トランプの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    カナダ司法当局は、逮捕されたファーウェイの孟晩舟CFOの保釈を決めた。この件で中国政府も強硬姿勢を示し、トランプ大統領も貿易問題で中国が譲歩するなら司法に介入すると言明。これまで指摘してきたように、これは米中覇権争いであり、政治問… https://t.co/Rmjb0K5f3X2018-12-12 12:00:03 by 舛添要一
  • hatoyamayukio
    従都フォーラムで、リスク管理をどうすべきかと問われたので、トランプ大統領を念頭に、トップがリスク要因になっている。国際的な意思決定をトップダウンでなく、ボトムアップで行う方法を検討したらどうかと提案した。スマホの世界的な普及は意思決定のあり方そのものを変えることができると思う。2018-12-11 15:58:31 by 鳩山由紀夫
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、環境財源である燃料税引き上げに反対するフランスの反政府デモについて、「人々は環境保護に金を使いたくない」と言い、パリ協定から離脱したことを正当化した。全く論外な主張であり、「フランスにもトランプが必要」と言うに至っては失笑せざるをえない。彼こそ世界混乱の元凶だ。2018-12-09 22:18:15 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ティラーソン前国務長官が「大統領のやり方は法律違反」と指摘すると、トランプは苛立ったという。「本も報告書も読まず、物事の細部を見ない人と働くの大変だった」と述懐。これに怒って、トランプは、「ティラーソンはとてつもない馬鹿で、怠け者」とツイート。これが世界一の権力者だ。悲劇である。2018-12-09 10:02:51 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ケリー大統領首席補佐官が年末に辞任するとトランプ大統領が表明。ボルトンらとの対立も伝えられている。自分と意見が合わないと側近を切り捨てていくトランプ、ゴーンに似ているかもしれない。トランプはヒトラーに似ているが、ヒトラーは同志をほぼ全員最後まで重用した。この点はヒトラーと違う。2018-12-09 08:17:19 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    華為(ファーウェイ)の孟晩舟CFOが、トランプ政権の要請によって、カナダ当局に逮捕された。米国の制裁対象製品をイランに輸出した疑いだ。中国は猛反発。先端技術をめぐる米中の覇権争いである。ZTEを攻撃したときと同じ手法だ。私のスマホ… https://t.co/f6Eddk6Yy02018-12-06 23:54:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    CIAは、カショギ記者殺害にサウジ皇太子が関与したことは疑いえないと有力議員に説明。トランプ大統領は、ムハンマド皇太子を擁護する姿勢を変えていないが、議会は反発を強めている。これも、ロシア疑惑と同様にトランプ政権には痛手となる。ア… https://t.co/2Piscmsloc2018-12-05 12:19:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    中国は自動車関税を40%から引き下げることを決めたとトランプ大統領はツイート。それが、米中首脳会談で貿易戦争の3ヶ月休戦となった理由の一つ。米国より中国での販売台数が多いGMの工場閉鎖は、トランプ政権の保護主義が米企業の首を絞めて… https://t.co/7u9zvwtH5q2018-12-03 19:00:54 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日からポーランドでCOP24が開催。アメリカはパリ協定から離脱して、地球温暖化対策にブレーキをかけている。関東では12月なって、やっと黄(紅)葉という具合で、季節感がなくなりつつある。トランプのアメリカ第一主義が経済のみならず環… https://t.co/SvsuLU35wE2018-12-03 16:49:25 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日露間で平和条約・北方領土交渉が本格化。ハードルの第一はアメリカで返還される歯舞・色丹に米軍基地を置かないことを確約してくれるか、安倍首相とトランプ大統領の駆け引きだ。第二は日露双方の国民世論である。日本は四島一括返還の変更、ロシアは戦争で奪った領土の返還で、説得は容易ではない。2018-12-03 09:40:33 by 舛添要一
  • hatoyamayukio
    トランプ大統領は安倍首相に、F35など沢山の戦闘機を購入してくれてとても感謝していると述べたという。それはそうだろう。しかし、戦闘機を沢山買うより周辺諸国と仲良くする方が安上がりではないか。しかも、トランプは日本との貿易赤字をもっと減らせと要求することを忘れてはいないのだ。2018-12-02 23:36:08 by 鳩山由紀夫
  • MasuzoeYoichi
    G20首脳宣言から、これまでとは違って「保護主義と闘う」という言葉が削除された。また、WTO改革への言及もなされたが、これらはトランプ政権の主張に配慮したものである。11月のAPECのように首脳宣言をまとめられない状況を避けるため… https://t.co/uAhjZ6muQ92018-12-02 21:04:35 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談を来年の1月か2月に再開すると表明したが、北朝鮮の非核化が進展するのか、今のところあまり楽観的な見通しは立てられない。しかも、韓国の文在寅政権の反日姿勢は、対北朝鮮政策での日米韓の結束を揺るが… https://t.co/bvyH9GLFRo2018-12-02 19:00:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ブッシュ(父)元米大統領が死去した。国際政治学が専門の私にとっては、米ソ冷戦の終結、湾岸戦争などがとくに記憶に残る。様々な批判もあったが、少なくとも今のトランプ大統領のような非常識なトップではなかった。古き良きアメリカの伝統が失わ… https://t.co/lITvAiB0v92018-12-02 00:02:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    散歩に行くと、銀杏並木に目を奪われます。明日はもう師走、我が家では、まだピーマンやオクラなど夏野菜を収穫しています。まさに地球温暖化です。パリ協定から離脱したトランプ、しかし、アメリカでも温暖化と戦っている州や都市があります。連邦… https://t.co/bv1bZ6eCih2018-11-30 22:52:59 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカと韓国では、政府高官人事に議会のヒアリングが義務づけられている。それは、大統領が無能なお友達を任命するのを阻止するためだ。その点、日本も大きな顔はできないが、トランプも文在寅も、前政権の結んだ国際条約を弊履の如く捨てるポピュリストである。大統領制・政権交代の問題点だ。2018-11-21 23:46:06 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    10月の日本の貿易収支、4493億円の赤字。原油価格の高騰が主たる原因である。やはり、日本経済は原油価格に大きく左右される。イラン核合意からの離脱など、トランプ政権の中東政策が大きな不安定要因となっている。日本としては、ヨーロッパ… https://t.co/ItOwHgq7BO2018-11-19 17:12:56 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    APEC、米中対立で初めて首脳宣言がまとならないまま事態に。中国が、今のパックス・アメリカーナに代わって、パックス・シニカを確立しようとする動きが背景にある。米中対立、米露対立の中で、日米欧の連携が困難になりつつある。トランプ、B… https://t.co/HIPigFlUx72018-11-18 19:27:29 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    第二次大戦後、二度と戦争を起こさないために、独仏が協力してヨーロッパ共同体を作った。原子力、石炭鉄鋼共同体、通貨統合にまで至った。しかし、欧州軍だけは実現できなかった。それをマクロン大統領が今回提案し、メルケル首相も賛成。トランプは不快感を示すが、強い欧州は日本にとってもよい。2018-11-14 22:43:22 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    第一次大戦終結100周年フォーラムに各国首脳が出席し、自国第一主義やナショナリズムの台頭に警告。トランプ大統領は出席しなかった。また、トランプ・プーチン会談が短時間行われたが、欧州を舞台にINF(中距離核戦力)などをめぐり米露の対… https://t.co/vz6o8AnNWN2018-11-12 10:17:13 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    マクロン仏大統領が、中露のみならずアメリカからも欧州を守るため、米国抜きの独自の欧州軍を編成する考えを示した 。これは仏の伝統的思想であるが、NATO加盟国の負担増を狙うトランプはこれに激怒。そのためか、悪天候でヘリが飛ばないとい… https://t.co/EmfQn0oXtL2018-11-11 22:52:27 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    レーガン政権時代には、ホワイトハウスで大統領補佐官と議論したこともあるが、レーガンは「強いアメリカの復活」を謳い、軍拡によって米ソ冷戦を終わらせた。「偉大なアメリカの復活」がスローガンのトランプは、どのように世界を変えたいのか。中国を標的にしているが、冷戦終結のような大義がない。2018-11-11 15:12:29 by 舛添要一
  • hiramatsu_osaka
    RT @quitamarco: 日本じゃ報じられてないけど、この後で質問に当てられた他社の記者は、質問前に「ジム(アコスタ)を擁護したい。彼は立派なジャーナリストだ」と言ってからトランプへの質問をしたんだよ。そういう個人の連帯表明を日本の記者はなかなかしない。 https://…2018-11-11 07:27:38 by 平松邦夫
  • MasuzoeYoichi
    安田純平さん、外国特派員協会で会見。自己責任を強調する日本と、ジャーナリストの任務を高く評価する欧米。記者会見でのトランプとCNN記者との対立も、今の日本では考えられない。佐藤首相に反発して退席した新聞記者たち、これは昔話。権力監視には、三権分立に加え、メディアの独立性が重要だ。2018-11-09 21:29:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    安田純平さん、外国特派員協会で会見。自己責任を強調する日本と、ジャーナリストの任務を高く評価する欧米。記者会見でのトランプとCNN記者との対立も、今の日本では考えられない。佐藤首相に反発した退席した新聞記者たち、これは昔話。権力監視には、三権分立に加え、メディアの独立性が重要だ。2018-11-09 20:54:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカ中間選挙の結果分析と、その後のアメリカ政治、日米関係の展望について、産経デジタル「iRONNA」に寄稿しました。トランプは民主党に歩み寄る姿勢も見せていますが、アメリカ第一主義の基本政策については、大きな変化はないようです。https://t.co/duJKt6PQgg2018-11-09 14:35:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    2018年度前半の経常収支の黒字は10兆6473億円で、前年比で8.3%の減少。この最大の理由は原油高で、4割も上昇。イラン核合意からの離脱などのトランプの中東政策が大きな原因である。中東は中間選挙ではあまり争点にならなかったが、… https://t.co/iBVYJG5Tjp2018-11-09 09:07:39 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、セッションズ司法長官を解任した。ロシア疑惑捜査への不満からだろうが、閣僚や側近の頻繁な交代が続く。次は国防長官か?異常な政権だ。ヒトラーですら、昔からの仲間を政権の中枢に置き続けた(一部例外はあるが)。トランプの政治指導者としての欠陥が世界中を混乱に陥れている。2018-11-08 08:30:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「ねじれ議会」になったら、アメリカの対日要求が弱まるわけではない。むしろ逆だ。通商政策では、民主党のほうが共和党より保護主義的だし、トランプは、逆境を乗り切るために、対外的にはもっと強硬になる。上院は多数派なので弾劾されないし、最高裁・政府人事も承認される。無知な楽観は禁物だ。2018-11-07 23:48:24 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ヒトラーは首相就任後、600万人いた失業者を3年でゼロにした。トランプも、保護主義で失業者を減らし人気を博す。ヒトラーは大統領緊急令で国民を弾圧。トランプも「ねじれ議会」で大統領令を使うだろう。対外強硬策でも両者は酷似。下院敗北で… https://t.co/2lEBL92FnU2018-11-07 23:02:17 by 舛添要一