当てはめの検索結果

「長島昭久」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • nagashima21
    @hashimoto_lo 然り。ただ、私としては、一部野党の皆さんが信奉している木村草太先生が、72年見解をめぐってルールと当てはめの違いを認め、状況の変化によってはルールも当てはめも変わり得ると仰ったことに、我が意を得たり!そ… https://t.co/EBkc11R2LY2018-10-23 13:42:47 by 長島昭久
  • nagashima21
    状況の変化で「当てはめ」が変わる事例については、下記の橋下さんの譬え話が出色! 「今僕と木村さんの二人がいる状況で、自分を守るための武器としてナイフを持つのは必要最小限度を超えますよね。でも皆がナイフを持っている状況だったら、ナイフも必要最小限度の範囲に入ると僕は思うんです。」2018-10-23 12:07:52 by 長島昭久
  • nagashima21
    安保法制を「違憲の戦争法」と呼んで、72年見解を金科玉条のごとく奉じて一切の「当てはめ」の議論(つまり、安全保障や軍事技術に関わる外部環境の変化という重要なファクターの検証)を拒否してきた一部野党の議員がこれにどう応えるのか興味深い。2018-10-23 12:01:13 by 長島昭久
  • nagashima21
    つまり、自衛権行使の範囲は「必要最小限度」であるべき、というのが確立されたルール(憲法規範)だとしても、我が国を取り巻く安全保障環境や軍事技術の進展など状況の変化があれば、ルールの適用(つまり「当てはめ」)はそれに従って変わらなければならない。これが真の立憲主義なのだ。気分爽快。2018-10-23 11:55:41 by 長島昭久
  • nagashima21
    【橋下・木村『憲法問答』拝読中!】 集団的自衛権の行使を否定した内閣法制局の「72年見解」をめぐり、木村先生が「ルール」と「当てはめ」の違いを認められたことは特筆すべき。つまり、憲法9条解釈としてのルールは確立していても、状況の変化によって「当てはめ」が変わることがあると。2018-10-23 11:55:40 by 長島昭久