枝野演説の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • aritayoshifu
    枝野演説で重要なポイントは、政権をめざすために、政権構想ではなく、社会構想が必要だと訴えたことです。どの政党と連携するかが先にあるのではなく、立憲民主党としてまず社会構想を示すという方向です。その準備を急ぐということでしょう。2018-10-04 08:24:13 by 有田芳生
  • seiji_ohsaka
    問題は、特にバブル崩壊以降の我が国の状況がこうしたやり方の通用している時代状況にあるのかということ。#枝野演説2018-08-11 16:23:53 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    日本の戦後復興、高度成長の時代、日本が貧しかった時代は、海外に物を売ってお金を稼がなければ豊かになれませんでした。安い労働力を武器として、安いものをたくさんつくる。安いからたくさん売れる。自民党がまともだった時代のこうした政策というのは決して間違っていなかった。#枝野演説2018-08-11 16:21:44 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    金融緩和などによるアベノミクス、いわば強い者、豊かな者をより強く豊かにする政策であるという言い方をしてきました。結果的に、大きな輸出企業などを中心として、強い者がより強く、豊かな者がより豊かになった。先ほど部分的な成果として挙げたものの言いかえとして、間違ってはいない。#枝野演説2018-08-11 16:16:22 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    本来効果が上がるはずの金融緩和、財政出動にとことんアクセルを踏んでも、個人消費や実質賃金という、国民生活をよりよくするという経済政策の本来の目的にはつながらないところでとまっている。#枝野演説2018-08-11 16:13:37 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    徹底した金融緩和、そのことによる円安。財政出動。かつては正しい経済刺激策だったと私は思います。輸出企業の収益増など、一定の部分的な成果は上がっている。しかし、こうした手法が通用するこの百五十年間の状況と、我が国の置かれている状況が、根本的に変化。そのことが問われている。#枝野演説2018-08-11 16:12:30 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    二%の物価上昇目標、一義的な責任は日銀かもしれませんが、この物価上昇目標は、当初、二年程度とおっしゃっていました。今、何年でしょうか。五年半です。六度の先送りです。もはや、この目標自体が達成できなかった、失敗だったというのが当然。#枝野演説2018-08-11 16:09:54 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    経済を活性化させ税収をふやし、財政再建を実現するという目標は、五年たっても全く実現できず、五年先送り。五年やって成果が上がらず、五年先送りをした。成果がゼロだから、これまでの期間と同じ期間が必要なんです。全く進んでいないということです。#枝野演説2018-08-11 16:08:31 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    アベノミクスの成果なのかは別として、株価、輸出企業を中心とした企業収益にはよい数字も見られていますが、実質賃金や個人消費には全くつながっていません。アベノミクスが始まって五年半。まだ始めたばかりだから結果にはつながりませんという言いわけが許される時期ではありません。#枝野演説2018-08-11 15:55:35 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    安倍内閣を信任できない三つ目の理由は、アベノミクスの行き詰まり、限界の露呈。アベノミクスの結果として生じたさまざまな副作用のみが、ますます顕著。国民生活と、そして日本社会の分断によって、社会そのものを崩壊に至らせかねないぎりぎりのところに来ている。#枝野演説2018-08-11 15:53:04 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    国交大臣が災害よりも優先させて急がなければならない法案でないのははっきり。まだ参院本会議は開かれていません。今からでも考え直し、一旦立ちどまり、まずは国交大臣を中心に災害復旧に、この間、カジノにうつつを抜かしていたことの反省も含めて、全力を挙げ、仕切り直しをされるべき。#枝野演説2018-08-11 14:51:44 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    受入れの体制が十分でないために、魅力ある観光資源を持ちながら外国人客が来ていただけていないところも。やるべきは、そうした観光資源をいかに魅力的なものとして世界に売り出し、そして、まさに日本本来のよさを見ていただく、これこそ、日本の歴史と伝統を大事にする人たちの立場。#枝野演説2018-08-11 14:48:42 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    我が国には、世界の多くの国々の皆さんから見れば、そうした皆さんとは違った歴史、風土、文化あるいは生活様式、そして自然、観光資源として魅力あるものがあります。まだまだそうしたものが世界の皆さんに十分に伝えられていない部分も山ほどあります。#枝野演説2018-08-11 14:46:18 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    大体、カジノのために日本に来る外国人観光客がいる、あるいは、そのことによって外国人観光客を集めなければ外国人観光客が来てくれない、そんなに日本は情けない国なんですか、保守と称している皆さん。#枝野演説2018-08-11 14:44:14 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    私は、裏づけのないことで直截な批判をしようと思いませんが、安倍総理とトランプ大統領との会合の席に、アメリカを代表するカジノ業者が御一緒していたようなことも伝えられています。まさに、アメリカに我が国を売るための法律を今強行しているんだと言われても仕方がない。#枝野演説2018-08-11 14:42:53 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    我が国ではカジノ運営をした経験はありません。外資規制を十分に行わなければ、カジノ運営の経験、ノウハウの高い人たちが資本流入という形をもって収益をかすめ取っていくのは目に見えている。日本人がギャンブルで損をした金で海外のカジノ業者を潤わせる、まさに国を売るようなこと。#枝野演説2018-08-11 14:41:00 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    強行されようとしているこのカジノ法案は、カジノ事業者が金を貸せる、貸金業法の事実上の例外まで盛り込んでいます。ギャンブル依存症になろうとしている人たちに金を貸しまくって、ますますギャンブル依存症、ギャンブルによる多重債務につながっていく仕組み。#枝野演説2018-08-11 14:38:13 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    家族や地域社会を含めて、多くの人たちがそのことによって社会的、経済的に大きなダメージを受けます。カジノの収益で経済成長する側面が百歩譲って存在するとしても、カジノ依存症による社会的、経済的なマイナスの方が圧倒的に大きいと言わざるを得ません。#枝野演説2018-08-11 14:36:23 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    こうした保守の本質を全く勉強せず自称保守を名乗っている人たちを相手にしてもしようがないんですが。各論だけを申し上げても、カジノ法案はギャンブル依存症をふやす。ギャンブル依存症は、まさにこれに陥った当人だけの問題ではありません。#枝野演説2018-08-11 14:35:30 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    立憲主義は保守思想そのもの。先人たちの知恵、それを動かすには、急進的な理想に邁進をするのではなく、今あるところから一歩ずつ改善していくにはどうしたらいいのかを考える。まさに立憲主義も保守主義も同じ考え方。であるので私こそが保守本流であることを、訴えさせていただいている。#枝野演説2018-08-11 14:32:17 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    憲法を変える手続、今生きている有権者の半分だけでは簡単には変えられないという仕組みを多くの国で採用しているのは、憲法は歴史に基づいた人類の英知の積み重ねの結集であり、それによってどんな権力も拘束されなければならない、こういう考え方に立っているから。#枝野演説2018-08-11 14:28:30 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    憲法とは何か。まさにこれこそ、歴史と、さまざまな苦難の中から先人たちが積み重ねてきた社会の大前提となるべきルール、権力が従わなければならないルール、さまざまな苦難の歴史を乗り越えて先人たちが積み重ねてきたルールが結集されている、それが憲法。#枝野演説2018-08-11 14:25:33 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    立憲主義は、言うまでもなく、権力も自由ではあり得ない、どんな権力も憲法というルールに基づいて運用されなければならない、そういう考え方であり、近代社会の大前提。#枝野演説2018-08-11 14:24:17 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    それまで積み重ねてきた我が国の社会のあり方のよい部分を、そうした人権問題などについての意識が大きく前進をした中でどう取り入れて、それを生かして、今先進国が共通して直面している壁にどう立ち向かっていくのか。私は、本来の保守のとるべき道はそういう道である。#枝野演説2018-08-11 14:21:25 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    もちろん、人権意識、そのことによる男女平等を始めとして、あるいは先ほど申し上げました労働法制もそうかもしれません、さまざまなものが欧米から流入したことによって進化をしたものもたくさんあります。それをもとに戻せというのではありません。#枝野演説2018-08-11 14:20:17 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    社会の格差、分断というものが、先進国共通して深刻な問題。そのときに、日本の歴史と伝統を大事にするのであれば、こうした近代欧米文明、産業革命以来の規格大量生産型の文明が入ってくる前からある我が国の歴史と伝統こそをもう一度見詰め直す、それこそが私は真っ当な保守のあり方。#枝野演説2018-08-11 14:18:16 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    今、先進国が共通して大きな壁にぶつかっている。それは、従来の規格大量生産によって安いものを、いいものをつくれば、そのことによって経済は発展し、一人一人の暮らしがよくなっていくという、これが現実に機能しなくなっている、そういう時代に入っている。#枝野演説2018-08-11 14:16:15 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    産業革命以来始まった近代化の歩み、これは、規格大量生産によって経済を急激に発展させ、そのことによって私たちも、物質的に豊かな文明の中で暮らしてくることができた。この歩みは、世界史的にも日本史においても、その間に問題のある時代はあったにしても、大きな人類の前進であった。#枝野演説2018-08-11 14:13:06 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    今我が国が直面をしている時代認識は、明治維新以来百五十年間歩んできた、この歩みというものが大きな転換点を迎えている、私は、今の日本はそういう状況にあると思っています。#枝野演説2018-08-11 14:10:10 by 衆議院議員 逢坂誠二
  • seiji_ohsaka
    我が国の歴史と伝統を考えたときに、明治維新は、それまで千五百年近くにわたって、少なくとも文字に残る積み重ねられてきた歴史が、西欧近代化文明の流入によって急激に変更を余儀なくされた、その結果として、それまで積み重ねられた歴史と伝統が大きく変更させられた百五十年。#枝野演説2018-08-11 13:53:20 by 衆議院議員 逢坂誠二