北朝鮮の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • katayama1122
    鳴物入りの米朝首脳会談だったものの、北朝鮮の「完全な非核化」はまず不可能との見方が強い、非核化のどの辺で折合えるかが焦点でしょう。安保面は親米非中となり、経済面は中国との協力を拡大し改革開放路線をとる、北朝鮮はベトナムモデル化するという説に、私は最も説得力を感じています。2018-07-09 16:18:43 by 片山虎之助
  • katayama1122
    北朝鮮は小国にかかわらず外交交渉がしたたかで手剛いことはよく知られています。友人の言では、あのような独裁体制国家は、トップから外交の第一線担当者に至るまで、在任期間が長く同じ人物が交渉に出続けている、他方は担当者が異動で頻繁に交代するので、太刀打ちできないとのことでした。2018-05-08 12:52:40 by 片山虎之助
  • katayama1122
    14日は岡山県下の消防出初式が9市町村であり、私は例年通り岡山市に出て倉敷市に回り、それぞれ激励の挨拶をしました。とくに昨年は、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが2度にわたりわが国の上空を通過しJアラートが発動されたことに触れ、国民の安全・安心の確保と消防の責務を強調しました。2018-01-16 14:49:06 by 片山虎之助
  • katayama1122
    北朝鮮が核を完全に放棄したら対話に応じるというのが米国の立場、一方核保有国として認めるならば対話するというのが北朝鮮の立場ですから、対話の基本条件が合いません。したがって、北朝鮮は核実験・ミサイル発射を続行、米国は圧力強化に奔走、しかもそれがエスカレートしています。2017-09-22 14:57:35 by 片山虎之助
  • katayama1122
    北朝鮮の弾道ミサイルの津軽海峡通過が、Jアラートで12道県に報じられ話題となりました。Jアラートは、大規模なテロ、巨大地震や大津波、噴火なども想定していますが、10年間の運用実績では平成24年と28年の2回、今回と同じく北朝鮮のミサイルが上空を通過した沖縄県で使われただけです。2017-09-06 17:57:34 by 片山虎之助
  • katayama1122
    北朝鮮の米領グアムへ弾道ミサイルを発射する包囲攻撃について、北朝鮮側と米国側の脅迫じみた発言の応酬が続きましたが、14日金正恩氏が「米国の行動をもう少し見守る」と述べ、米朝間の緊張が一時的に緩み世界も安堵です。しかし、両方のトップとも安定的な人格ではないだけに油断はできません。2017-08-16 14:06:47 by 片山虎之助
  • katayama1122
    中国はこれまで2大超大国として米国と対立・対抗して来ましたが、トランプ政権誕生で今後は逆に親米国家に変わることを選択したという見方が出ています。北朝鮮に対する圧力のかけ方の本気度、「一帯一路構想」の推進も西方に力点を移していること等が、その証明だと言うわけです。2017-05-17 17:27:58 by 片山虎之助
  • katayama1122
    「立法事実」という言葉がありますが、憲法改正についても具体的な改正の必要が納得される事実を「憲法事実」とするならば、安全保障上近時急速に浮上して来た「憲法事実」は北朝鮮の核ミサイル開発の脅威であることに異存はないでしょう。今回の安倍首相の9条改正案も背景にそれがあると考えます。2017-05-08 13:45:23 by 片山虎之助