イギリスの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • inosenaoki
    RT @allreviewsjp: 【新着】「詳細なデータを示しながら英国王室とメディアの相剋をとらえる」 『イギリス王室とメディア エドワード大衆王とその時代』(文藝春秋) - 著者:水谷 三公 - 猪瀬 直樹@inosenaokiによる書評 ALL REVIEWS #書評…2018-09-12 16:42:35 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 視えない相手をどうとらえるか。二つの方向があるだろう。ひとつは眼の代わりになるテレビカメラ、もうひとつは電波。日本とドイツは撮像の方向に向かい、アメリカとイギリスはレーダーに向かった。【欲望のメディア】2018-09-08 20:43:24 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • MasuzoeYoichi
    トランプ政権は、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出中止を発表。この親イスラエル路線に、パレスチナ側は猛反発。パレスチナ問題は第一次大戦時のイギリスの二枚舌外交が起源。国連は人類を戦争の惨禍から守るための組織で、アメリカ第一主義のための組織ではないはずだ。2018-09-01 17:49:28 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    英国のフォックス国際貿易相は、TPPへの参加を目指す意向を明らかにした。EUから離脱したイギリスとっては、TPPは貿易拡大のためのFTA戦略の一環となる。TPP11カ国で世界のGDPの13%であるが、英国参加で17%になる。TPPから離脱して保護貿易に走る米国への牽制球となろう。2018-07-18 22:51:41 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    欧州に留学していた若い頃、フランスからイギリスに行くのが嫌だった。食事がまずいからである。ところがEUに加盟してから他のEU加盟国の美食が流入して、英でも美味しい料理が食べれるようになった。EUから離脱しても食は昔には戻らないよう… https://t.co/s8pHax7TRM2018-07-13 23:24:31 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    サッカーW杯、15日の決勝戦(フランスvsクロアチア)、マクロン大統領が観戦のため訪露。下降気味の支持率アップのため。イギリスは敗退したが、実はほっとしているのはメイ首相だろう。ロシアによる神経剤襲撃事件などで英露関係は悪化、英が優勝すれば行かざるをえなくなっていたからだ。2018-07-13 09:57:24 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ドイツは、第一次、第二次世界大戦と二度にわたってイギリスの覇権に挑戦するが、アングロサクソン連合に敗れてしまう。しかし、大英帝国に代わる次の覇権国はアメリカであった。国際政治学講義の第63回目をブログにアップした。https://t.co/Pxoah83mGr2018-07-10 15:13:17 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イギリス、メイ首相の対EU柔軟方針に反対して、デービス担当相に続き、ジョンソン外相も辞任。二人とも、強硬なEU離脱派だ。イギリスの政局にも目が離せなくなった。2018-07-10 06:56:18 by 舛添要一
  • inosenaoki
    RT @KensukeLariat: 【救出08】ヘリを飛ばせ。イギリスからのツイートを見た元気仙沼在住だった男が、東京都庁の猪瀬副知事にメンションを送る。その文章の的確さが、デマに紛れず、支援要請がない中での東京都からのヘリ出動という異例の判断につながる。#猪瀬直樹 #救出2018-07-07 23:20:46 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @KensukeLariat: 【救出07】使ったツールはTwitter。イギリスにいた内海園長の息子は、普段、異教徒(ユダヤ人)に対し商売をしていた。異教徒を説得するためには、ムダのない簡潔で論理的な言葉が必要。そこで鍛えた文章力が140字以内で伝えきる的確なツイートを…2018-07-07 23:20:32 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @KensukeLariat: 【救出06】家族への想い。それが早期のヘリコプターでの救出劇に繋がった。避難所にいたマザーズホーム内海園長からのメールが海を渡りイギリスにいる息子の元へ届く。寒さと他の避難者のサポートの忙しさから、打てるメールはごく短文「火の海 もうダメ…2018-07-07 23:20:29 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • hiramatsu_osaka
    AMネットさん⑥ ▼水道民営化が成功と言われた、パリ市とイギリスその後。パリ市は再公営化し、大幅なコストダウンと技術革新、水資源確保などに取り組み成功。イギリスは世論調査で7割越える人が再公営化を要求。会計検査院からも、PFIは高… https://t.co/SoR5IgAvAR2018-07-02 10:56:28 by 平松邦夫
  • hiramatsu_osaka
    AMネットさん④ ▼そもそも水道の耐震化が進んでないのは 適切な水道料金設定をせず、地味でコストのかかる耐震化を後回しにしてきたから。 イギリス会計検査院は「PFI(民営化の手法)の入札価格は40%割高でコスト削減効果もない」と報… https://t.co/cN53piXVLk2018-07-02 10:54:09 by 平松邦夫
  • hiramatsu_osaka
    AMネットさんからのシェア。大阪北部地震で大きな被害を受けた水道事情。① ▼水道の老朽管率がなぜこんな高いんだ! 民営化して水道経営を考えねば! …みたいになってますが。 水道民営化すればコストが余計に上がる。 イギリス会計監査院の報告からも、世界中の事例からも明らか。2018-07-02 10:51:49 by 平松邦夫
  • MasuzoeYoichi
    イギリスがEUからの離脱交渉を来年3月までに決着できなければ、EU、英国、双方の企業に大打撃となる。離脱以来、イギリスの国際的発言力も低下している。BREXITは誰の利益にもなっていない。軽率な国民投票結果のツケだ。トランプ政権誕… https://t.co/2zXw6lYz482018-06-30 16:35:31 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    サッカーW杯、次の相手はベルギー。フランス語圏とオランダ語圏で国が二分されているが、イギリス連合王国、スペイン、ベルギー、スイスなど、複数の国、州、民族、言語から成る国について、今日から解説する。国際政治学講義の第53回目をブログ… https://t.co/PrpF64MD4n2018-06-29 19:44:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    EUはイギリスの離脱、移民排斥を掲げるポピュリスト政党の台頭など、遠心力が増しているが、EUという地域統合の挑戦は高く評価してよい。国際政治学講義の第48回目をブログにアップした。https://t.co/AaTTI1m64L2018-06-24 22:25:24 by 舛添要一
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 視えない相手をどうとらえるか。二つの方向があるだろう。ひとつは眼の代わりになるテレビカメラ、もうひとつは電波。日本とドイツは撮像の方向に向かい、アメリカとイギリスはレーダーに向かった。(欲望のメディア)2018-06-17 21:22:14 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • abe_tomoko
    今朝も原発ゼロの会、早朝からイギリスで日本の原発輸出に反対している方々との意見交換会。数年前、台湾で脱原発の活動をしている皆さんとも交流、その後台湾では原発を終わらせる政権が出来た。福島事故を経験した日本が伝えねばならないこと、国の内外に多々ある。政府かやらないなら私達が担う。2018-05-31 06:37:47 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区)
  • MasuzoeYoichi
    米朝首脳会談中止関連のニュースで、26日に行われた日露首脳会談は注目を集めていない。平和条約締結というゴールを目指して両首脳が議論を重ねることは有意義である。ロシアは日本にとって1枚のカードである。日清戦争後、イギリスとロシアの2… https://t.co/kMstH5VBYk2018-05-27 21:12:12 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日のパレスチナ問題は、第一次大戦中にユダヤ人とアラブ人の双方に手形を切ったイギリスの二枚舌外交が原因である。イスラエル建国と国を奪われたパレスチナ難民。二つの正義の戦いだが、何とか妥協点を探ってきたところで、このトランプ外交。アメリカは中東で仲介者たりえなくなってしまった。2018-05-14 20:23:18 by 舛添要一
  • inosenaoki
    RT @BUNKUROI: 化学兵器調査へのロシアとアサド政権の悪質な妨害に抗議するイギリス政府。 日本政府とのあまりの格差に溜息。 よく「日本と欧州の立場の違い」「国益の違い」とかの指摘があり、仮にそれ認めたとしても、それ以前に、状況への理解能力レベルの格差が顕著すぎる ht…2018-04-27 02:49:06 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • MasuzoeYoichi
    イギリスのウイリアム王子とキャサリン妃に男の子が誕生。おめでとうございます。王子には東京にも来て頂いたし、イギリスでも再会した。気さくな王子も、三児のパパに。これからも、日英関係の進展のためにご尽力願いたい。王室・皇室外交は、政権がどうであれ、大きな役割を果たす。2018-04-24 20:57:04 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    3年前に国際会議でイギリスのブレア元首相に会ったが、私には少しわだかまりがあった。2003年のイラク戦争は、サダム・フセインが大量破壊兵器を保持しているという彼の情報で始まったが、実はその情報が正確ではなかったことが後で判明したか… https://t.co/A3mTmBplSH2018-04-15 22:20:58 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    欧州で反ユダヤ主義が拡大。従来のネオナチに加えて、パレスチナ問題で、イスラエルに反発するイスラム勢力が反ユダヤ主義に走る。フランスでのユダヤ人老婆の殺害、イギリス労働党内での反ユダヤ主義的言動、嘆かわしい。人種差別のない世界を構築する努力を続けたい。2018-04-03 18:45:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    小選挙区・二大政党制の元祖、イギリスでも多党化が進んでいる。日本では、昨年の総選挙で、自民党は選挙区で得票率48%で議席75%、棄権者も含む有権者の、選挙区では25%、比例区では17%のみしか自民党に投票していないが、議席は6割を獲得。現行制度を見直すときが来ているのではないか。2018-04-03 11:42:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    一定の年齢に達すれば、誰でも選挙に立候補できる。憲法や歴史に対して、全く無知であっても可能である。政治家に道徳的には厳しい条件を求めても基礎的な学問的素養は求められない今日と、19世紀のイギリスを比較する。政治学講義の第20回目を… https://t.co/2ywcakFfnY2018-03-15 22:27:51 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    速報:メイ英首相は、ロシア人元スパイ毒殺未遂事件について、ロシア外交官23名を国外追放にする制裁措置を発動。英露関係は緊張。イギリスは007の世界が現実の国際諜報合戦の舞台。日本にはそもそも情報がないのか、諜報については無知無関心… https://t.co/4djzACmnLK2018-03-14 23:27:36 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    明日4日は、ヨーロッパにとって重大な決定の日となる。ドイツでは大連立への賛否を問うSPDの党員投票が発表される。否決されれば、再選挙。イタリアでは総選挙。安定政権ができるかどうか。イギリス離脱後のEU、さらなる混乱は避けてほしい。2018-03-03 18:36:25 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    直接民主主義や単一争点政治は、「平和な支配」としての政治の機能を殺ぐ危険性がある。国民投票でイギリスはEUから離脱した。大衆民主主義の陥穽である。日本も憲法改正の国民投票を控えている。政治学講義の第13回目をブログにアップした。https://t.co/Ijm1RtVWdv2018-02-27 19:27:06 by 舛添要一