一国二制度の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    香港の反政府デモが沈静化する見通しはなく、デモ隊を襲った集団への警察の対応に問題があるとして、民主派はさらに硬化。中国政治は暴力を絶対に許せないと厳しい口調で会見。「一国二制度」というが、中国は「一国」を、香港の民主派は「二制度」を強調。天安門事件の再来を危惧する。2019-07-29 22:30:26 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    香港では反政府デモが続く。デモ隊を襲撃した集団を警察がきちんと取り締まらなかったとして、抗議。自由な言論など基本的人権が守られなくなると、若者に絶望感が広がっている。一国二制度の信頼性に絡んで、台湾の政局にも影響している。 https://t.co/j5JMEGLBEP2019-07-28 12:01:16 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    香港では、21日も反政府デモが続く。一国二制度の行方であるが、最後は「自由か繁栄か」という二者択一的状況に北京は持って行くだろう。上海が発展し、香港の重要性が相対的に低下している。本来は「自由も繁栄も」こそが、追求すべき社会なので… https://t.co/Irp0Lfu1fR2019-07-22 00:16:13 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    香港の自由を守ろうと抗議活動を展開している若者たちに連帯の意思を示すために、年配者たちもデモ行進。一国二制度を守り抜くことができるか。国際的監視の目を光らせておく必要がある。 https://t.co/zB4ZGxiveK2019-07-18 00:19:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    香港では、市民のデモが続いている。自由を守り抜こうとする香港市民の抗議活動である。一国二制度が風前の灯火となりつつある。台湾の未来にも大きく関係するので、台湾総統選にも影響がある。 https://t.co/8tWjpVrwBn2019-07-15 19:13:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    容疑者引渡し条約改正案反対のデモが続く香港で、香港で購入した物品を本土で高値で売りさばく「運び屋」行為取り締まりを求めるデモが、深圳隣接地区で行われた。一国二制度を守ろうとする動きで、北京政府に対する牽制球だ。生活必需品も品薄にな… https://t.co/Gc7KcgCh7J2019-07-13 23:47:03 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    香港では、今日も大規模なデモ。香港政府は、容疑者引き渡し条例の改正案の審議を当面延期したが、デモ隊は延期ではなく、撤回を要求。また、行政府長官の辞任も要求している。香港返還のときの約束である一国二制度が維持されるかどうかの瀬戸際だ。 https://t.co/bg8KG3iW9A2019-06-16 19:30:05 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    香港政府は、容疑者引き渡し条例の改正案の審議を当面延期。人権を守ろうとする市民と北京政府の方針との板挟み状態だ。今の習近平路線だと、一国二制度の維持は容易ではない。香港の情勢は、北京と台北の関係にも影響する。皇帝が君臨してきた中国で、史上初の総統選を行った台湾は例外のままか。2019-06-15 18:32:41 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    台湾では、与党・民主進歩党(民進党)の党内予備選で現職の蔡英文総統が勝利。来年1月に総統選挙。香港の政治情勢で、一国二制度が揺るいでいることは、台湾独立志向の強い民進党に追い風になる。蔡英文さんの選挙には何度も同行したが、この写真… https://t.co/2avBTshDUd2019-06-14 09:44:31 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    香港では、逃亡してきた容疑者の身柄を中国本土などに引き渡せるようにする条例の改正案をめぐって、30万人が反対デモ。1997年7月1日に香港は一国二制度の原則で返還されたはずだが、次第に中国化が進んでいる。 https://t.co/ekXkPUln822019-06-09 20:17:13 by 舛添要一
  • shimonita
    【日本の解き方】知事選後の沖縄と安全保障 周囲を驚かせた玉城氏の「一国二制度」発言、香港を反面教師に 外資導入は中国念頭? https://t.co/PsrRkjRi8u 本気で目指しているとは思えない。そうなれば基地反対運動も規… https://t.co/zBlmToj2Ro2018-10-04 20:02:23 by 岩崎正春