消費税の検索結果

「あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • abe_tomoko
    選挙戦もあと三時間あまり、いよいよです。山本太郎さんの浅賀さん応援聴きながら、流石ですねと思います。勿論私は立民の牧山弘恵さん応援で彼女も一生懸命消費税増税への反対を訴えていますが、山本さん来ないかなあ。とにかくこの選挙、国民一人ひとりが絶対に消費税今あげたらあかんと思って投票を2019-07-20 16:52:44 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    立憲民主が比例区で挙げた候補はいずれも多様性や当事者性を訴え、新しい選挙の選択肢を作った。同時に止めねばならない消費税増税に、国民一人ひとりの意識と可能性を未だ集められていない点ではもう一押しである。令和しんせん組の訴える危機感はリアルな現実であり、この選挙で消費税増税を止めねば2019-07-20 11:58:22 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    なぜ消費税増税が選挙の最大の争点にならないのか、令和しんせん組の山本太郎候補は真正面からこれを訴えた。七人に一人の子どもが貧困、高齢者五人に一人、高齢女性三人に一人が貧困これを放置してどうして消費税増税なのか、おまけに外交も経済もトランプ頼みで日本の経済は中国や韓国と共に不安定。2019-07-20 11:47:38 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    選挙の争点が各党の掲げる社会像、政党像に集中していると思うのは私だけだろうか?参議院は良識の府として、政党の対立よりもさらに大所高所でこの国の現在と未来を問うべき。この間の三回の消費税増税は格差是正にはなってない。どころか格差拡大、貧困増加、本当に又上げるのか、真剣な深い論議を。2019-07-19 07:00:52 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    日本の経済は今危機的なのだと思う。アベノミクスがお金の量を増やしたけれど、庶民の財布には来ない上に又庶民の財布から消費税をとる。当然消費は落ち込むが、それ以上に生産の末端が苦しくなり、小売店などの商売も回らない。おまけに原発依存で湯水のように税金を使い電気代値上げ。経済合理性無し2019-07-14 13:00:46 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    城田優、増税に苦言「息苦しい思いをする人達が増える一方。それでも三度増税すべきか、否か」投票呼びかけ(キャリコネニュース) - BLOGOS(ブロゴス) 本当に彼の言う通り。立民こそ消費税増税反対の先頭に立つべき。 https://t.co/lRoi4fRGcQ2019-07-14 12:53:00 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    消費税をゼロ、或いは引き下げるかどうかは、兎に角消費税増税を止めてからでも論議できる。アベノミクスが格差を広げた上に、韓国への半導体材料輸出問題や米中間税対立も日本経済には大きなマイナス要因、こんな時に消費税増税なんて、経済合理性もない。まず持続可能性のある経済の足腰を作らないと2019-07-14 12:43:59 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    参議院選挙あと一週間、野党第一党の立憲民主の役割は争点を消費増税凍結として凝集させて打ち出すことだと思う。年金問題も社会保障の国の責任放棄、信頼回復を訴えることは重要だが、その為にも何が何でも消費増税は止めねばならない。秋田ではイージス・アショア問題で、宮城では消費税 で対峙明確2019-07-14 12:19:39 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    この参議院選挙の争点を考えた時、やっぱり一番必要なのは消費税増税の中止。10%となれば税収は所得税や法人税を超え消費税頼み。世界経済はトランプ大統領という政治リスクで格段に不安定、また日本の国内では格差拡大、新たな産業への転換も未… https://t.co/FkZ6CmNSS32019-07-09 13:45:11 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    この間一貫して消費税増税は愚策とツイートしています。令和新撰組のように消費税ゼロという意見があっても良いし、今回の消費税増税は最悪という立場でも良い。兎に角今はダメ、ダメなものはダメ、なのです。どんなマニフェストよりもパンチがあって、野党だけでなく与党も引き寄せられます。 怯まず2019-06-24 17:33:34 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    解散は望むところだ、安倍政権による消費税増税を認めない。全力で闘うと宣言することが野党第一党の役割だと思う。この国の経済にも、また世界経済の一翼を担うものとしてもそれは愚策だとしっかりと訴えるべき。日本の経済が本当に持続可能性を持って成り立つ為に、立憲民主党は脱原発を掲げ ている2019-06-24 09:58:49 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権に対する内閣不信任はアベノミクスの失敗と外交安全保障上の対米追付い始め山ほどありますが、 過去の失策以上に、これからやろうとしている消費税増税をやめさせるという未来を見据えた不信任であるべきです。立憲民主党の掲げる原発ゼロや格差是正の為の賃上げは、その上での社会経済政策。2019-06-23 18:55:56 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    私は元々消費税に絶対反対の立場ではない。格差税制であることを前提に、まず何よりも格差是正の為にその使途を考えると言う立場で、中小零細企業の社会保険料負担に使うべきとも考える。しかし今はあまりにもタイミングが悪く、リーマンショック以上の経済破綻を引き起こす。立ち止まり経済立て直しを2019-06-23 16:53:27 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    本気で内閣不信任提出に臨むべきという玉木国民民主党代表の言葉はその通り、そしてその本気度は消費税増税増税反対の一本にかかる。かつて土井多賀子党首率いる社会党が参議院選挙を勝利に導いた時、山は動いたという名句が残った。政府が今回の参議院選で消費増税を掲げるのだから、必ずや山は動く2019-06-23 16:46:49 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    内閣不信任提出の理由も絞った方が良い。確かにこの間の安倍政権の政治の私物化は酷すぎるし、三権分立を壊し行政を忖度させて、立法府は骨抜き。 年金問題も責任放棄。でも数々の悪業の一つに今秋の消費税増税を語れば、国民の批判の矛先は分散して、経済危機に進みかねない消費増税を止められない。2019-06-22 18:56:18 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今野党に求められる力は、今秋の消費増税凍結を求め、大きな国民の塊を作れるか否かである。その為にもまず立憲民主党内にある消費増税幻想を乗り越えなくてはならない。確かに民主党時代、非正規雇用から正規へ、と併せ消費税を社会保障に使い安心できる社会を訴えた。しかし政権は自公になり状況悪化2019-06-22 17:09:43 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今、消費税増税ではないだろう!と、このことは繰り返し主張して良い。まして今回の消費税の使途は、本来の税の役割である格差是正とは真反対で、中間所得層以上にしかその恩恵はなく、最も潤うのは消費税の払い戻しを受ける輸出企業、即ち大企業なのだから。それ以上に経済への打撃は計り知れず不況に2019-06-22 17:01:30 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    私は消費税を福祉目的税に、或るいは税と社会保障の一体改革と称して社会保障財源を消費税に求める立場には立たないが、もしも消費税を使うとすればまず何より格差是正、即ちこの30年の非正規雇用拡大を止める為に使うべきと思う。具体的には中小企業の社会保険料負担の半分に税金を投入、正規雇用に2019-06-17 06:42:01 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    少なくとも2007年の政権交代前後にはそうした議論があった。その後の税と社会保障に一体改革もその視点の上にあり、消費税増税をして社会保障の充実を、となったがこの間の安倍政権は消費税の使途をどんどん拡大、結局全てを消費税頼みにして、実は社会保障は放り出している。その結果の自己責任論2019-06-17 06:35:14 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    日本では本当に子育て支援が手薄い。0歳から5歳までの子供を持つ家庭では児童手当をもらっても税金納め保険料支払いなどしたら、かえって格差が広がる。即ちお金持ちの人への税金はあまり高くなく、中間層には社会保険料が高く、おまけに消費税はお金のない人にも容赦ない。そして児童手当は少ない。2019-04-26 20:49:09 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    一昨日衆議院本会議で子ども子育て法案に反対討論。これから幼稚園や保育園の負担が減ると期待している保護者も有るのに、何故と思われるかもしれない。今回の3歳から5歳の無償化は消費税増税分が財源、待機児童には何の給付もない。ゼロから2歳は低所得家庭のみ。最も深刻な保育士不足対策おざなり2019-04-11 07:05:04 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    かつては社会保障を、今度は教育を名目にして消費税を上げる構造は、消費税を目的税として何か国民に恩恵のあることを売りに認めさせようとする。しかし社会保障にしても教育にしても、国の一般財源の中できちんと優先順位をつけて配分されるべきもので、 消費税の分だけの社会保障や教育に限られない2019-04-03 20:35:06 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    幼児教育無償化の財源は本当に消費税でよいのか?消費税導入に際して、社会保障財源にすると言う触れ込みも如何なものかと思ってきたが、全世代型の社会保障という名目でついには幼児教育までここに入れ込んだ。教育費は教育費としてきちんと一般財源を確保すべき。教育の為に消費増税となるのは必定。2019-04-03 20:28:24 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今日は内閣委員会で子ども子育て法案強行採決。幼児教育の無償化と言うが、一部の中、高所得家庭の3歳から5歳児の自己負担が軽減されるだけで、ゼロから2歳児は住民税非課税世帯世帯のみ。待機児童は全く恩恵なく、あまりに不平等。財源は消費税… https://t.co/I5dBUnUfYv2019-04-03 20:18:27 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権のこの国会最大の売り?である「幼児教育無償化」の為の子ども子育て支援法改正案の審議が衆議院で始まった。無償化といっても、3歳から5歳の幼稚園児、保育園児の保護者負担分を消費税から出すという内容で、実は法案の何処にも無償化という文字はない。安倍総理のふる旗と実際の中身に違い2019-03-16 19:06:41 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    日本の消費税論議は原点に引き戻す必要がある。社会保障保障を単に年金、医療、介護、子育てなどの項目にバラバラにする前に、果たして社会や生活を保障する働き方があるかどうかを問わねばならない。消費増税ができるような体力とは、人間らしく働くことが保障されて始めて可能となる。逆さではない。2018-10-16 10:50:05 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    労働者派遣法に始まる働き方の不安定化が、若い世代から人生設計を奪い、また賃金も国民総生産も増えない元凶である。それを放置して社会保障の充実の為消費税云々もあり得ない。非正規が4割になり年金や医療保険すら企業が負担しないような現状を、政治は先ず解決すべき。増税による景気の悪化も必定2018-10-15 23:02:59 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権が消費増税に踏み切ると厳命。社会保障を全世代型に変える為、併せて景気の落ち込みへの対策も打つと。しかしこの処方箋は近年の格差拡大や消費の低迷の根本に全く触れないまま、目先の対策に終始。社会保障の充実に消費税を当てる云々以前に、社会の根幹を支える働き方を変えるのがまず先決。2018-10-15 22:15:35 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    本日午後に本会議採決されるこども・子育て支援法改正案は、規制改革会議コピペのような法案。安倍総理の二兆円パッケージで、消費税増税では賄えない分の三千億円を事業主に負担してもらう代わりに、財界の求める保育の規制緩和を進め、保育園に参入したい派遣業者や株式会社に便宜を図るもの。2018-03-16 09:34:24 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区)
  • abe_tomoko
    これってあまりに酷くない?「抱きつき、パクり解散!」とでも言うべきか。安倍総理は解散の大義名分は、消費税の使途変更、即ち10%への増税分を借金返済ではなくこどもの教育に当てると。この一年間民進党内で前原現代表の下で論議してきた中身。「人への投資」も、蓮舫前代表のスローガン。2017-09-19 06:23:49 by あべともこ(衆議院議員・小児科医)