アメリカの検索結果

「あべ力也(世田谷区議会議員)」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • aberikiya
    市民講座:さまよえる世界経済: 資本主義&グローバリゼーション。2008年前後から現在に至る世界経済のさらなる変動を、アメリカ、EU、日本を対象に、実行されてきた経済政策や支配的になった経済理論にも配慮しながら説明。https://t.co/jkohmDwwWg2019-05-22 20:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義。アメリカが20世紀の覇権国からおり内向きになったのを見計らい、かつての大国が新しい形の帝国主義を推し進めるhttps://t.co/UgDuJX1BPf2019-05-20 17:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    池上彰の世界の見方 アメリカ~ナンバーワンから退場か~「大統領選挙」から見るアメリカ── 誰も予測しなかったトランプ現象。投票日が「11月第一月曜日の翌日」の理由 https://t.co/oZfgw3SOW32019-05-20 12:17:55 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    「アメリカ最高」を信じて疑わない米国人家族が中国旅行の帰途、ついでに立ち寄った日本(ジャパン)。そこで待ち構えていたのは、彼らが思いもよらない驚きと感動の連続だった… https://t.co/TmP1VmMtGn2019-05-19 15:47:46 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    アメリカの有名大学といえば東はハーバード西はスタンフォードです。極めて優秀な学生たちが熱狂したテイラー先生の講義とはどんなものだったのか。この本で体験してみましょう。https://t.co/IoHsMPe9OJ2019-05-19 11:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    過去五〇年間に市民社会の性格はどのように変化したのか、またその要因は何か。本書では、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、スペイン、スウェーデン、オーストラリア、日本という八カ国を取り上げ、現代の脱工業化社会において社会関係資本が… https://t.co/5G3Ky8RsDX2019-05-17 12:17:55 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    世界全体で働く女性は10億人を超える●高等教育における女性の割合は、アメリカで57%、世界では四七%●世界の消費の64%は、女性が支配している●女性の消費は、現在の2000兆円から、数年後には2800兆円に拡大する https://t.co/GHMQHM5bxc2019-05-16 20:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    私はこうして受付からCEOになった受付からコツコツとキャリアを積み上げ、巨大企業のCEOへ―。アメリカでも、これほどの大企業で女性がCEOに就くことは珍しい https://t.co/0foNV1JPLJ2019-05-16 13:47:46 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    最新の経済学で金融危機を解き明かす!グローバル・インバランス、バブルとその崩壊、流動性、危機の歴史、金融規制、人々の非合理性、危機対策、アメリカの金融、欧州危機をテーマに、第一線で活躍する研究者がビジネスマン向けにわかりやすく解説。https://t.co/dJqzazMnEJ2019-05-13 18:17:54 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    「アメリカ社会」入門―ニューヨーカーたちは思いのほか丁寧で愛想もいい。でも、心しなくては。その親切な仮面の下では、何か巧妙な悪だくみが進行しているかもしれないから。「ニッポン社会」への入門を無事果たした英国人ジャーナリストの次なる… https://t.co/imBD8E310F2019-05-13 09:17:55 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    孫崎 享 超大国アメリカの隣に位置し、強い圧力をかけられながらも、自主外交を貫いてきたカナダ。本書では、在カナダ大使館公使を務めたこともある元外務省国際情報局長が、要人への膨大なインタビューをもとに、カナダ自主外交の真髄を徹底的に探るhttps://t.co/hRr1A3yWjZ2019-05-12 19:47:46 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    アメリカは日本経済の復活を知っている この救国の書は、東京大学での教え子、日本銀行総裁・白川方明に贈る糾弾の書でもある。20年もの間デフレに苦しむ日本の不況は、ほぼすべてが日銀の金融政策に由来するからだ。https://t.co/wUMqHZ5ISI2019-05-12 17:18:00 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    最新版「今のアメリカ」がわかる本: 揺れる超大国――再生か、荒廃か? 鋭のアメリカウォッチャーが徹底解説!揺れる超大国―再生か、荒廃か?―この国がわかれば“世界”がわかる。 https://t.co/6bm3bQhYvF2019-05-12 15:47:46 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    ジェームズ・C. コリンズ アメリカの主要企業のCEOから採ったアンケートによって選び出された18社の歴史に対する6年間の調査から生み出されたレポート。https://t.co/mgQiuoavmg2019-05-10 21:17:54 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    市民講座:さまよえる世界経済: 資本主義&グローバリゼーション。2008年前後から現在に至る世界経済のさらなる変動を、アメリカ、EU、日本を対象に、実行されてきた経済政策や支配的になった経済理論にも配慮しながら説明。https://t.co/jkohmDwwWg2019-05-07 23:18:00 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義。アメリカが20世紀の覇権国からおり内向きになったのを見計らい、かつての大国が新しい形の帝国主義を推し進めるhttps://t.co/UgDuJX1BPf2019-05-06 05:17:53 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    池上彰の世界の見方 アメリカ~ナンバーワンから退場か~「大統領選挙」から見るアメリカ── 誰も予測しなかったトランプ現象。投票日が「11月第一月曜日の翌日」の理由 https://t.co/oZfgw3SOW32019-05-05 23:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    「アメリカ最高」を信じて疑わない米国人家族が中国旅行の帰途、ついでに立ち寄った日本(ジャパン)。そこで待ち構えていたのは、彼らが思いもよらない驚きと感動の連続だった… https://t.co/TmP1VmMtGn2019-05-05 03:17:49 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    アメリカの有名大学といえば東はハーバード西はスタンフォードです。極めて優秀な学生たちが熱狂したテイラー先生の講義とはどんなものだったのか。この本で体験してみましょう。https://t.co/IoHsMPe9OJ2019-05-04 23:17:59 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    過去五〇年間に市民社会の性格はどのように変化したのか、またその要因は何か。本書では、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、スペイン、スウェーデン、オーストラリア、日本という八カ国を取り上げ、現代の脱工業化社会において社会関係資本が… https://t.co/qKzdXvFyHx2019-05-02 23:47:50 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    世界全体で働く女性は10億人を超える●高等教育における女性の割合は、アメリカで57%、世界では四七%●世界の消費の64%は、女性が支配している●女性の消費は、現在の2000兆円から、数年後には2800兆円に拡大する https://t.co/GHMQHLNAFE2019-05-02 08:18:09 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    私はこうして受付からCEOになった受付からコツコツとキャリアを積み上げ、巨大企業のCEOへ―。アメリカでも、これほどの大企業で女性がCEOに就くことは珍しい https://t.co/0foNV1JPLJ2019-05-02 01:17:51 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    最新の経済学で金融危機を解き明かす!グローバル・インバランス、バブルとその崩壊、流動性、危機の歴史、金融規制、人々の非合理性、危機対策、アメリカの金融、欧州危機をテーマに、第一線で活躍する研究者がビジネスマン向けにわかりやすく解説。https://t.co/dJqzazMnEJ2019-04-29 05:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    「アメリカ社会」入門―ニューヨーカーたちは思いのほか丁寧で愛想もいい。でも、心しなくては。その親切な仮面の下では、何か巧妙な悪だくみが進行しているかもしれないから。「ニッポン社会」への入門を無事果たした英国人ジャーナリストの次なる… https://t.co/4Vjq7Y5jCa2019-04-28 20:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    孫崎 享 超大国アメリカの隣に位置し、強い圧力をかけられながらも、自主外交を貫いてきたカナダ。本書では、在カナダ大使館公使を務めたこともある元外務省国際情報局長が、要人への膨大なインタビューをもとに、カナダ自主外交の真髄を徹底的に探るhttps://t.co/hRr1A3yWjZ2019-04-28 07:17:49 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    アメリカは日本経済の復活を知っている この救国の書は、東京大学での教え子、日本銀行総裁・白川方明に贈る糾弾の書でもある。20年もの間デフレに苦しむ日本の不況は、ほぼすべてが日銀の金融政策に由来するからだ。https://t.co/wUMqHZ5ISI2019-04-28 04:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    最新版「今のアメリカ」がわかる本: 揺れる超大国――再生か、荒廃か? 鋭のアメリカウォッチャーが徹底解説!揺れる超大国―再生か、荒廃か?―この国がわかれば“世界”がわかる。 https://t.co/6bm3bQhYvF2019-04-28 03:17:49 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    ジェームズ・C. コリンズ アメリカの主要企業のCEOから採ったアンケートによって選び出された18社の歴史に対する6年間の調査から生み出されたレポート。https://t.co/mgQiuoavmg2019-04-26 08:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    市民講座:さまよえる世界経済: 資本主義&グローバリゼーション。2008年前後から現在に至る世界経済のさらなる変動を、アメリカ、EU、日本を対象に、実行されてきた経済政策や支配的になった経済理論にも配慮しながら説明。https://t.co/jkohmDO8kQ2019-04-23 10:47:50 by あべ力也(世田谷区議会議員)
  • aberikiya
    知らないと恥をかく世界の大問題 (7) Gゼロ時代の新しい帝国主義。アメリカが20世紀の覇権国からおり内向きになったのを見計らい、かつての大国が新しい形の帝国主義を推し進めるhttps://t.co/UgDuJX1BPf2019-04-21 16:47:45 by あべ力也(世田谷区議会議員)