実質賃金の検索結果

「三橋貴明」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • TK_Mitsuhashi
    「賃金統計に関する安倍政権の嘘」や「続 賃金統計に関する安倍政権の嘘」で解説した通り、安倍政権は毎月勤労統計調査のサンプルを入れ替え、「新サンプル」と一年前の「旧サンプル」を比較し、「実質賃金2.8%増、21年ぶりの伸び」などと報… https://t.co/b9ic3GI7iD2018-10-08 08:43:07 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    昨日は安倍内閣の下で「毎月勤労統計調査」のサンプリングが変えられた結果、名目賃金や実質賃金が「高く出る」ことを問題視したわけですが・・・・。 すると、なぜか 「三橋はサンプリング変更について問題視している」 という、意味不明な批判… https://t.co/15gCDcBjbh2018-09-14 06:19:24 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    もはやここまで来ると、怒りよりも情けなさが先に出てくるわけですが、安倍政権は賃金統計でも「嘘」あるいは韓国ばりの統計マジックを使い始めています。 18年6月の現金給与総額(名目)が対前年比3.3%、実質賃金が対前年比2.5%となり… https://t.co/JjZclXa3fX2018-09-13 05:48:24 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    本日は、昨日の実質消費に続き、実質賃金。『6月実質賃金、2.8%増=21年半ぶり伸び、賞与増加』実質賃金を見る際は、「現金給与総額」(上記は現金給与総額)はあまり適切な指標ではありません。理由は、賞与の出るタイミングで変動してしま… https://t.co/Izv2CGKxr72018-08-10 09:14:23 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    ブログ更新しました「実質賃金と総実労働時間から見た日本の現況」https://t.co/uRP6JfYzy92018-08-10 09:13:32 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    メルマガ 週刊三橋貴明 Vol475 産業別で見た資本装備率 https://t.co/II0SoS5M2g 日本の実質賃金が下がり続け、すでにピークからマイナス15%にまで落ち込んでしまったのはなぜなのか。資本装備率のデータを見ると、理由がわかってきます。2018-06-30 14:30:14 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    我が国は少子高齢化による生産年齢人口比率の低下により、経済成長の絶好の機会を得ました。 これから深刻化する一方の人手不足、すなわち拡大するインフレギャップを「生産性向上のための投資」で埋めたとき、国民が豊かになる(実質賃金が上昇す… https://t.co/ywssHYtXSL2018-06-16 09:30:01 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    資本主義とは、モノ、ヒト、技術という経済の三要素を強化し、生産性を高め、国民の実質賃金を引き上げることで成長するモデルです。モノ(=資本)を強化するのが設備投資、公共投資。ヒト(=労働)を強化するのが人材投資。そして、技術を強化す… https://t.co/4vSaaeNcS42018-06-15 09:14:33 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    さて、3月の実質賃金が公表になりました。『実質賃金4カ月ぶりプラス 3月、人手不足で一時金増 』  おおっ!3月の実質賃金が対前年比+0.8%! ついに、底入れしたか?  と、思い、厚生労働省のデータを見てみると、ガッカリ・・・… https://t.co/ElNxZFGOE72018-05-10 09:20:51 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    RT @andouhiroshi: 今日の部会資料。私が要求して配布してもらいました。この30年の実質賃金と世帯の所得中央値(平均ではない)の推移。 これを取り戻すことがいま最大の課題だと思います。企業収益が過去最高でも世帯所得、実質賃金が上がらなくては一部が潤っているだけ。こ…2018-05-08 22:14:12 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    政局については、あまり書かないつもりではいるのですが、最近の日本の政治を見ていると「なんか、韓国みたいになってきたな・・・」  というのが率直な感想です。デフレで実質賃金が下がり、国民が貧困化し、ルサンチマンが貯まっている。そのル… https://t.co/CWsCDGvS1R2018-04-25 09:43:38 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    昨日は、「月刊三橋全国ツアー 大阪講演 2018年6月 日本国の運命が決定する」に600名近い方々にお越し頂き、ありがとうございました。次回は香川県の高松市です。 実質賃金が相変わらず酷いことになっています。『実質賃金、3ヵ月連続… https://t.co/huWX0tD5jZ2018-04-08 09:34:46 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    ブログ更新しました「実質賃金、3か月連続の減少」https://t.co/8a2JiB23Ih2018-04-08 09:33:32 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    ブログ更新しました「18年1月に大幅減となった実質賃金」https://t.co/9OT2c4ffwe2018-03-12 10:05:21 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    さて、2017年実質賃金の確報値が出ました。『実質賃金0.2%減、2年ぶりマイナス 17年確報値 』物価上昇が実質賃金を押し下げたと書いていますが、実質賃金計算時の基準となる「持家の帰属家賃を除く総合」のインフレ率は、(続きはブロ… https://t.co/0V7CkZwtpC2018-02-26 10:15:36 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    ブログ更新しました「なぜ、実質賃金が低迷するのか?」https://t.co/1j3rKQJ96y2018-02-26 10:14:36 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    三橋貴明『2017年の実質賃金、対前年比▲0.2%』 ⇒ https://t.co/GnMhQy2MyD #アメブロ @ameba_officialさんから2018-02-08 09:01:42 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    未だに実質賃金を軽視する人がいるので驚くのですが、実質賃金低下とは、「国民がモノやサービスを買えなくなっている」という意味なのですよ。すなわち「貧困化」です。国民の貧困化を問題視しないとか、わけが分かりません。 しかも、(続きはブ… https://t.co/Ly7cPo4UCL2017-12-10 08:19:11 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    現在の日本は、雇用改善と実質賃金下落が両立するという奇妙な状況にあります。 もっとも、データをきちんと見れば、別に奇妙でも何でもありません。【日本の年齢、性別就業者数の推移(万人)】 図の通り、第二次安倍政権発足後の就業者数を見… https://t.co/pQFaz1ZjZV2017-11-15 09:05:28 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    さて、9月の実質賃金速報値が発表になりました。 現金給与総額が対前年比▲0.1%、きまって支給する給与が▲0.3%。相変わらず落ち続けています。『9月の実質賃金0.1%減、4カ月連続マイナス (続きはブログで)https://t.co/WEZvRN8BJ92017-11-07 10:32:01 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    ブログ更新しました「なぜ実質賃金が低迷しているのか?」https://t.co/WEZvRN8BJ92017-11-07 10:31:44 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    昨日は、GDP全体の話(要は中国問題)を取り上げましたが、本日はミクロな国民の貧困化、つまりは実質賃金の低下です。『8月の実質賃金、確報値は0.1%減に下方修正 毎月勤労統計 』速報値から確報値になり、数字が変わるの(続きはブログで)https://t.co/kdTCWABoXa2017-10-31 09:03:34 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    『失業率と実質賃金(後編)①』三橋貴明 AJER2017.9.26 https://t.co/24aMsADSQe2017-10-01 12:12:48 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    国難突破解散。現在の日本は、確かに「国難」と呼びうる状況だと思います。97年以来、二十年も近く続くデフレーション、国民の貧困化。下がり続ける実質賃金、減り続ける実質消費。減らされ続ける公共インフラ整備、科学技術予算、(続きはブログで)https://t.co/rHG3Oa7AMq2017-09-26 08:23:42 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    本日のタイトルは、厳密には「失業業率が低下し、有効求人倍率が上昇しているにも関わらず、なぜ日本の実質賃金は上昇しないのか?」  になります。答えを、青木泰樹先生が教えて下さいました。(続きはブログで)https://t.co/y1MfpEEhvi2017-09-10 08:48:22 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    ブログ更新しました「なぜ日本の実質賃金は上昇しないのか?」https://t.co/y1MfpEEhvi2017-09-10 08:47:38 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    ブログ更新しました「実質賃金と長期の安定的需要」https://t.co/5tRahrJi2O2017-09-07 09:08:52 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    高松にいます。いつ来ても、「良いところだなあ・・・」と、嘆息が漏れる街でございますね。つくづく、新幹線が欲しい・・・。 さて、6月の実質賃金が大きく下がってしまいました。『6月の実質賃金0.8%減=下落幅2年ぶり(続きはブログで)https://t.co/EWYveI1VCs2017-08-05 09:30:39 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    日本国民が「消費を増やす」形で国内需要が拡大するためには、まずは実質賃金が二~三年は継続的に上昇する必要があります。昨年9月の日銀のレポートからも明らかなとおり、日本人は「適合性期待形成」の傾向が強い。つまりは、「将(続きはブログで)https://t.co/M904QEYzgh2017-05-30 10:04:13 by 三橋貴明
  • TK_Mitsuhashi
    わたくしは日本の少子高齢化に端を発する「生産年齢人口比率の低下」こそが「人手不足⇒生産性向上⇒実質賃金上昇⇒消費・投資の拡大⇒人手不足」 という経済成長のための黄金循環をもたらすと、日本国内で最も確信している人間です(続きはブログで)https://t.co/RmKSKfJ6J82017-03-05 07:51:01 by 三橋貴明