「国際政治学講義」に関する政治家のTwitterでの発言 | ツイー党

国際政治学講義の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    ブログで連載してきた国際政治学講義は74回目でひとまず終了し、今日から新連載「20世紀文明論」を始めます。20世紀が「異常な世紀」であったことを文明論の観点から論じていきます。https://t.co/RHWrTv5zms2018-07-30 15:58:30 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界システム論は、今でも有効なのか。その論理構造に大きな衝撃を与えたのが、1989年のベルリンの壁の崩壊である。そして、台頭する中国の存在である。国際政治学講義の第74回目をブログにアップした。https://t.co/ixwrkvRWOP2018-07-27 20:30:23 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界システム論についての解説を続ける。中核、半中核、辺境という三つの地域に分けて考察し、覇権国が移っていくメカニズムを明らかにする。国際政治学講義の第73回目をブログにアップした。https://t.co/0YXxFjxvE32018-07-26 23:27:52 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    国際公共財とは何か。アメリカは、今後もそれを世界に提供し続けるのか。トランプ政権のアメリカ第一主義は、それを拒否する姿勢のように見える。国際政治学講義の第72回目をブログにアップした。https://t.co/PTur1wUsEu2018-07-25 18:49:41 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    経済でも安全保障でも、主要国間の政策協調は不可欠である。しかし、国際公共財の議論などとは無縁なトランプは、中間選挙を前に、貿易でも防衛でもアメリカ第一主義を推進している。国際政治学講義の第71回目をブログにアップした。https://t.co/8zlSlS9vgU2018-07-24 15:52:39 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日閉幕したG20財務相・中央銀行総裁会議を見ても、主要国間の政策協調が不可欠である。残念ながら、トランプ政権のアメリカは、覇権国自らがその協調を乱している。国際政治学講義の第70回目をブログにアップした。https://t.co/Y2bxYZyJ1L2018-07-23 16:53:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界経済や国際金融の分野で相互依存関係が進化している今日、主要国間で政策協調をすることが不可欠になっている。トランプ政権のアメリカ第一主義による非協調的行動は、世界を混乱させている。国際政治学講義の第69回目をブログにアップした。https://t.co/8Q9eXkdTws2018-07-22 22:18:28 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    国際政治学講義の番外編、「ヒトラーとトランプ」の第第三回目です。両者の発言の類似性に驚かされます。https://t.co/trKO3XjdH32018-07-21 21:33:11 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    国際政治学講義の番外編、「ヒトラーとトランプ」の第2回目です。トランプ現象の背後には、格差の拡大があります。https://t.co/EZ1QePx7dF2018-07-20 21:15:27 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    国際政治学講義の番外編として、今日から3回連続で、「ヒトラーとトランプ」という論文を書く。それは、トランプがヒトラーによく似ているからである。https://t.co/FCfWcx7ZfR2018-07-19 22:02:00 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    パックス・アメリカーナの次に来る国際秩序はどのようなものであろうか。30年前に議論されたパックス・ジャポニカは、いまや見る影もなくなっている。国際政治学講義の第68回目をブログにアップした。https://t.co/LfdnCQU9Np2018-07-18 15:49:34 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界各国の国力測定について、30年前と今日とを比べると、中国の台頭が目立つ。中国がアメリカの覇権を脅かす大国になろうとは、当時は誰も想像しなかった。国際政治学講義の第67回目をブログにアップした。https://t.co/7ANMF2yoGK2018-07-16 16:27:26 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    国力の指標として海軍力をどう見るか。アメリカと覇権争いを演じている中国が、アジア太平洋への進出のために、航空母艦を保有するなど海軍力を急速に拡大していることは注目に値する。国際政治学講義の第66回目をブログにアップした。https://t.co/4MqeOXqtZH2018-07-15 22:41:07 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界の覇権構造の変化は、「30年戦争」によってもたらされるという世界システム論の考え方は、核抑止力が機能する今日では説得力がなくなったようである。国際政治学講義の第65回目をブログにアップした。https://t.co/oYIfKMBLLT2018-07-13 16:30:18 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米中貿易摩擦が激化している。今の時代は、中国がアメリカの覇権に挑戦している。これを世界システム論は、どのように説明するのだろうか。国際政治学講義の第64回目をブログにアップした。https://t.co/UdUs2arlkU2018-07-11 22:41:54 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ドイツは、第一次、第二次世界大戦と二度にわたってイギリスの覇権に挑戦するが、アングロサクソン連合に敗れてしまう。しかし、大英帝国に代わる次の覇権国はアメリカであった。国際政治学講義の第63回目をブログにアップした。https://t.co/Pxoah83mGr2018-07-10 15:13:17 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    普仏戦争以降、パックス・ブリタニカに挑戦するのは、フランスに代わって、ドイツである。その国力の源泉はどこにあるのか。経済力に注目してみる。国際政治学講義の第62回目をブログにアップした。https://t.co/CZ6ceXHkFt2018-07-09 22:25:00 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    パックス・ブリタニカに対して、19世紀後半からドイツが挑戦していく。軍備を充実させ、人口も増やしていく。国際政治学講義の第61回目をブログにアップした。https://t.co/UeNDTln1GP2018-07-08 21:34:16 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    7月14日はパリ祭、つまり1789年のフランス革命の記念日である。仏革命は列強の反撃を受けるが、ナポレオンが登場して祖国の危機を救う。英仏の覇権争いである。国際政治学講義の第60回目をブログにアップした。https://t.co/jZpbtBXcxV2018-07-07 23:51:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界システム論から、近代の世界史を振り替える。17世紀はオランダ人の世紀である。国際政治学講義の第59回目をブログにアップした。https://t.co/872D4iZDhV2018-07-06 14:12:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界ステムの変遷を、近代史を振り返りながら見てみよう。種子島に鉄砲をもたらしたのがポルトガル人で国際政治学講義の第58回目をブログにアップした。https://t.co/b5F7DP0A3X2018-07-05 22:50:24 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    世界システム論の考え方には、4つの特色がある。その一つは、「30年戦争」が国際秩序を変えるということである。国際政治学講義の第57回目をブログにアップした。https://t.co/rFprpCr9cB2018-07-04 22:40:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日から、世界システム論の解説を始める。壮大な歴史絵巻である。国際政治学講義の第56回目をブログにアップした。https://t.co/OFnXXSEe0u2018-07-03 18:06:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    7月3日未明、サッカー決勝T、ベルギー戦が行われる。二言語に別れた国だが、王室が国家の統一性を担保している。W杯で快進撃を続けるサッカーチームもまた、国家の一体化に寄与している。ベルギーの国情を解説する。国際政治学講義の第55回目… https://t.co/g77Tg6uhHk2018-07-02 15:06:46 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今回のサッカーW杯でも、スイスはグループEで健闘し、ブラジルに次ぐ第二位で決勝トーナメントに進んだ。スイスは、「アルプスのハイジ」に象徴される風光明媚な国であるが、それ以外の側面ももっと注目されてよい。国際政治学講義の第54回目を… https://t.co/skWCe4DPzh2018-07-01 16:08:53 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    サッカーW杯、次の相手はベルギー。フランス語圏とオランダ語圏で国が二分されているが、イギリス連合王国、スペイン、ベルギー、スイスなど、複数の国、州、民族、言語から成る国について、今日から解説する。国際政治学講義の第53回目をブログ… https://t.co/PrpF64MD4n2018-06-29 19:44:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    地域統合を進めるEU、戦勝国クラブである国連の改革を求める日独伊の敗戦国、ナショナリズムを超克する道は容易ではない。トランプ政権のアメリカ第一主義は、その道をより困難にしている。国際政治学講義の第52回目をブログにアップした。https://t.co/xAxaDPPrmG2018-06-28 22:16:55 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    EUの遠心力を高めているのはポーランドやハンガリーのみではない。イタリアやスペインもそうだ。通貨はユーロで統一されても、国債は国別であり、国債価格の下落が問題となる。通貨問題よりサッカーの試合のほうが楽しいが、国際政治学講義の第5… https://t.co/NCrhviHfhy2018-06-27 16:42:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    通貨の統合は、極めて困難な課題であった。国際政治学講義の第50 回目をブログにアップした。ユーロの諸問題について解説する。https://t.co/QOisGQmnKy2018-06-26 21:52:42 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    EUは加盟国を増やし拡大していくとともに、統合の度合いを深める「深化」の過程を進めてきた。その象徴が統一通貨ユーロである。しかし、欧州防衛共同体(EDC)のほうは実現しなかった。国際政治学講義の第49回目をブログにアップした。https://t.co/OB5KeWPDSX2018-06-25 22:56:26 by 舛添要一