アメリカの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    金正恩はカードの切り方が上手い。凶器(核・ICBM)は捨てるべきなのに、見返りの経済援助を求める。使う必要のなくなった核実験場の廃棄、ICBM発射実験の停止のカードでアメリカと韓国に先制したが、トランプや文在寅は何かお礼したい気に… https://t.co/XGABfA5fEp2018-04-21 21:24:53 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    第二次大戦後、金と並んでドルを基軸通貨とするブレトンウッズ体制が構築された。世界一の大国、アメリカの国力の源泉の一つは、自国の通貨、ドルが基軸通貨であることだ。国際政治学講座の第四回目をブログにアップした。 https://t.co/YFdYC9EGsv2018-04-20 22:22:42 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    財務次官セクハラ辞任のかげで、日米首脳会談終わる。貿易摩擦激化の懸念。1980年代にアメリカの大学を巡回していたとき、米自動車産業の努力不足をアメリカ人自らが指摘していた。しかし、今は米でそのような理性的な声をきかない。防衛と貿易… https://t.co/RJqTqrkY1v2018-04-20 09:20:36 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    テレビ朝日の上司の対応も問題だが、このセクハラ「被害者」に記者としての矜持はないのか。自局を使わずに週刊誌に匿名でネタを売る。それに、次官と2人きりで食事など論外だ。アメリカの女性記者のように、堂々とカミングアウトして告発したほうが世論に訴える。それが「戦う記者」の姿だ。2018-04-19 10:50:36 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日本の対米要求は、再交渉なしにアメリカがTPPに復帰すること、FTAについては慎重にというものである。18日の首脳会談で、安倍首相はこの点をトランプ大統領に主張すべきである。 https://t.co/jPQQ6JnWct2018-04-18 23:56:49 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    セクハラ「被害者」の女性記者は誰だか分からずじまいなのか。記者なら、週刊誌など経由せずに、アメリカの記者のように堂々と自ら告発したらどうか。匿名で他人へ悪意のツイートをする者も自らの姓名を公表したらどうか。週刊誌の記事も、新聞記事のように記者の署名記事にしたらどうか。2018-04-18 23:11:01 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    安倍首相はアメリカへ。日本にとって重要なのは、首相が日米首脳会談で国益をしっかりと守ること。しかし、メディアの多くは柳瀬審議官が同行している(当然の職務)ことを特筆大書するのみで、会談内容への建設的提案も何もない。因みにトップニュースは財務次官のセクハラ疑惑。日本は大丈夫か。2018-04-17 19:38:31 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日米首脳会談へ。最大のポイントは、アメリカのみならず、日本や韓国にとっても、北朝鮮の核とミサイルの脅威を除去できるか否かである。米朝間の取引で、日韓両国が置き去りにされてはならない。2018-04-17 16:09:13 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    財務省の福田次官、セクハラ疑惑を否定。私の疑問、①職場ではなく、部下の職員でもない女性との私的な食事の場をどう考えるのか、②アメリカの女優のように、「被害者」の女性記者が名乗り出て告発するのが一番なのだが。2018-04-16 17:32:42 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    わずか1年で、またシリアに化学兵器を使わせた(事実であることの証拠は公表されていないが)のは、アメリカの管首尾一貫しない政策だ。シリアからの米軍撤退の示唆は、アサド政権に誤ったシグナルを送る。トランプは、シリアをどうしたいのか。民主化は求めないのか。問題は北朝鮮に対しても同様だ。2018-04-14 19:17:36 by 舛添要一
  • loveyassy
    RT @showaspotmegri: 昭和38年 パン アメリカン 広告 https://t.co/yf15OvxN0o2018-04-11 16:49:55 by 田中康夫
  • MasuzoeYoichi
    シリア内戦で、化学兵器によって多数の死傷者という報道。アサド政権が使ったとして、アメリカは軍事行動を示唆。2011年に内戦に突入したシリアでは、400万人が難民に。ロシアがアサド政権を支援。一貫性のないトランプ政権の政策では、シリアの安定と平和の実現は難しいのではないか。2018-04-10 19:26:36 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカは、対中制裁関税1300品目(5.3兆円相当の輸入額)を公表した。中国も同程度の報復関税。知的財産権を侵害する中国にアメリカは怒っており、中国が不公正な手段でハイテク競争に参加するのを阻止する覚悟だ。日本の頭越しに、米中間で覇権競争が始まっている。2018-04-05 13:36:13 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    オスプレイの横田配備が前倒しで決まった。アジア情勢の変化への対応というが、アメリカが北朝鮮と本気で宥和するのなら、これは中国シフトか。都知事のときに横田基地の軍民共用化などを模索してきたが、それが可能になるような国際情勢ではない。安全保障のためには仕方がないが、辛いものである。2018-04-03 21:54:22 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    外交は国の専管事項であるが、都市や民間がそれを補強、補完することは国益にかなう。国の愚かな指導者には都市や民間が対抗する。トランプはパリ条約から離脱したが、アメリカの多くの都市が対抗して地球温暖化対策を進めている。安倍政権はかつて対中韓外交で、今は対北朝鮮外交で行き詰まっている。2018-03-30 23:19:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「民主主義は生き残れるか」、これが今の私の問題関心であるが、日本では同じ問題意識を持つ人は少ない。しかし、トランプ大統領のおかげか、アメリカでこのテーマを考える学者は多い。写真は最近アメリカから届いた民主主義に関する本だ。 https://t.co/G5btKC9jia2018-03-29 21:28:43 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ政権を見ていると、アメリカ流の大統領制の危うさを感じるが、安倍政権に率いられる日本、そして国会の議論を観察していると議院内閣制の問題点も浮かび上がってくる。どちらの制度も、機能するか否かは主権者である国民次第である。2018-03-29 19:02:07 by 舛添要一
  • loveyassy
    RT @free_justice_bl: アメリカでもHPVワクチン被害を描いた“Sacrificial Virgins”が クイーンズ・ワールド映画祭を受賞し、騒ぎが大きくなってきたことを見て、焦ってきているのでしょうね。 しかし、もう国民の目は騙されません2018-03-28 23:42:01 by 田中康夫
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮要人の正体が不明のまま、特別列車は北京を去った。中国と陸続きである。ロシアにも列車で行くことができる。島国の日本とは、地理感覚が異なる。北の独裁者は撃墜されるのを恐れて飛行機に乗らないが、この陸路がある。金正恩は、アメリカを牽制するため中国・ロシアとの関係改善を狙っている。2018-03-27 18:16:12 by 舛添要一
  • loveyassy
    RT @kouko_ohno: @sohbunshu めざましテレビでは「この週末、銃規制のデモが世界各地、アメリカフランス日本で行われました」アサチャン「渋谷でも約100人が銃規制のプラカードでデモ(外国の人たち)」新宿のデモは報道しませんね。2018-03-26 22:03:43 by 田中康夫
  • MasuzoeYoichi
    スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、今日もTPPとの絡みでアメリカ外交にについて話します。政権の要人が次々と辞めていくトランプ政権、経済の司令官も交代です。米中貿易戦争の様相にもなっています。以下で無料配… https://t.co/zirl1joiKS2018-03-26 07:49:45 by 舛添要一
  • loveyassy
    RT @sohbunshu: テレビはこのデモ画像を伝えないね アメリカのデモを伝えるくせに https://t.co/uhfoghAgWw2018-03-25 21:20:32 by 田中康夫
  • MasuzoeYoichi
    トランプの保護主義政策は、世界経済にもアメリカ経済にもマイナスだ。それは過去の同様な政策がもたらした結果を検証すればよく分かる。そして、世界の企業は保護関税の罠にかからない方法を知っているし、これまでもその手で政治の魔手から逃れてきた。くそ真面目のお人好しは日本企業くらいだ。2018-03-25 09:39:29 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、今日はアメリカ不在のTPPについて話します。トランプのアメリカは、アメリカ第一主義の保護主義政策を実行していますが、これは世界経済にとって打撃です。以下で無料配信中です。https://t.co/bk1lgmqtwJ2018-03-25 09:29:36 by 舛添要一
  • loveyassy
    RT @yassy_office: Vol.251『愉しくなければデモじゃない。 韓国よりもアメリカよりも周回遅れなニッポンcha-cha-cha!』を追加しました!→田中康夫YouTube公式チャンネル「だから、言わんこっちゃない!」 https://t.co/CNAI4by2018-03-25 01:24:42 by 田中康夫
  • MasuzoeYoichi
    トランプが発動した今回の保護貿易政策によって、アメリカでも、恩恵を受ける企業の増収よりも損失を被る企業の減収のほうが遙かに大きくなる。国際分業が進む今の世界経済が縮小すれば、世界中で大きな損失が生まれる。悪政が経済を窒息させる。この暴君に一日も早くレッドカードを!2018-03-24 23:22:37 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米朝戦争になればどれくらいの死傷者が出るかは、軍人が一番よく知っている。アメリカの外交安全保障チームで、良識派は軍人のマチス国防長官のみになってしまった。米朝首脳会談が失敗すれば、アメリカが軍事攻撃を選択する可能性が高まる。また、イランとの核合意も風前の灯火だ。先行きは暗い。2018-03-24 22:08:11 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    独裁政に比して民主政の弱点は、決定が迅速でないこと、また選挙が大衆迎合的になることである。「民主政=選挙」だが、アメリカでは2年に1度は国政選挙、日本も衆参選、統一地方選と頻繁だ。ポピュリストが政権に就いて、民主政の墓堀人となる。民主主義は生き残れるか?ブログ「政治学講義」参照。2018-03-23 23:50:38 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ陣営の牙城、ペンシルベニア州の下院第18選挙区の補欠選挙で、僅差ながら共和党候補が民主党候補に敗れた。ショックのトランプは、中間選挙を念頭に米朝首脳会談、保護貿易政策など、何でもござれでで攻勢をかけてくる。しかし、それに洗脳されるほどアメリカ人は非常識ではないと信じたい。2018-03-23 23:35:25 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    1980年代の日米経済摩擦のとき、現地で仕事をしていて、日本車を壊すなどのアメリカ人の激しい反応に接した。結局、日本は圧力に屈したが、今回の米中貿易摩擦では、中国は日本ほど簡単には折れないであろう。中国は、自由な経済体制ではなく、国家主導の体制だからである。2018-03-23 23:28:20 by 舛添要一