シンガポールの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    韓国の文在寅大統領は、シンガポールに招かれず。アメリカの小間使いとしての役割を終えたら御用済み。米朝首脳会談の手柄を独り占めしたいトランプ大統領が彼を呼ぶはずがない。朝鮮戦争の休戦協定も署名したのは米中北朝鮮のみで韓国は入っていない。国際政治は理想主義のみで動いているのではない。2018-06-10 23:22:25 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領もシンガポールに到着。金正恩に非核化を約束させることができるかどうかだが、「段階的非核化」で妥協し、具体的な行程表は事務方に任せるのではないか。両首脳とも「会談成功」をうたうことのできる玉虫色の取り纏めになると予想する。2018-06-10 21:54:19 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    金正恩が使ったのは、北朝鮮の専用機ではなく、中国のチャーター機だった。やはり旧型機ではシンガポールまで無事に着ける保証がなかったからであろう。核・ミサイル開発の代償だ。2018-06-10 17:39:31 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    金正恩が先ほどシンガポールに到着。古い専用機の故障もなく無事にチャンギ空港に着いた。一方で核兵器を開発しながら、新型旅客機も購入できず、ホテル代も払えないとは洒落にもならない。2018-06-10 16:48:08 by 舛添要一
  • abe_tomoko
    国はこのビジネスモデルを何故か明らかにしない。参入する民間資本は海外大手のカジノ産業が噂され、そのゲーム区域の広さもシンガポールを上回る見通し、国際観光施設を謳いながら利用客は日本人が七割以上の想定、誰の財布が狙われているのか明らか。日本人の貯蓄はどんどん海外に吸い上げられる。2018-06-08 06:46:07 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区)
  • MasuzoeYoichi
    6月12日の米朝首脳会談、今のところ金正恩のほうがトランプよりも優位な立場にあるような気がする。アメリカは、過去の過ちを繰り返しそうだ。開催することに意義あり、これがシンガポール会議のテーマだ。二国間ではなく多国、つまり6カ国協議の枠組みのほうがよい。2018-06-05 21:25:04 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    金正恩は、米朝首脳会談が開催されるシンガポールのホテル代が払えないという。核開発などしなければ、それくらいの費用は捻出できたはずだ。シンガポール政府やICANが費用をもつそうだが、非核化の利点を教えるための費用と考えれば安いものか… https://t.co/ssDoVxf3CX2018-06-04 07:51:10 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領、米朝首脳会談、6月12日にシンガポールで開催とツイート。昂揚感に溢れているトランプが冷静さを失わないように、北朝鮮に騙されてきた過去の歴史を再認識させるべきだ。 https://t.co/XU1esD0LRI2018-05-11 00:18:16 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米朝首脳会談、6月12日にシンガポールで開催。これから1カ月、事前の準備交渉が行われるが、米朝間でどのような妥協が可能か、緊張の日々が続く。日本としては、あらゆるルートで情報を収集し、判断ミスのないようすべきだ。米中露韓、そして欧州とも緊密な連携が必要である。2018-05-11 00:09:38 by 舛添要一
  • hatoyamayukio
    日本の大学の国際的な評価の低下が甚だしい。せめてアジアの中では健闘していると思いたいが、ベストテン10に8位の東大一校のみ。あとは、香港3校、中国2校、シンガポール2校、韓国2校である。語学のハンディだけではない、学ぶ意欲に大きな差を認めざるを得ない。日本人がアジアで学ぶ時代に。2018-04-08 11:01:31 by 鳩山由紀夫
  • MasuzoeYoichi
    小池都知事はシンガポールに出張。東京国際金融センター構想用の視察。この構想は私が知事の時に始めたが、その詳細はブログの「都政こぼれ話(7~13)」にアップ。推進会議は開かれているが、国際金融に素人の知事の下で上手く進んでいないとの… https://t.co/wlXpVbgvhU2017-11-15 22:08:46 by 舛添要一
  • inosenaoki
    もともと日米戦争は太平洋を巡る覇権に端を発していた。七つの海を支配していた大英帝国がシンガポールに英国艦隊、旅順港にロシア極東艦隊がおり、日露戦争後はアメリカと日本が太平洋の支配者として対立した。... https://t.co/tm2k2Kazds #NewsPicks2017-11-12 03:48:50 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • MasuzoeYoichi
    アダム・スミスやハイエクやフリードマンの話をしたが、政治指導者に経済や金融の基本的知識が欠如しているようでは、東京はニューヨークやロンドンのみならず、シンガポールにも先を越されたままとなる。政治家が勉強や読書をやめた国は滅びる。2017-09-25 22:42:00 by 舛添要一