ」と、17歳の少女が合法的安楽死 不治の病でも身体の激痛でもない、性的虐待とレイプの被害者の苦悩が、希望通りの死に値すると認められた https://t.co/PdqJsuOqjY2019-06-06 01:06:57
  • inosenaoki
    RT @allreviewsjp: 【新着】「2つの異なる松下幸之助像、矛盾は矛盾なく同居する」 松下 幸之助『道をひらく』(PHP研究所)、岩瀬 達哉『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮社) - 楠木 建@kenkusunokiによる読書日記 ALL REVIEW…2019-06-06 01:04:13
  • inosenaoki
    RT @PHPeb: 【Kindleストア】『解決する力』(猪瀬直樹) https://t.co/qplztX2DdP 尖閣諸島購入問題、東京電力とのバトル、オリンピック招致etc.難題を乗り越えるリーダーの、物の見方・考え方23。 #Kindleストア2019-06-06 00:01:47
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 僕たちは、人生は多数の偶然に満ちている、と考えるときがある。たまたまキャンセルした飛行機が事故に遭遇するような劇的な体験はしなくとも、もしもあのとき、あの場所で、あの人に会わなかったら……、などということは思い出すときりがない。【欲望のメディ…2019-06-05 17:17:28
  • inosenaoki
    RT @viatortaka: 落合陽一さんと猪瀬直樹さんの共著「ニッポン2021-2050(https://t.co/AvcfXaaCxj)」を読んだ。データ踏まえて思考をぶつけられる感じ。共感するところがあれば、しないところもある。それが良い。 https://t.co/k2019-06-04 15:43:33
  • inosenaoki
    RT @ponkotsu_soccer: 猪瀬直樹氏の著作集「日本の近代」から『日本国の研究』を読了。 戦後の復興からバブルを経て肥大化した”虎ノ門”の公益・特殊法人の腐敗を暴いている。 作家だからできる読みやすい文章なので、難解なテーマでも読みやすい。知識なしでもしっかり…2019-06-04 15:43:05
  • inosenaoki
    RT @a_r_tomonokai: 【ALL REVIEWS 月間アクセスランキング(2019年5月)】 1位:『「うつ」は炎症で起きる』by 草思社さん(前書き) 2位:『美智子皇后の真実』by 猪瀬 直樹さん 3位:『バレエ・メカニック』by 柳下 毅一郎さん 以下、20…2019-06-04 13:42:16
  • inosenaoki
    RT @jubilotomovie: 落合陽一さんと猪瀬直樹さんの本 「ニッポン2021-2050」 この本はなぜ大ベストセラーにならないのか? と思えるほど、大切な内容盛りだくさんでした! オススメの本です https://t.co/N2CpYyjELt2019-06-03 21:43:55
  • inosenaoki
    RT @yuking1125: 今回の新渋谷公会堂は1956席。 お客さん目線、選手目線を考慮し、2日間開催に。 2日間で3912人動員するという事は、昨年の700人に対して、約5.5倍。 3年前まで、150人という事は、実に26倍。これはフェンシングにとっても大きなチャレンジ…2019-05-31 14:44:40
  • inosenaoki
    誰も助けることができないまま、惨劇が起きている。 https://t.co/mvuJzS476v2019-05-30 20:11:48
  • inosenaoki
    RT @yuking1125: 【発表】 今年の全日本決勝は、 11/2 女子決勝 11/3 男子決勝 新渋谷公会堂で行います2019-05-30 20:01:38
  • inosenaoki
    RT @kamiyamasahiko: 【本日最終日】小学館・祥伝社 スーパービッグフェア(第四弾 語学・教養・ビジネス・自己啓発) (~5/30)  https://t.co/OQdAHdqtAs 猪瀬直樹デジタル著作集1~16巻が50%OFF (1~12巻540円、13~…2019-05-30 15:03:02
  • inosenaoki
    RT @kinselist: 【今日までのキンドルセール】 小学館・祥伝社 スーパービッグフェア(第四弾 語学・教養・ビジネス・自己啓発) (5/30まで) https://t.co/TEoWBjwhdV 45冊が対象 猪瀬直樹、大前研一などの著作を中心とした、教養・ビジ…2019-05-30 15:01:22
  • inosenaoki
    RT @allreviewsjp: 【本日のピックアップ】「常態と化した日本の「異常態」を目の覚めるような鮮やかさで解き明かす。」 『猪瀬直樹電子著作集「日本の近代」第1巻 構造改革とはなにか 新篇 日本国の研究』(小学館) - 著者:猪瀬直樹 - 鹿島 茂@_kashimas…2019-05-30 03:19:55
  • inosenaoki
    RT @allreviewsjp: 【本日のピックアップ】「公家は、弱々しくない。七輪で喰い物を焼くあの鶴瓶の生活感こそ現実に近い公家の顔である。」 『公家たちの幕末維新-ペリー来航から華族誕生へ』(中央公論新社) - 著者:刑部 芳則 - 磯田 道史による書評 ALL REV…2019-05-30 03:08:15
  • inosenaoki
    RT @aniotahosyu: そしてなぜか、異常な犯罪を起こした人間の周囲の評判を聞くと「過去、小さなトラブルを起こしていた」「近所と疎遠」「挨拶がない」という、地域共同体からの孤立がまるで犯行の背景にあるように描かれるが、地域共同体と疎遠な世帯は日本の至る処に存在し、異常…2019-05-30 02:56:53
  • inosenaoki
    RT @Newsweek_JAPAN: 列車のように移動する低軌道小型通信衛星「スターリンク」56基が撮影される ──1万2000基打ち上げ計画に、「裸眼で見える星よりも衛星のほうが多くなってしまう」と懸念も...... https://t.co/wQQCTWndt9 … ……2019-05-30 02:53:13
  • inosenaoki
    RT @m0mch1: 今日のお薦め本 猪瀬直樹『ミカドの肖像』67%オフ https://t.co/8aj70nnqmC プリンスホテル=堤一族と皇室の関係を通じ近代日本の在り方を紐解く。 『土地の神話』62%オフ ↑の続編。東急による郊外開発を軸に、日本の都市の在り方を…2019-05-29 03:01:29
  • inosenaoki
    電子書籍版の著作集が半額になっている。多くの方に読んでもらいたいという思いから、期間限定のセールに同意しました。《ためし読み》(無料サンプルの送信)もできるので、ぜひこの機会に読んでほしい。 https://t.co/wTd7Lf73vG2019-05-28 21:49:26