東京地裁の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、検察の準抗告を却け、ゴーン被告は先ほど保釈された。今回は変装なし。キャロル夫人との接触も禁止されている。この条件は、検察とゴーン側との綱引きの結果であるが、これもきちんと国際社会に説明しないと、また日本の司法に対する批判が起こる。2019-04-25 23:02:14 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁はゴーン前会長の保釈を認める決定を下した。保釈金は5億円。検察は準抗告。海外からの批判をきっかけに、日本の司法制度の再検討を行うことは日本国民にとっても必要である。交通事故を起こした例の「上級国民」の問題も、国民が司法制度見直しにもっと関心を持つことの必要性を示している。2019-04-25 12:25:01 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ゴーン容疑者の妻キャロルさんに対する初公判前の証人尋問が11日、東京地裁で実施される。キャロルさんは日本へ入国済み。フランスに逃亡したわけではないこと、夫とともに戦うことを強調する意味もある。2019-04-10 23:55:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁はゴーン被告の勾留を決定。10日間で、14日まで。最長24日まで延長可能。保釈中の被告をなぜ再逮捕したのか、異例である。検察はよく説明しないと、また内外からの批判を浴びる。元特捜検事などの意見をTVで聞いても、誰の解説が正しいのかよく分からない。2019-04-05 13:57:58 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、保証金400万円でピエール瀧被告の保釈を認めた。厚労大臣のときは麻薬取り締まりの指揮をとっていたが、彼の犯罪は言語道断であり、許しがたい。法に従い処罰を受けると共に、専門医の下できちんと治療をして再生してほしいと思う。保釈条件が専門医による指導付きであることをのぞむ。2019-04-04 13:43:58 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    日産取締役会へのゴーン被告の出席を東京地裁が認めなかったのは、日産側の強力な反対意見があったからだ。ルノーのスナール会長は、ゴーン被告と対照的に物腰がは柔らかいが、交渉術は侮りがたい。仏の外交官の様な存在だ。「クーデター・陰謀」でゴーンを追放した日産にもっと手強い相手が登場した。2019-03-11 23:59:18 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、ゴーン被告の明日の日産の取締役会への出席を、「日産関係者への圧力となりかねず、証拠隠滅の恐れがある」として認めず。正当な判断だろう。明日は、ルノー・日産・三菱自三社の幹部が共同記者会見する予定であり、三社連合はすでに「ゴーン抜き」で動いている。2019-03-11 18:10:36 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日、東京地裁はゴーン被告の保釈を決定。欧米先進国はこの長期勾留に批判的で、日本の司法制度の「異質性」に国際的焦点が当たっている。ブログに記した。野蛮国だと非難されている日本の司法制度について、私たち日本人も再検討してみるべきだと… https://t.co/gDKxdpUzdF2019-03-05 21:13:52 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、5日、ゴーン被告の保釈を決定した。保証金は10億円。検察は準抗告するが、公判前整理手続きの開始前の保釈決定は異例だ。東京地裁は、おそらく長期勾留に対する海外からの批判も念頭に置いたのであろう。2019-03-05 13:13:45 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    カルロス・ゴーン被告の弁護人は28日、東京地裁に3回目の保釈請求をした。100日を超える勾留に、海外では日本の司法に対する批判が高まっている。 https://t.co/OqL0wrZZJ02019-02-28 21:08:47 by 舛添要一
  • shimonita
    ゴーン被告の保釈 2回目請求も認めず 東京地裁(産経新聞) - Yahoo!ニュース https://t.co/rBfEMlTenC @YahooNewsTopics 次々に明らかになる不正。この間までのゴーン擁護は流石に影を潜め… https://t.co/vJGOoNdVqD2019-01-22 23:43:49 by 岩崎正春
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁、ゴーン被告の保釈再請求を却下。これで、勾留がさらに長期化する。仏政府は、すでにルノーからのゴーン排除を決めているが、長期勾留に対する国際的批判は、さらに激しくなるであろう。日本の司法制度の見直しも必要だ。2019-01-22 12:17:25 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ゴーン被告、2回目の保釈を請求。東京地裁がどう判断するか。フランスに行かずに日本国内にとどまったとしても、口裏合わせ、証拠隠滅の疑いがある限り、東京地裁は保釈を認めないであろう。「法と証拠」のみならず、検察、被告双方の情報発信能力、世論動員力などが大きな要素になっている事件だ。2019-01-18 21:17:42 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、ゴーン被告側の準抗告を却け、改めて保釈を認めないことを決めた。これで、勾留はさらに長期化する。こうなると、フランス政府もドライなもので、ゴーン切り捨てに方向転換。ゴーンの時代は終わった。2019-01-18 00:07:41 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、ゴーン被告側の保釈請求を却下した。これまた、世界から批判を浴びそうだ。地裁はその理由をきちんと世界に説明しなければならない。2019-01-15 16:02:59 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ゴーン容疑者は、明日、勾留理由開示の東京地裁で何を語るか。英語での10分間の陳述が注目される。カメラは禁じられているが、ゴーンの喋る内容は公開されるので、それが今後の世論形成にどのような影響を与えるか注視したい。今後、特別背任罪の… https://t.co/M6J1YMTYry2019-01-07 21:41:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ゴーン容疑者の息子が仏紙のインタビューで、「父は無実」と主張。8日に東京地裁の勾留理由開示に出廷するゴーンが何を語るか。世界中に発信されるので、事件の全貌のみならず、日本の司法制度への関心も高まる。この機会に、「聖域」とされてきた… https://t.co/QWAp6vbVH12019-01-07 10:04:14 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ゴーン容疑者の息子が「フィガロ」紙に寄稿し、「父は無実」と主張。8日に東京地裁の勾留理由開示に出廷するゴーンが何を語るか。世界中に発信されるので、事件の全貌のみならず、日本の司法制度への関心も高まる。この機会に、「聖域」とされてき… https://t.co/8SFUEQxWIR2019-01-07 09:58:38 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、ゴーンの勾留を1月1日まで認めることを決定。特別背任罪の容疑で取り調べるが、さらに10日間の延長も可能である。これで、ゴーンはクリスマスも新年も拘置所の中ということになる。起訴、裁判と、まだ先は長い。日仏関係、国際批判… https://t.co/4corE90dUA2018-12-23 15:08:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、東京地検の準抗告を却下した。これでゴーン、ケリー両被告が保釈されるであろう。そもそも、裁判所は特捜の勾留延長請求を認めるという暗黙の前提があったのではないか。認めないこともあると明確にしたのも悪くない。これで、日本の司法制度は大丈夫だという印象が世界に広がるだろう。2018-12-21 00:05:58 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ゴーン勾留延長を却下した東京地裁の決定に、検察は準抗告。異例の決定に検察は衝撃を受けている。弁護士は保釈請求。検察の要求は却けられる可能性が高い。検察が最高裁まで争うか否かも焦点。世界の注目が集まっているだけに、検察も対応が難しい。ゴーン逮捕劇の第二幕が始まった。長くなる予感。2018-12-20 19:15:26 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、ゴーン、ケリー被告の勾留延長を認めず、保釈の可能性が出てきた。長期拘留には国際的批判が高まっているが、地裁はそれを意識したか、再逮捕容疑の取り調べでこれ以上の勾留は不要と判断したか、国際的波紋を呼んでいる逮捕劇だけに、今後の展開が注目される。2018-12-20 19:00:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、ゴーン、ケリー被告の勾留延長を認めず、明日にでも保釈の可能性が出たきた。長期拘留には国際的批判が高まっているが、地裁はそれを意識したのか、再逮捕容疑の取り調べでこれ以上の勾留は不要と判断したのか、国際的波紋を呼んでいる逮捕劇だけに、今後の展開が注目される。2018-12-20 18:27:47 by 舛添要一
  • maruyamakun
    RT @bengo4topics: 東京地裁は、CDNのサービスを提供する米クラウドフレアに対して、キャッシュファイル削除と発信者情報開示を命じる仮処分を決定しました。国内初とみられます。担当弁護士は「海賊版サイトに対する突破口につながる」と話しています。https://t.c2018-10-10 11:50:06 by 丸山 和也
  • MasuzoeYoichi
    東京地裁は、女性用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズの破産手続き開始を決定。不正操作の上で融資したスルガ銀行も問題だ。賃貸物件が供給過剰状態で、家賃収入保証など不可能なことは少し考えれば分かる。本当にリスクのない投資なら、誰もが借金をしてでも参加するはずだ。2018-05-15 19:00:20 by 舛添要一