ドイツの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    イギリスのメイ首相のEU離脱案が、大差で下院で否決された。EUに対する感覚は、ヨーロッパ大陸とイギリスとでは大きく異なる。ドイツとフランスが二度と戦争をしないために造ったEU、その行方が気にかかる。EUの歴史を振り返ってによう。4… https://t.co/hGLgkZVxnW2019-01-16 14:54:24 by 舛添要一
  • hiramatsu_osaka
    RT @yujinfuse: ↓ 駐留外国軍隊であっても、その国で活動する限り、その国の法律が適用されるのが国際法の属地主義の原則である。ドイツやイタリアの協定には国内法適用原則が明記されているが、日米地位協定には明記されていない。もちろん、書いていないからといって嘘をついても…2019-01-14 11:19:46 by 平松邦夫
  • MasuzoeYoichi
    今年は、ヒトラー生誕130周年。彼は極右の代表のように言われるが、左翼ポピュリストでもある。National Socialism とは、民族主義と社会主義の混合で、党名が「ドイツ民族第一主義」・「左翼」というナチスの特色を表してい… https://t.co/WLFTcAUr4a2019-01-03 17:19:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    フランスでは7週連続で反政府デモ。参加者は1万2千人と前回の3分の1。貧富の格差のみならず、中央・地方の格差への不満が拡大している。日本の東京と同じくパリに一極集中する中央集権体制の問題が露呈。アメリカやドイツのような連邦制のメリ… https://t.co/YlSeUfnz4e2018-12-30 10:02:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    満州からの撤退勧告に反発して、1933年3月、日本は国際連盟から脱退した。この年10月にはナチスドイツも脱退し、国際連盟の平和維持機能が損なわれ、第二次大戦への道へつながった。捕鯨をめぐる日本のIWCからの脱退決定に、この歴史を思… https://t.co/tZexvPOePe2018-12-24 21:53:17 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    戦後安易に単純労働移民を入れて失敗したドイツは、人手不足対応に今度は高度専門人材に限り認めることにした。高度専門人材以外の単純労働者を排除しロボットを活用してきた日本は、今度は単純労働移民を入れることにした。一神教の国と多神教の日本は違うとはいえ、この逆方向で将来は大丈夫なのか。2018-12-20 22:56:45 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    マクロン大統領の反政府デモ対応によって、フランスの財政赤字がGDPの3.2%になった。EUは3%以内をルールとしており、ドイツと並ぶEUの大黒柱がこうでは、マクロンもEU改革の旗振りができなくなる。緊縮財政は不人気で、支持率回復の… https://t.co/Smc26y9qEZ2018-12-17 18:46:37 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    明日、イギリスでメイ首相の信任投票。メイ首相は続投の意思を表明。イギリスの混乱も極まっている。フランスも大変だし、ドイツもメルケル時代が終わろうとしている。ヨーロッパは大丈夫か?2018-12-12 18:12:49 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカの要請でカナダ政府が華為(ファーウェイ)の孟晩舟CFOを逮捕したが、世界の覇権をめぐる米中戦である。最新鋭の通信技術分野で、中国の追い上げはもの凄い。第一次大戦後の鉄鋼生産量を見ると、ドイツが伸びてイギリスを引き離していき… https://t.co/DsN32MI8Vg2018-12-08 18:03:54 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ドイツのCDU党首選で、「ミニ・メルケル」と呼ばれるクランプカレンバウアー幹事長が、反メルケルのメルツ候補、シュパーン保健相に勝利。 CDUも、右傾化する世論に対応して、移民政策の厳格化を進めざるをえないようだ。イギリスの離脱に加… https://t.co/jemJmPdrt12018-12-08 15:49:29 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「舛添要一のヒトラー入門(19)」をブログにアップした。第一次大戦後の時点で振り返ると、過去50年間に二度もドイツ軍の侵入を経験したフランスにとっては、将来起こりうるドイツからの攻撃に対して、自らの安全を確保することが最大の課題で… https://t.co/asY2VPszYT2018-12-05 23:30:05 by 舛添要一
  • inosenaoki
    RT @_kashimashigeru: 日本とドイツは50年前まではどちらも強い直系家族。社会は家族システムを反映しますから、よく似ているのです。問題は違いがどこから来るのかということです。日本とドイツの未来を知るために相互研究は不可欠ですね。 https://t.co/d52018-12-04 16:09:07 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @soshisha_SCI: まえがき公開。ドイツ在住36年の著者による国際医療介護比較です。お読みください! 『老後の誤算 日本とドイツ』(草思社) - 著者:川口マーン惠美 - 川口マーン惠美による前書き ALL REVIEWS #書評 https://t.co/SQ2018-12-04 16:08:51 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • MasuzoeYoichi
    今の独仏関係からは想像もつかないが、第一次世界大戦後のフランスを研究すると、フランス人がドイツに対して大きな恐怖心を持っていることが分かった。「舛添要一のヒトラー入門(18)」をブログにアップした。https://t.co/0zXsUGIUtG2018-12-03 23:20:36 by 舛添要一
  • hatoyamayukio
    私たちは必ずしも詳しくないが、ヨーロッパは大きく変化してきている。ドイツのメルケル首相が早晩党首も首相も辞める。イギリスのメイ首相のEU離脱は失敗して英国はEUに留まる。結果としてマクロンのフランスがEUで一人勝ちとなる。その一環… https://t.co/Z0h77g9hIV2018-11-26 15:55:18 by 鳩山由紀夫
  • MasuzoeYoichi
    「舛添要一のヒトラー入門(15」をブログにアップした。第一次大戦後にフランス国会では、対ドイツ戦の苦戦の原因を探る委員会が立ち上げられ、様々な観点から議論が行われた。https://t.co/1oZmvuFKvP2018-11-18 23:03:22 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    国力を総合的に見れば、1位アメリカ、2位中国、3位インド、4位日本、5位ドイツ、6位ロシアといったところか。今の国際情勢を、4位の日本と6位のロシアが接近し、アメリカ、中国、ヨーロッパなどを牽制していると見ると、分かりやすいのかも… https://t.co/6DQGWbhhIT2018-11-16 21:21:26 by 舛添要一
  • abe_tomoko
    外国人の新たな在留資格、名付けて特定技能1号は5年間に渡り家族の同伴を許されない。これ迄の技能実習生も実は5年間家族の同伴は認められないが、理由は研修だからとか。今回は就労、飽く迄も働く労働者、ドイツやフランスに季節労働者で六ヶ月間というのがあるが、日本では5年!。家族は崩壊する2018-11-02 16:57:22 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • MasuzoeYoichi
    崩壊した東独の政治家が統一ドイツの首相になる、メルケルである。北朝鮮の政治家が統一国の首相になることは想像しがたいし、そもそも統一は容易ではない。ドイツで可能だったのは、東独が東側陣営トップの豊かな国で、しかも東独に情報鎖国はできなかったからだ。文在寅の統一への夢は幻想である。2018-10-29 23:51:42 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ドイツのメルケル首相は、ヘッセン州議会選の大敗で、12月に行われるCDUの党首選への立候補を断念し、党首を退く意向だという。ヒトラーのホロコーストへの反省から寛容な移民政策をとり、国際協調を掲げた宰相が去って行く。混沌とする今日の… https://t.co/zJKaka69Zv2018-10-29 19:35:34 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ドイツ、ヘッセン州議会選挙:予想通り、与党大敗。CDUは27(-11)%で半世紀ぶりの低さ、SPDは19.8(-11)%と戦後最低。移民反対のAfDは13.1%、これで16州すべてで議席を獲得。移民に寛大なメルケル首相の求心力が落… https://t.co/u2IavDq9Yt2018-10-29 18:50:07 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    28日、ドイツのヘッセン州議会選挙。メルケル与党が大敗した14日のバイエルン州議会選と同じような結果になりそうで、CDU もSPDも低迷、緑の党と反移民のAfDが躍進との予測。フランクフルトのある州だ。EUの最後の砦、ドイツもまた… https://t.co/s3diPUd04S2018-10-29 00:14:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ノルドストリーム2:ロシアからパイプラインで天然ガスの供給を受けるのは危険だとトランプ大統領はドイツに警告するが、その議論は30年前と同じだ。一昨日もツイートしたように、相互依存は平和への基礎となる。当時のシュミット西独首相も今の… https://t.co/Ba6pL4Ar5b2018-10-24 10:27:12 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    1980年代のソ連の中距離核ミサイルSS-20配備に対してドイツの教会は「死よりも赤を」と無抵抗。フランスの教会は核抑止力賛成で、「左の頬をたたかれたら、右のパーシングを出しなさい」と説教。西側はパーシングと巡航ミサイルで対抗した… https://t.co/vMCWC7c67L2018-10-22 15:16:18 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    キャッシュレス化が進まない日本とドイツは、安全で倹約貯蓄の国である(あった?)。犯罪多発国は現金を持ち歩くのは危険なのでカード。海外出張の多かった若い頃は何枚もカードを持っていたが、今は不要なので減らしつつある。カードも会費など金がかかる。現金はコストゼロ。ポイント還元は愚策だ。2018-10-21 13:39:26 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ドイツのバイエルン州議会選挙で、与党のCSUが大敗したが、 CDU/CSUがSPDと大連立を組んでいることが背景にある。中道右派と中道左派の連立で、右翼反移民のAfDが伸び、また緑の党が躍進した。後者は、左翼の票の受け皿となって、… https://t.co/rqRIjqWm8x2018-10-16 11:39:49 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ドイツのバイエルン州の地方選挙で、与党のCSU(キリスト教社会同盟)は37.2%の得票で、過半数を維持できず、68年ぶりの歴史的敗北。極右で反移民のAfD(ドイツのための選択)が10.2%で初めて議席を持つ。ミュンヘンの保守性は、… https://t.co/IdG2MDjbZV2018-10-15 15:44:37 by 舛添要一
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 力道山が日本生まれでなかったように、ヒトラーはオーストリアの片田舎出身でドイツ人ではなかった。その点奇妙に似通っているが、僕はもう少し別の部分に注目する。二人に共通しているのは、きわめてテレビ的性格をもったヒーローだったというところだろう。【…2018-10-11 20:47:33 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • maruyamakun
    RT @toshikoise: 上海ではスピードとエネルギーが凄まじいので、エネルギッシュに動いてしまう。日本ではどの人も何を考えているのかわからないけれど、なぜか全体がのほほ〜んとしてるから、こちらもぼ〜としてしまう。ドイツはまた時間の流れがぜんぜん違う。人の心地良さがすべて…2018-10-07 13:46:26 by 丸山 和也
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 視えない相手をどうとらえるか。二つの方向があるだろう。ひとつは眼の代わりになるテレビカメラ、もうひとつは電波。日本とドイツは撮像の方向に向かい、アメリカとイギリスはレーダーに向かった。【欲望のメディア】2018-10-07 04:39:19 by 猪瀬直樹/inosenaoki