イランの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    イランとの核合意の当事国、英独仏中露とイランが28日ウイーンで次官級会議。離脱したアメリカ抜きで核合意を継続するもよう。トランプのご都合主義には世界が連帯して対抗する必要がある。安倍首相がイランを訪問しても核合意当事国ではない日本… https://t.co/bfvEMojDAs2019-07-29 00:17:48 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ポンペイオ米国務長官は、有志連合に日本も参加するように要請。どの法律に基づいて、どういう形で参加するのか至急検討する必要がある。しかし、イランとの関係悪化も避けねばならない。参院選後の最大の外交課題となりそうだ。2019-07-26 19:28:48 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    韓国軍は、今朝北朝鮮が発射したのは、新型の短距離弾道ミサイルだと分析。先日は、新型潜水艦を公表。北朝鮮が非核化に本気でないことが分かる。核がなければアメリカは見向きもしないからだ。その北朝鮮には甘く、核合意を遵守してきたイランには厳しい。このような二重基準が米外交の信用を失墜。2019-07-25 22:09:38 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    緊迫するホルムズ海峡への対応として、イギリスはアメリカの提案する有志連合には参加せず、フランスやドイツなど欧州諸国と海上保護派遣団を形成する方針を示した。賢明だ。英独仏はイランとの核合意から離脱しておらず、米国とは違うからだ。核合意の当事国でもない日本はトランプに追随するのか?2019-07-23 20:50:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    IAEA(国際原子力機関)の天野事務局長が病気で死去。10年間、被爆国日本の外交官として采配をふるってきた。イランや北朝鮮の核査察についても、公正さで世界の評価を得ていた。両国の核開発問題が世界の重要課題になっているときだけに残念… https://t.co/4QXVFts8vv2019-07-22 17:05:54 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ボルトン米大統領補佐官が日本と韓国を訪れる。日韓関係の仲介は不可能に近いし、アメリカも口を挟みたくない。主要議題はイラン包囲網の有志連合に日本がどのように参加するかを議論することである。しかし、まずは有志連合への参加そのものが外交的に賢明なのかどうかを議論すべきである。2019-07-21 20:30:19 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イランに拿捕されたイギリスのタンカー。7月4日に英ジブラルタル当局にイランのタンカーが拿捕されたことへの対抗措置。各国が自国のタンカーは自分で守れというトランプ大統領の要請が現実味を帯びてきている。原油輸入の8割を依存するホルムズ… https://t.co/TEpseQxpNy2019-07-20 19:38:00 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米軍は、16年ぶりにサウジアラビアに駐留することを決定。スンニ派のサウジとシーア派のイランの対立が先鋭になってきている。その他にも、イスラエルvsパレスチナ、英米vsイランなど、様々な対立軸が交錯するのが中東だ。長い支配経験のある… https://t.co/MQ29I1lgSb2019-07-20 15:31:55 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イランがイギリスのタンカーを拿捕したという速報。否定する報道もあるが、イランvs英米の対立が深まっている。2019-07-20 09:06:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    この映像の米海軍の強襲揚陸艦ボクサー(USS Boxer, LHD-4)が、イランの無人機を撃墜した。また、この動画で、イラン革命防衛隊がパナマ船籍のタンカーを拿捕する様子もわかる。トランプ大統領は制裁追加を表明。一触即発の危機で… https://t.co/fqNqJxkgff2019-07-19 23:47:04 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領のアメリカ第一主義は、ますます強化されている。米中貿易摩擦、イラン封じ込めなどで、オバマ前政権の成果をことごとく破壊する方針である。その結果、世界経済は縮小し、世界平和は脅かされている。日本はどう対応するのか。ブログ… https://t.co/Zs1wsyHKzJ2019-07-19 22:33:27 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イラン革命防衛隊が拿捕したタンカーは、行方不明だったパナマ船籍の小型タンカーと同じであることが判明。ホルムズ海峡では、一触即発の危機が続く。2019-07-19 20:11:03 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イランがウラン濃縮を再開したことに対して、アメリカは、これに関与した企業などを制裁の対象に加えた。紛争は拡大するばかりで、解決のめどが立たない。核合意当事国の英独仏の仲介に期待するしかない。日本は核合意加盟国でもないし、中東に軍事力を展開できるわけでもないからだ。2019-07-19 12:21:39 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカは、ホルムズ海峡で米艦艇に接近してきたドローンを撃墜。イランによるタンカー拿捕に続き、緊張が増している。アメリカ主導の有志連合に日本がどのように関与するのか、難しい課題だ。2019-07-19 07:45:15 by 舛添要一
  • inosenaoki
    アメリカの無人機が撃墜され、逆にイランの無人機を撃墜する。 いまのところは剣道でいえば、試合開始の合図のあと剣先を当てながら相手の出方を探る段階だね。プロレスならタッグを組んでいるイスラエルがリングに... #NewsPicks https://t.co/zbbHPJSwug2019-07-19 06:02:56 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    アメリカの無人機が撃墜され、逆にイランの無人機を撃墜する。 いまのところは剣道でいえば、試合開始の合図のあと剣先を当てながら相手の出方を探る段階だね。プロレスならタッグを組んでいるイスラエルがリ... #NewsPicks https://t.co/zbbHPJSwug2019-07-19 05:59:30 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • MasuzoeYoichi
    イランの革命防衛隊は、外国タンカー1隻を拿捕し、船員12名を逮捕したと発表。イラン産燃料100万リットルを積載、密輸の容疑。パナマ船籍のタンカーが行方不明になっていたが、これと同一船かどうかは不明。ホルムズ海峡の緊張が高まっている。保険料高騰などで、ガソリンも高くなる。2019-07-18 22:32:48 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イランのロウハニ大統領は、米国が経済制裁を中止すれば協議に応じると表明。前大統領オバマの業績だからという理由だけで核合意から離脱したトランプ、それが世界に問題を起こしている。この「無能な」大統領をどこかで止めなければ、第三次大戦すら起こりかねない。米国民の投票に期待するしかない。2019-07-15 00:35:49 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ロシアは、歯舞、色丹の二島返還についての協議入りも拒否したと共同通信が伝えた。トランプとプーチンは対立しており、ロシアとしては北方領土に米軍基地が置かれることへの懸念がある。また、ロシア国民の返還反対論も根強い。拉致問題、イラン問題も進展せず、「外交の安倍」を標榜できない状況だ。2019-07-14 23:31:21 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領を「無能」と表し辞任したダロック英大使の流出公電第二弾:「イラン核合意からの離脱はオバマ前大統領が手がけたから」だそうだ。7月8日の私のブログで紹介したが、「小池都知事は舛添さんの政策を否定するだけが目的なので仕事が進まない」という森田千葉県知事の言葉を思い出した。2019-07-14 18:28:46 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イギリス(ジブラルタル)当局は、シリアへ原油を運んでいたイランのタンカーを拿捕し、乗組員を逮捕していたが、乗組員は保釈された。タンカーは拿捕されたままである。軍事的緊張が高まらないことを祈る。 https://t.co/GxSbTdqyGq2019-07-13 10:45:55 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イギリスは、4日に、ジブラルタルでイランのタンカーを拿捕し、11日には船長を逮捕。イランはタンカーを解放するようにイギリスに要求。両国の報復合戦になっている。どちらが本当のことを語っているのか、フェイクニュースはどちらか。すべてを疑ってかからないと、中東情勢の分析に失敗する。2019-07-13 00:24:14 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    10日、ホルムズ海峡でイギリスのタンカーがイランの革命防衛隊の5隻の船舶に拿捕されそうになったが、現場海域にいた英軍艦が阻止したという。イランvs英米の対立が深まっており、一触即発の危険な状況になっている。フランス政府がイランと協… https://t.co/vFhPAc9xc02019-07-11 19:37:14 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    IAEA(国際原子力機関)は、8日、イランのウランの濃縮度が核合意で制限された基準の3.67%を上回ったという査察結果を発表。核合意のメンバーである英独仏が、制裁解除につきアメリカとの仲介に乗り出すように求めるイランの瀬戸際外交だ… https://t.co/sFGa22uAnv2019-07-09 14:20:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    核合意に違反しウラン濃縮度を上げているイランに対して、「気をつけろ」とトランプ大統領が警告。ポンペイオ国務長官も、追加制裁など圧力強化を示唆した。イラン情勢、一触即発の危機は続く。欧州諸国も動いているが、効果的な仲介の手の打ちよう… https://t.co/LAkdom8FYA2019-07-08 14:50:43 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イランは核合意で3.67%以下と制限されたウラン濃縮度を引き上げると発表。1日の低濃縮ウランの貯蔵量超過に続く2度目の核合意違反。これは、イランの制裁緩和を求める瀬戸際外交だが、トランプの強硬姿勢は変わらない。金正恩とは板門店で握… https://t.co/nPb5U7Bn0a2019-07-07 16:57:52 by 舛添要一
  • hatoyamayukio
    イランも核合意を破る素振りを見せている。とても危険な状況だ。私がかつてイランに参り、イランに辛抱を求めた。その後イランは辛抱して欧米と交渉して核合意ができた。その核合意をトランプは一方的に破った。安倍首相のイラン訪問は何だったのか。トランプ大統領に核合意に戻れと求めるべきだった。2019-07-07 12:56:53 by 鳩山由紀夫
  • MasuzoeYoichi
    イラン核合意問題について、フランスとイランが話し合うという。アメリカが頑な以上、ヨーロッパ諸国の外交力に期待するしかない。日本は、核合意の当事者ではないからだ。中東で軍事力を展開できるわけでもない。 https://t.co/IBkiAwBKgv2019-07-07 10:47:30 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    シリアに原油を輸送しようとしたイランのタンカーが、英領ジブラルタル当局に拿捕された。アメリカがイギリスに要請して行われたもの。イランはこれに反発。アメリカとイランの対立は深まるばかりで、中東は戦争前夜の雰囲気である。 https://t.co/HxNt7iMpOC2019-07-05 10:11:07 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イランがウランの濃縮レベルを7日から引き上げると表明したことに対して、トランプ大統領はツイッターで「脅しは慎重にしろ。かつてない痛みのしっぺ返しが待っている」と報復措置を示唆。カタールにある米空軍基地にF22ステルス戦闘機を配備。… https://t.co/MNM6KoSMEP2019-07-04 09:10:25 by 舛添要一