北朝鮮の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    来週は米朝首脳会談。北朝鮮の非核化を「急がない」と言うトランプ大統領は、下手をすると経済制裁の一部解除などの妥協策をとるのではないか。中露、それに韓国が経済制裁の抜け穴を用意している。アメリカは、金日成、金正日に続いて金正恩にもまた騙される可能性がある。北朝鮮は核兵器を捨てない。2019-02-20 23:44:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ワシントンポスト紙は、ノーベル賞推薦問題について国会での安倍首相答弁を紹介。文在寅大統領は、推薦文は書かなかったが、トランプ大統領はノーベル賞に値すると言明。北朝鮮の非核化も拉致問題も解決しない今、今回の暴露は安倍首相にはマイナス… https://t.co/DUjfTS7JNp2019-02-18 22:27:04 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    共同通信によれば、拉致被害者、田中実、金田龍光さんが平壌で妻子と暮らしており、帰国の意思はないという。両氏は日本に身寄りがいない。日本政府は、これを金正恩が北朝鮮の宣伝に使うのを恐れて、公表しない。27、28日の米朝首脳会談で、「ノーベル賞候補」トランプは拉致問題に言及するか ?2019-02-17 19:46:53 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    CSISは、北朝鮮中部サンナムに、中距離弾道ミサイル「ムスダン」の基地が存在すると指摘。これを含め、約20カ所に秘密のミサイル基地があるというが、米朝協議の対象になっていない。このような報告が公表される中で、27,28日の米朝首脳会談は、非核化の実を上げることができるのだろうか。2019-02-16 21:45:15 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領によると、安倍首相がノーベル委員会に書簡を送り、ノーベル平和賞に大統領を推薦したそうだ。北朝鮮との対話を評価してとのことだという。本当なのか。しかし、中東はどうか。イランなどで緊張をもたらしている。私は、安倍案には反対だ。世界の多くの人もそうではないか。2019-02-16 07:15:04 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    2月末の米朝首脳会談は、ハノイに決定。ダナンとハノイの間で綱引きが行われていたが、北朝鮮が押し切った形だ。首脳会談でもトランプが金正恩に譲歩するのではないか。北朝鮮は非核化に熱心ではないし、経済制裁緩和が目的だ。韓国は北朝鮮に賛意を示している。日米韓協調体制を文在寅が崩している。2019-02-09 10:47:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領が一般教書演説。2回目の米朝首脳会談を予想通り、27,28日にベトナムで開催すると発表した。北朝鮮は真面目に非核化に応じるのか、まだ分からない。それが不明なまま、軽々に制裁解除に応じてはならない。金日成、金正日に騙された過去の失敗をしっかりと検証すべきである。2019-02-06 12:17:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今月末の米朝首脳会談は、ベトナム中部のダナンで開催されることに決定。問題は、北朝鮮の非核化が進むかどうか、トランプ大統領が変な妥協をしないかどうかだ。2019-02-03 09:50:48 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    コーツ米国家情報長官が、北朝鮮、イラン、シリアなどについて、トランプ大統領と異なる見解を述べたが、これにトランプは激怒し、「情報機関は学校でやり直せ」と暴言。米国の方が、安倍官邸と同じ意見しか役人が言わない日本より健全だ。日露交渉など、外務官僚はもっと異論を述べてもよいのでは。2019-02-01 10:47:10 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮で使う石油精製品について、韓国が国連安保障理の制裁決議で義務付けられた輸出の届け出をしなかったと、安保理パネルの報告書が指摘。親北朝鮮路線一本槍の文在寅政権の「真骨頂」だ。そして、反日が南北の接着剤として乱用される。レーダー照射事件は起こるべくして起こったのである。2019-01-30 23:48:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米上院公聴会で、コーツ米国家情報長官は「北朝鮮の政治指導者は核兵器が体制存続に重要だ」と考え、核兵器放棄の可能性は少ないと表明。私も同じ意見だ。金正恩が、核武装という金日成、金正日の基本政策を変更するのかどうか。2回目の米朝首脳会… https://t.co/RjYJ64LgED2019-01-30 19:57:43 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日韓外相会談、主張は平行線で、しかも会議直前に韓国国防部が海自哨戒機の「新たな」低空飛行を糾弾するなど、全く意味のないものであった。これなら韓国に頭を冷やす時間を与えるために、しばらく接触しないほうがよいのかもしれない。これでは日米韓同盟は機能しない。中露・北朝鮮を利するだけだ。2019-01-24 09:18:03 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    私も講演したことのある米国戦略国際問題研究所(CSIS)は、北朝鮮北西部の新五里にある未公表ミサイル基地にノドンの連隊が配置との報告を公表。このような秘密基地を検証することが可能なのか。2回目の米朝首脳会談は、ただ開けばよいという… https://t.co/Mx6sPTY1Ha2019-01-22 14:51:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    場所は未定だが、2回目の米朝首脳会談が2月下旬に開催されることが決まった。北朝鮮の非核化は進むのか、また制裁緩和の見通しはどうかなど、注目点が多い。一方、文在寅政権の韓国は親北路線一本槍で、日韓関係も悪化させ、使い物にならない。今… https://t.co/pDyF94lOSd2019-01-19 12:40:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    15日公表の韓国の2018年版の国防白書、北朝鮮を「敵」とする表記を削除、日本については、世界平和と繁栄のための「パートナー」としたものの「自由民主主義と市場経済の基本的価値を共有している」という文言は削除。日韓関係のこれ以上の悪… https://t.co/eoSni3dy8M2019-01-15 21:23:49 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    14日、日韓防衛当局の実務者協議が行われたが、主張は平行線。韓国側が事実を認めない理由として、強硬な反日世論があるが、同時に北朝鮮の漁船「救助」の裏に「不都合な真実」があるのかもしれない。日本のEEZ内でなぜ海上保安庁に救助要請が… https://t.co/RIWVkqEALq2019-01-15 09:56:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    第2回目の米朝首脳会談を前にして、金正恩は訪中し、習近平と会談した。北朝鮮の非核化は進展するのか、必ずしも楽観的な要素ばかりではない。北朝鮮の行方について考察する。https://t.co/X4UG4S9pFs2019-01-12 08:46:45 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮の伝統的外交戦略は、①核のカードを持つ、②アメリカしか相手にしないである。昨年6月の米朝首脳会談は金正恩にとっては失敗。①はもう使えない、②今やアメリカの相手は中国で、北朝鮮はお呼びではなく、中国のカードに成り下がった。トランプの支離滅裂さには独裁者もついて行けないようだ。2019-01-09 22:01:05 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    覇権争いが激化する中で、米中両国は貿易面で何とか妥協点を見出そうと協議を継続。安全保障面では、中国が北朝鮮に非核化を促せるか。そのような中で、アメリカの同盟国である日韓両国の関係が悪化している。慰安婦、「徴用工」、レーダー照射の三点セット、文在寅政権は解決に向けて動いていない。2019-01-09 14:03:59 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    元「徴用工」訴訟で、8日、大邱地裁浦項支部が、原告代理人による新日鉄住金の韓国内資産差し押さえ申請を認める決定。日韓両政府は、どう対応するのか。実際に差し押さえが行われれば、日韓関係はさらに悪化する。北朝鮮の脅威に協力して対応せねばならないときに、このような状況は残念である。2019-01-08 19:16:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    35歳の誕生日に金正恩委員長が訪中。2回目の米朝首脳会談を前にして、後ろ盾の習近平政権と協議をする。北朝鮮は、核実験・ミサイル発射を中止したにも拘わらず、制裁解除がないことが不満。一方、米中貿易摩擦が激化し、国際社会の関心もこちら… https://t.co/cMXeGyX4T82019-01-08 15:30:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    2日、韓国国防省は声明を出し、海自の哨戒機が韓国艦艇に対し「威嚇的な低空飛行」をしたとして、謝罪を要求した。これでまた日韓関係がさらに悪化し、北朝鮮の脅威に両国が協力して当たることが困難になる。先ほどブログにも書いたが、実務能力も危機管理能力も無い文在寅政権では展望が開けない。2019-01-02 22:04:42 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    文在寅は、金大中、盧武鉉政権の流れをくむ左翼ポピュリストで、対北朝鮮宥和と対日強硬が特色である。昨年6月の歴史的な米朝首脳会談の後、期待した成果は出ず、韓国大統領の左翼ポピュリズムは、日韓関係のさらなる悪化という大きなツケとなって… https://t.co/8qG01yVuF52019-01-02 21:15:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    金正恩委員長、新年の辞で、いつでも米朝首脳再会談を行う用意があると明言。また、経済制裁が緩和されないことへの不満も述べ、制裁が続くなら路線転換もあるると警告した。さらに、「完全な非核化」を進めることを強調。北朝鮮は、譲歩に対する対価がないことに不満を募らせているようだ。2019-01-01 17:23:15 by 舛添要一
  • inosenaoki
    NHKBS1 再放送中 「北朝鮮外貨獲得部隊」2018-12-28 23:04:58 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • MasuzoeYoichi
    韓国駆逐艦によるP1哨戒機へのレーダー照射が問題になっているが、韓国軍は北朝鮮軍と自衛隊のどちらに親近感を抱いているのか。こんな状態で北朝鮮の核の脅威に日韓両軍が協力して対抗できるのか。核の選択を含め、冷徹な戦略的思考が必要である… https://t.co/eFSJueSH752018-12-28 22:19:45 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    レーダー照射問題、防衛省は当日の映像を韓国側に見せたが、「証拠にならない」と反論された。映像には韓国駆逐艦の近くに北朝鮮の漁船が写っている。つまり、レーダーで漁船を捜索する必要などなかったはずだ。狙いは日本のP1哨戒機だったことは… https://t.co/C1Gs2zKxeq2018-12-28 10:55:23 by 舛添要一
  • inosenaoki
    RT @allreviewsjp: 【本日のピックアップ】「なぜ北朝鮮は「最強の経済制裁」を受けながらミサイル開発ができたか」 『北朝鮮 核の資金源:「国連捜査」秘録』(新潮社) - 著者:古川 勝久 - 猪瀬 直樹@inosenaokiによる書評 ALL REVIEWS #書…2018-12-09 15:38:57 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談を来年の1月か2月に再開すると表明したが、北朝鮮の非核化が進展するのか、今のところあまり楽観的な見通しは立てられない。しかも、韓国の文在寅政権の反日姿勢は、対北朝鮮政策での日米韓の結束を揺るが… https://t.co/bvyH9GLFRo2018-12-02 19:00:33 by 舛添要一
  • hatoyamayukio
    政府は米国から1機100億円超の ステルスF35戦闘機を100機購入して、導入予定の42機と併せて140機体制にするらしい。北朝鮮の脅威や中国の軍備増強に対応してのことのようだ。北朝鮮や中国との信頼関係を高めることが肝要で、徒に敵… https://t.co/NRKKMp85kk2018-12-01 09:58:41 by 鳩山由紀夫