タンカーの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    イギリス(ジブラルタル)当局は、シリアへ原油を運んでいたイランのタンカーを拿捕し、乗組員を逮捕していたが、乗組員は保釈された。タンカーは拿捕されたままである。軍事的緊張が高まらないことを祈る。 https://t.co/GxSbTdqyGq2019-07-13 10:45:55 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    イギリスは、4日に、ジブラルタルでイランのタンカーを拿捕し、11日には船長を逮捕。イランはタンカーを解放するようにイギリスに要求。両国の報復合戦になっている。どちらが本当のことを語っているのか、フェイクニュースはどちらか。すべてを疑ってかからないと、中東情勢の分析に失敗する。2019-07-13 00:24:14 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    10日、ホルムズ海峡でイギリスのタンカーがイランの革命防衛隊の5隻の船舶に拿捕されそうになったが、現場海域にいた英軍艦が阻止したという。イランvs英米の対立が深まっており、一触即発の危険な状況になっている。フランス政府がイランと協… https://t.co/vFhPAc9xc02019-07-11 19:37:14 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカはホルムズ海峡の航行の自由を守るため、有志連合の結成を検討。トランプは、自国のタンカーは自国で守れと明言したが、憲法9条を改正してトランプの要請に応えることができるようにすることだ。トランプの日米安保廃棄論とも関連する。J… https://t.co/WJiA0mvjiW2019-07-11 12:14:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    シリアに原油を輸送しようとしたイランのタンカーが、英領ジブラルタル当局に拿捕された。アメリカがイギリスに要請して行われたもの。イランはこれに反発。アメリカとイランの対立は深まるばかりで、中東は戦争前夜の雰囲気である。 https://t.co/HxNt7iMpOC2019-07-05 10:11:07 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    タンカー攻撃、イスラエルのネタニヤフ首相もイランの関与との認識。英米サウジ・イスラエルvsイラン中露の図式が浮き上がっている。日本は、国連、独仏と共に、慎重に見極めたほうがよい。複雑怪奇な中東で、日本に仲介外交など無理なので、経済… https://t.co/MwXLOnnm5X2019-06-17 18:49:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    タンカー攻撃について、アメリカ、イギリス、サウジアラビアはイランの関与を主張しているが、国連や日独仏をはじめ国際社会は慎重な姿勢だ。それは、英米が、イラクが大量破壊兵器を保持しているとして、2003年3月にイラク戦争を始めたが、そ… https://t.co/4LRiHhhQFi2019-06-17 12:38:59 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    タンカー攻撃について、アメリカはイランの関与を主張し、イギリスとサウジアラビアは同調しているが、国連や日独仏をはじめ国際社会は慎重な姿勢だ。それは、英米が大量破壊兵器を保持しているとして、2003年3月にイラク戦争を始めたが、その… https://t.co/bUNFgBldQD2019-06-17 12:26:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    攻撃された日本のタンカー、KOKUKA COURAGEOUSは全長170mで、2万5千トンのメタノールを運搬中だった。船は、積載量やコストで車や飛行機よりも遙かに優れている。そのおかげで日本経済は発展した。海洋国家の日本は、 ホル… https://t.co/ObhuKA59vu2019-06-17 00:57:51 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    オマーン湾でのタンカー攻撃、英米サウジアラビアはイランが犯人だと非難、これに対してイランは反論。国連、日独仏は調査が必要と慎重。中露はイラン寄り姿勢。事態がこじれれば、ホルムズ海峡に原油輸入の8割を依存する日本の存亡にかかわる。 https://t.co/dwP97B4Lqt2019-06-16 16:13:11 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ホルムズ海峡でタンカーが攻撃されるなど、中東の不安が高まっている。トランプ政権の親イスラエル・反イラン路線が大きな影響を与えている。安倍首相の仲介努力にも、トランプ政権は冷淡である。ブログに記した。https://t.co/NRu89jI0Ow2019-06-15 23:20:26 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日本のタンカーから不発の機雷を取り除くイラン側チームだとしてアメリカが公開した動画。しかし、これだけでは、真偽は不明。そもそも、安倍・ハメネイ会談の最中に攻撃することに意義を見いだすのは、どの勢力なのか。ミステリーは続く。 https://t.co/tK9fmcddsc2019-06-14 23:33:13 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ホルムズ海峡でのタンカー攻撃、誰が犯人なのか。日本側タンカーは飛翔体によると言っているのにアメリカはイランの魚雷だという。かつてのサダム・フセインのイラクに大量殺戮兵器はなかった。命がけで現地に行き、自衛隊派遣の準備をしたことが阿… https://t.co/q9pmzlwpWO2019-06-14 23:13:28 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    オマーン湾でのタンカー被弾、アメリカとサウジアラビアは背後にイランがいると主張し、イランはそれを否定してる。様々な勢力が動いている中東で、米・サウジvsイランの図式が強まっている。安倍首相の次の課題は米・サウジとの対話である。米中摩擦や中東不安の責任の一半はトランプ政権にある。2019-06-14 12:00:19 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    オマーン湾でのタンカー攻撃、アメリカの第5艦隊の駆逐艦が救助のため、現場海域に急行。 https://t.co/dKlLSXrKqL2019-06-14 00:19:55 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    二隻のタンカーが被弾した場所。ホルムズ海峡が閉鎖されれば、オイルタンカーの航行は不可能になり、世界の原油供給に影響する。今回の事件で、原油価格が急騰。私たちの生活を直撃する。 https://t.co/M0MnjX9rtN2019-06-13 23:06:34 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    オマーン湾で被弾した二隻のタンカー。写真の「フロント・アルタイル」は船体中央部で爆発、火災。日本の「コクカ・カレイジャス」の出火は消し止めたが、無人で漂流中。ホルムズ海峡、波高し。イラン訪問中の安倍首相に冷や水をかけたような状況だ。 https://t.co/ZKUTKLtxJj2019-06-13 23:02:03 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    オマーン湾で被弾した二席のタンカー。写真の「フロント・アルタイル」は船体中央部で爆発、火災。日本の「コクカ・カレイジャス」の出火は消し止めたが、無人で漂流中。ホルムズ海峡、波高し。イラン訪問中の安倍首相に冷や水をかけたような状況だ。 https://t.co/ZKUTKLtxJj2019-06-13 22:55:21 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日本の会社が運航するタンカーがホルムズ海峡で砲弾によって攻撃された。安倍首相のイラン訪問の時期に合わせた動きでないことを祈りたい。首相と会談したハメネイ師は、イラン側はアメリカと交渉する意思のないことを明言。アメリカは、イランへの制裁をさらに強化しており、仲介は容易ではない。2019-06-13 19:19:35 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    サウジアラビアの原油パイプラインが、無人機によって攻撃された。イエメンのシーア派反政府組織「フーシ」によると思われる。12日にはサウジのタンカーが妨害行為を受けている。シーア派の頭目はイランであり、サウジとイランの対立が激化。アメリカはサウジ寄りで、両者の調停役は果たせない。2019-05-15 00:56:31 by 舛添要一
  • abe_tomoko
    何だかとんでもない話。タンク貯留水の8割を再処理しなければならない場合、一体どうやってやるというのか。貯めるだけ貯めて、また汲み出して処理するなど現実には膨大な作業。トリチュム以外は取り除く、と称して貯めてきた処理水、海への放出など考えずにタンカーに、という有識者提言の方が妥当。2018-10-04 06:45:45 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)