中核市の検索結果

「あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • abe_tomoko
    これまでの県が設置する児童相談所は、こうした中核市をバックアップして、むしろ機動性のある児童相談所は身近な自治体に置くのが分権上も本来的と思います。東京都では22の特別区が設置の意向で、人口密集地でもあり、きめ細やかな子ども子育て支援が不可欠、世田谷区がまず開設、良いモデルを是非2019-05-28 11:20:53 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今年に入ってずっと児童相談所を中核市に設置することの意義を確認してきました。既にある金沢市、横須賀市、そしてこの四月に開設の明石市、或いは準備が進むと奈良市などのお話を聞いても、やはり自治体行政と一体的に子ども、子育て支援ができることのメリットは計り知れません。身近な児童相談所に2019-05-28 11:17:09 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今回の児童福祉法の改正論議の中で、自民党の中にも塩崎前厚労大臣を始め中核市に児童相談所を作るべき、と言う意見はありながら結果的にはまた先延ばしされた。その理由に中核市が財政や人材不足で大変と言う現実と、県の児童相談所との連携で十分やれているとの意見もあった。自治体の自画像の差かと2019-05-25 18:50:08 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    従来の児童相談所が距離的に遠いだけでなく、気持ちの上でも特別な存在で、あそこに行くのは障害のある子や虐待の家庭である、のような偏見や差別すらある。中核市や特別区など自治体が設置する児童相談所はより身近で、明石市では子どもセンターというネーミング、市の子育て支援窓口とも連携できる2019-05-25 18:35:26 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    確かに財政や自治体職員の人材不足を考えれば、中核市が二の足を踏む理由も解らなくはない。しかし地域の子ども達をどう育てるかを考えた時、改めてその重要性に気づくはず。家庭が子育て力を失い、障害のある子どもの数も少子化なのに増えている。困難を抱えた家庭への社会的支援の必要性は増している2019-05-25 18:05:34 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    もっとも野党が特に今回強調した中核市等への児童相談所設置は、今年に入って前厚生労働大臣だった塩崎議員を中心とした超党派の勉強会を通して、私も多くを学ばせて頂いた。平成28年の児童福祉法改正で五年以内の設置が方向つけられながら、まだ三ヶ所に止まる現状は、国による財政や人材支援の不足2019-05-24 20:45:10 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    結愛さん虐待死事件を受け昨年六月児童福祉法改正案を五野党一会派で提出、しかし与党は審議すらせず放置し、年明けに心愛さんの事件が発覚。私達野党は、躾に名を借りた子どもへの体罰禁止や子供の意見表明権の確保、中核市等に児童相談所設置、転居に伴う児相間の情報共有等を盛り込んで再提出2019-05-24 20:23:01 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    児童福祉法の改正、児童相談所が圧倒的に足りないのに、なぜ中核市すらそれを設置しようとしないかと考えるとどうせ少子化だから、子どもを守る為の施設にお金をかけたくない、或いは高齢化に優先順位をつけてやりたい本音?が透けて見えるような気がする。子どもは一票持たない。でも大事な社会の鏡。2019-05-22 07:27:49 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    中核市に児童相談所を置くことができるようになって15年、でも遅々として設置は進まず、金がない、人がいない、市民の理解が得られない等、やらない理由は山ほどあげられている。でも泉さん曰くまず決断、決めるのみと。 国は中核市が反対するからと必置を決めず、本心は金を惜しんで本腰を入れず?2019-05-21 21:29:42 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今日の厚生労働委員会は児童福祉法と児童虐待防止法、DV防止法改正の参考人意見陳述。立権民主として明石市長泉房穂さんに、中核市に児童相談所を置くことの意味、意義を話して頂いた。市の子ども家庭支援と一体になった児童相談所があることで、… https://t.co/wTshAIRZnj2019-05-21 21:13:29 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    平成二十八年の児童福祉法改正で、時の厚生労働大臣の塩崎氏は、五年以内に中核市、特別区にも必置を訴えた。以降今日まで中核市では明石市と奈良市が開設と開設準備、他方特別区では二十二区が動きを始めており、世田谷区は2020年に開設予定。自治体には財政や人材の不足もあるが是非第一優先に。2019-05-21 07:29:31 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    日本の政治や社会の中で子どもや家庭への支援は極端に少ない。この間しばしば報道される虐待等で生命や身体への危機に対応するだけでなく、子どもや家庭に様々な障害や成長の上での問題が有れば、必ず社会的に支援が必要なはず。政令市では既に必置であるが身近な中核市、特別区でも是非設置を進めたい2019-05-21 06:53:05 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    明石市は中核市。児童相談所を持つことを期待されながら、全国では金沢市、横須賀市、そしてこの四月から明石市、 更に奈良市が決まっているが、まだ四箇所。虐待の相談支援は勿論のこと、障害のあるお子さんの療育や不登校や発達障害、或いは非行等子どもにかかる相談、支援の拠点。圧倒的に少ない。2019-05-21 06:43:25 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今朝方児童福祉法などの改正案提出、虐待防止の為には保護者の支援を手厚くして子育てを孤立させないのが一番 、勿論親による体罰は禁止、家庭内暴力を放置せず、暴力によらない子育てを伝えていく。その為に身近な役所に子ども子育て支援窓口を置き相談し易い体制に。中核市には児童相談所を設置2019-04-26 19:32:54 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)