トランプ大統領の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、昨年何度もNATOからの脱退をほのめかしたという。同盟国の欧州やカナダが応分の負担をすべきだというが、脱退はロシアを喜ばせるだけだ。トランプ暴走の制止役だったマティス国防長官も去り、心配だ。アメリカ第一主義を超え… https://t.co/o6Pzk48lJ52019-01-15 17:34:11 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカ政府機関の一部閉鎖、史上最長に。メキシコ国境の壁建設予算をめぐり与野党が対立し、解決の見通しが立たないからだ。トランプ大統領は国家非常事態宣言で議会承認を回避する道も模索している。移民が造った国なのに、移民問題で国が分断されている。移民導入に舵を切った日本にも他山の石。2019-01-12 19:00:28 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界銀行のキム総裁が、任期半ばで辞任する。オバマ政権下で総裁となった韓国系米人のキム氏は、対中政策などをめぐってトランプ大統領と意見が一致していない。これもまた、米中覇権争いの余波なのであろうが、第二次大戦後の世銀・IMF体制その… https://t.co/BG2JG8JW6c2019-01-08 23:25:29 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカ政府機関の一部閉鎖、議会の協議はまとまらず、31日に協議を再開するが、解決は年明けになりそうだ。つなぎ予算にメキシコ国境に壁を建設する予算を入れなければ署名しないと、トランプ大統領が妥協しないためだ。アメリカの分断は続く。シリア情勢を含めて、トランプ外交の危うさが目立つ。2018-12-28 13:30:58 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、イラクを電撃訪問。駐留米軍兵士にIS排除に対する謝意を伝え、イラクからの撤退はないと表明。シリアからの米軍撤退決定で大きな批判を浴びたため、それを挽回することを考えたようだ。2018-12-27 16:21:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    27日の株価終値は前日比750.56円高の2万0077.62円。昨日の急落に急反発。問題は来年の景気予測。トランプ大統領は後半の景気失速を懸念しているが、FRBはむしろ楽観。問題は経済指標のみならず、国際政治の動向もまた大きな重み… https://t.co/A4oy2F9LIW2018-12-27 15:27:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    開いたばかりのNY株式市場、今は2万2000ドル前後で推移、前日より200ドル以上値上がり。しかし、先行きの不安感は解消されていない。政府機関の一時閉鎖、トランプ政権の混乱などが原因だが、利上げをするFRBに対してトランプ大統領は… https://t.co/zeZI4IRsEB2018-12-26 23:45:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トルコのエルドアン大統領との電話協議で、「ゆっくりと(slow)」と「十分に調整した上で(highly coordinated)」米軍をシリアから撤退させることを議論したと、トランプ大統領はツイートしている。マティス国防長官の辞任… https://t.co/bWMFkbJ0xo2018-12-25 12:11:51 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    シリアからの米軍撤退決定への批判の高まりに、トランプ大統領は、一転して「撤退は急がずに慎重に行う」と表明。世界一の大国のトップがこれでは困るが、選挙で選ばれたのだから仕方がない。日本は、欧州などの責任ある国々と協力して、トランプ政権のミスによって世界が混乱するのを防ぐしかない。2018-12-24 19:35:27 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領、来年1月1日にマティス国防長官の辞任を前倒しすることを決定した。シャナハン副長官を長官代行に指名。マティス礼賛、トランプ批判のマスコミ論調に激怒し、マティスの同盟重視路線も批判。アメリカ第一主義の問題点には目を塞いでいる。トランプはヒトラーにますます似てきている。2018-12-24 07:11:11 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカ議会で予算案の調整がつかず、政府機関の一部閉鎖は27日以降になる見込み。来年の1月3日以降は、下院は民主党が過半数を制する「ねじれ議会」となるため、トランプ大統領としては、その前にメキシコ国境の壁を建設する予算を通したい思… https://t.co/epgyGh5INz2018-12-23 22:15:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、トルコのエルドアン大統領に電話で「まだシリアから撤退しないのか」と言われて、側近の忠告を無視し独断で撤退を即決したそうだ。米国はクルド人を支援してISと戦ったが、トルコはクルド人を敵対視している。米軍が撤退すれば大混乱になる。不動産取引感覚での外交は禁物である。2018-12-23 18:25:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    FRBが追加利上げをしたことが景気を悪化させると心配するトランプ大統領が、パウエル議長を解任する意向を示している。政治の介入で金融政策が歪められることは厳に慎まなければならない。しかし、この大統領には良識がないので、何をしでかすか分からない。他国の指導者がまともに見えてくる。2018-12-23 08:00:34 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカ議会は、つなぎ予算を可決せずに休会。メキシコ国境の壁建設費50億ドルが含まれていないとして、トランプ大統領が署名を拒否しており、与野党が対立。22日から政府機関の一部が閉鎖され、職員80万人に一時帰休などの影響。アメリカの… https://t.co/RrXZ7gQJiy2018-12-22 18:47:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領はシリアからの米軍の撤退を発表。中東でのアメリカのプレゼンスが希薄になり、ロシアの重みが増す。米国不在でも、これまでは英仏が自由陣営の代表として中東の安定に寄与していたが、今や英仏ともBREXITや反政府デモで揺れて… https://t.co/Rl3523TNPD2018-12-20 14:27:54 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    カナダ司法当局は、逮捕されたファーウェイの孟晩舟CFOの保釈を決めた。この件で中国政府も強硬姿勢を示し、トランプ大統領も貿易問題で中国が譲歩するなら司法に介入すると言明。これまで指摘してきたように、これは米中覇権争いであり、政治問… https://t.co/Rmjb0K5f3X2018-12-12 12:00:03 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、環境財源である燃料税引き上げに反対するフランスの反政府デモについて、「人々は環境保護に金を使いたくない」と言い、パリ協定から離脱したことを正当化した。全く論外な主張であり、「フランスにもトランプが必要」と言うに至っては失笑せざるをえない。彼こそ世界混乱の元凶だ。2018-12-09 22:18:15 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ケリー大統領首席補佐官が年末に辞任するとトランプ大統領が表明。ボルトンらとの対立も伝えられている。自分と意見が合わないと側近を切り捨てていくトランプ、ゴーンに似ているかもしれない。トランプはヒトラーに似ているが、ヒトラーは同志をほぼ全員最後まで重用した。この点はヒトラーと違う。2018-12-09 08:17:19 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    CIAは、カショギ記者殺害にサウジ皇太子が関与したことは疑いえないと有力議員に説明。トランプ大統領は、ムハンマド皇太子を擁護する姿勢を変えていないが、議会は反発を強めている。これも、ロシア疑惑と同様にトランプ政権には痛手となる。ア… https://t.co/2Piscmsloc2018-12-05 12:19:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    中国は自動車関税を40%から引き下げることを決めたとトランプ大統領はツイート。それが、米中首脳会談で貿易戦争の3ヶ月休戦となった理由の一つ。米国より中国での販売台数が多いGMの工場閉鎖は、トランプ政権の保護主義が米企業の首を絞めて… https://t.co/7u9zvwtH5q2018-12-03 19:00:54 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日露間で平和条約・北方領土交渉が本格化。ハードルの第一はアメリカで返還される歯舞・色丹に米軍基地を置かないことを確約してくれるか、安倍首相とトランプ大統領の駆け引きだ。第二は日露双方の国民世論である。日本は四島一括返還の変更、ロシアは戦争で奪った領土の返還で、説得は容易ではない。2018-12-03 09:40:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談を来年の1月か2月に再開すると表明したが、北朝鮮の非核化が進展するのか、今のところあまり楽観的な見通しは立てられない。しかも、韓国の文在寅政権の反日姿勢は、対北朝鮮政策での日米韓の結束を揺るが… https://t.co/bvyH9GLFRo2018-12-02 19:00:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ブッシュ(父)元米大統領が死去した。国際政治学が専門の私にとっては、米ソ冷戦の終結、湾岸戦争などがとくに記憶に残る。様々な批判もあったが、少なくとも今のトランプ大統領のような非常識なトップではなかった。古き良きアメリカの伝統が失わ… https://t.co/lITvAiB0v92018-12-02 00:02:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    第一次大戦終結100周年フォーラムに各国首脳が出席し、自国第一主義やナショナリズムの台頭に警告。トランプ大統領は出席しなかった。また、トランプ・プーチン会談が短時間行われたが、欧州を舞台にINF(中距離核戦力)などをめぐり米露の対… https://t.co/vz6o8AnNWN2018-11-12 10:17:13 by 舛添要一
  • loveyassy
    RT @NOSUKE0607: トランプ氏とCNN記者のこのバトルにニュース価値はあると思う。 同時に、日本の官邸で連日続いている東京新聞望月記者への、官房長官の不誠実な答弁にもニュースバリューがあるはすだが、それはやらない。 トランプ大統領 会見でCNN記者と口論 | NH…2018-11-09 23:52:53 by 田中康夫
  • loveyassy
    RT @Reuters_co_jp: 【動画】「私に愛情を示さなかった議員は落選した。残念だったな」(トランプ大統領)。 https://t.co/LlRHxLkQsS2018-11-09 02:49:52 by 田中康夫
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、セッションズ司法長官を解任した。ロシア疑惑捜査への不満からだろうが、閣僚や側近の頻繁な交代が続く。次は国防長官か?異常な政権だ。ヒトラーですら、昔からの仲間を政権の中枢に置き続けた(一部例外はあるが)。トランプの政治指導者としての欠陥が世界中を混乱に陥れている。2018-11-08 08:30:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカの中間選挙、下院は、民主党が多数派を奪還。これで、上下院がねじれ国家となるが、どれくらい議席差が出るかが問題。その議席数によっては、トランプ大統領の政権運営が難しくなる。2018-11-07 12:29:16 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    中間選挙の投票が始まった。中米から北上する移民に対して厳しい姿勢をとるトランプ大統領、移民問題は大きな争点だ。アメリカは移民の国であるが、アジア系移民についてはあまり知られていない。そこに焦点を当てたのが本書だ。皆アメリカを知って… https://t.co/RUYvgUn9km2018-11-06 21:53:25 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今晩、23:00〜23:30『リベラルタイム 』(BS11)に出演します。テーマは「米中間選挙を読む”トランプ大統領の賞味期限”」です。中間選挙直前のアメリカについて語ります。今のところ、上院は共和党、下院は民主党が多数を制しそう… https://t.co/SLzfO95inc2018-10-30 17:02:14 by 舛添要一