無償化の検索結果

「あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • abe_tomoko
    今回の幼児教育無償化にも同じような危険性がある。指導監査すらまともに行われていない無認可施設まで無償化の対象になることも含めて、保育の質や子どもへの安全配慮は全く眼中にない。何を焦って、又誰の利益の為に保育所を作り、無償化云々を行うのか?子どもの保護や健全な生育を犠牲にした愚策。2019-05-15 06:17:05 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今朝は鵠沼海岸駅で朝の街頭。時々の国会報告や地元イベントへのお誘いをする。国会では子どもの為ではない子ども子育て支援法改正案が成立、子ども本来の育ちを大切にする保育や教育が片隅に追いやられる。子育ての経済的負担の軽減という名目で。手作りで保育や教育を模索してきた施設は無償化の枠外2019-05-13 06:41:49 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    ゼロから2歳の住民税非課税世帯は保育料無償化とかいうが、そもそもそうした世帯は自治体からの減免を既に受けているから、今回の措置で負担軽減になる訳ではない。同様に低所得世帯の大学生に給付型奨学金というが、対象はこれまでより絞り込まれる。結局低所得配慮をしたというポーズだけで実利なし2019-05-12 15:54:26 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    元々日本ではゼロ歳から2歳までの子どものいる家庭は、税や社会保険料等を負担してそれが児童手当その他で再分配されても、負担した分の方が大きいという逆転現象がある。出生率を上げる云々とは全く矛盾しているが、さらに3歳から5歳時の家庭での無償化が高所得層に恩恵が大きい分、再分配は後退。2019-05-12 08:37:52 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    先週金曜子ども子育て支援法改正案が成立、3歳から5歳の子ども達の保育料や幼稚園の「無償化」が今秋の消費増税とともに始まる。文字通り無償化ではないことはさて置いても、子育て世代には更に格差が広がる。家庭が負担する税や社会保険料負担と、貰う手当や無償化を比べると、再分配機能は更に後退2019-05-12 08:29:03 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    子ども子育て支援窓口も児童相談所の新たな設置も自治体にとっては財政的にも人材的にも負担。でも子どもに手厚くした自治体は人口が増える。世田谷区や明石市や奈良市は積極的に取り組む。子ども達を健やかに育てるのにかかるお金は必ず地域に還元される。 幼児教育無償化でお金ばら撒くよりも懸命。2019-04-26 19:43:43 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    指導監督基準を満たさない認可外保育園は、五年間のうちにコレを満たせばよしとされて無償化の対象。一方で良質な幼児教育を提供してきた施設は、定型外だといって五年間も対象外。本当にこどものこと、幼児教育の大切さを考えていないばら撒き政策が今回の無償化である。子供の教育は消費増税の隠れ蓑2019-04-15 14:43:24 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今朝は地元辻堂の手作り幼稚園砂山園に。子ども達に外遊びや絵本の読み聞かせなど、創意と工夫に溢れ子ども達もイキイキしている。実は何より保育士さんがイキイキしていていい感じ。でもこうした手作り園は基本的には今度の無償化の対象外、国会審議の最中にも与野党が取り上げたが五年内の再検討と2019-04-15 14:34:05 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    一昨日衆議院本会議で子ども子育て法案に反対討論。これから幼稚園や保育園の負担が減ると期待している保護者も有るのに、何故と思われるかもしれない。今回の3歳から5歳の無償化は消費税増税分が財源、待機児童には何の給付もない。ゼロから2歳は低所得家庭のみ。最も深刻な保育士不足対策おざなり2019-04-11 07:05:04 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    もちろん今回の幼児教育無償化に反対する理由はその財源論だけではない。余りにも不平等で、子育て世代に分断を生み、おまけに保育や教育の質や安全性はお座なり。認可外保育園やベビーシッターまで無償化の対象にするが、指導監督基準を満たしているのは半数にも満たない。子どもの命や育ちは保障せず2019-04-03 20:40:18 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    幼児教育無償化の財源は本当に消費税でよいのか?消費税導入に際して、社会保障財源にすると言う触れ込みも如何なものかと思ってきたが、全世代型の社会保障という名目でついには幼児教育までここに入れ込んだ。教育費は教育費としてきちんと一般財源を確保すべき。教育の為に消費増税となるのは必定。2019-04-03 20:28:24 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今日は内閣委員会で子ども子育て法案強行採決。幼児教育の無償化と言うが、一部の中、高所得家庭の3歳から5歳児の自己負担が軽減されるだけで、ゼロから2歳児は住民税非課税世帯世帯のみ。待機児童は全く恩恵なく、あまりに不平等。財源は消費税… https://t.co/I5dBUnUfYv2019-04-03 20:18:27 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    よーく考えるべきだ。子どもは保育の場を選べないし、幼稚園も選べない。 預けなくては働けないから、質には目をつぶって預けざる得ないという親御さんもいるだろう。果たして子どもはどんな思いで日々を過ごすだろうか。取り返しのつかない人間形成の大事な時間、無償化の前にまず保育士配置の充実を2019-03-20 21:44:58 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    子ども子育て法案改正による幼児教育、保育の無償化ってやっぱり変。法案をよく読むと施設利用料として給付されると言う。人材育成の為の幼児教育が目的だったはずなのに、施設利用料だから認可外でもベビーシッターでも良いのかも。質は問われず、保護者の負担軽減が第一で、子どもはどこか置き去り。2019-03-20 21:33:00 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    「幼児教育無償化」の陰で、実は公立保育園の民営化が進み、手作り幼稚園も消えてしまうとしたら、本当の意味で豊かな保育や教育は無くなってしまう。多くの障害児や個性ある子ども達を受け入れてきたこれらの園こそ、一番大事な子ども達の成長の保障と子育ての大変さを抱えた保護者への支援でもある。2019-03-18 13:16:34 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    遡る小泉改革時代に、公立保育園に対する交付税措置は一般財源化され、其々の自治体の裁量に委ねられた。今回消費増税を財源とする3歳から5歳の保育、教育無償化費用は、公立保育園では市の財源から全て出すことになり、国や県は負担しない。これまで市が奨励費を出してきた手作り幼稚園も同様の扱い2019-03-18 10:42:48 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今国会の目玉である子ども子育て支援法改正のよる「幼児教育無償化」には待機児童を増やし保育の質の悪化を招くなど諸々の問題があるが、更に公立保育園や手作り幼稚園の存続を危うくすることは殆ど知られていない。公立保育園や自治体が奨励金を出す幼児教室には、無償化の為の国や県の補助は基本ゼロ2019-03-18 06:46:29 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今無償化と言われちょっとほっとしている保護者も、よく考えれば質の良い保育や幼児教育を何より望んでいるはず。立憲民主党では希望する子ども全員に保育教育の完全保障と、保育の質の確保を掲げてきたが、それはまず保育士さんの手厚い配置から始まる。無償化の前にまず保育士の待遇と労働条件の改善2019-03-16 22:39:00 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    事実としては保育園、幼稚園費用の保護者負担分の一部軽減程度で年齢的ににも3歳から5歳だけ。またゼロから2歳までは低所得世帯に対しての負担軽減に限定している。給食費は自己負担でかえって負担の増えることになる家庭もあり、無償化には程遠い。更に最も問題なことに、保育や教育の質は置き去り2019-03-16 19:14:45 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権のこの国会最大の売り?である「幼児教育無償化」の為の子ども子育て支援法改正案の審議が衆議院で始まった。無償化といっても、3歳から5歳の幼稚園児、保育園児の保護者負担分を消費税から出すという内容で、実は法案の何処にも無償化という文字はない。安倍総理のふる旗と実際の中身に違い2019-03-16 19:06:41 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    統一地方選挙が迫ってきて、神奈川の各地域でそれぞれの候補者が、思い思いの工夫で地域の皆さんに訴えかけをしている。立憲民主党神奈川県連では原発ゼロ、中学校までの給食完全実施と無償化、カジノはいらない、を掲げて、また地域の各々の課題を受け止めて全力で取り組みます。どうかあなたのお力を2019-03-16 10:53:15 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権は幼児教育から高等教育に至るまで、国家主義的に管理を強化しようとするばかりで、教育に対しての根本的な理念がない。第一次安倍政権が教育基本法の改悪に手をつけ、更に無償化で自分達に都合の良い教育像を作ろうとしているのでは?支配の手段としての無償化なら、タダほど怖いものはない。2019-02-02 19:24:41 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    消費増税に伴う安倍政権の目玉は幼児教育と高等教育の無償化。しかし前者は、希望者全員の保育所受け入れ体制も無く、保育の質や安全性の担保もない、更に所得の高い家庭程恩恵の大きい格差拡大策。後者は、低所得世帯に対する学費援助の一方で、運営費交付金の成果主義的配分により大学への支配を強化2019-02-02 18:50:48 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    1959年1月1日、キュウバがアメリカの支配から独立して革命政権を樹立して60年、その大きな柱が医療と教育の無償化であったことが、幾多の困難がありながら現在に至る国家の基盤になっている。他方日本では近年教育の格差が進んで若者が希望を失い、また医療費抑制が高齢者を不安に陥れている。2019-01-10 20:54:26 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今の待機児童対策も幼児教育無償化論議もどこか歪んでいる。一番大事なものが、こどもの命であり、教育も含めて育つ権利であるのに、安全の為の自治体による保育士加配を止めさせて待機児童を減らすなどは本末転倒。教育無償化も、教育の質の担保が一番で、塚本幼稚園のような洗脳教育なら害悪。2018-03-16 10:46:30 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区)
  • abe_tomoko
    さらにアワヨクバ教育の無償化には憲法改正が必要と言い出すかもしれない。この安倍政権に対して、もう一つの国民の選択肢に民進党がなるべく、幼児教育の無償化に本当に必要なものは憲法改正ではなくて、また単に財源だけでもなく、保育人材の確保と主張。賃金は勿論、保育士を続けられる働き方。2017-09-19 07:08:15 by あべともこ(衆議院議員・小児科医)
  • abe_tomoko
    それでも百歩譲って、安倍総理の教育、とりわけ幼児教育からの無償化はよいことだから、民進の提案を取り入れたと評価すべきか?しかし似て非なる点がいくつも。まずは待機児童がこれだけ増える中で、無償化はその家庭には及ばない。まして数だけ増やした保育園では人手不足。事故多発、保育の劣化。2017-09-19 06:35:24 by あべともこ(衆議院議員・小児科医)
  • abe_tomoko
    家族や家庭の持っていた安らぎや支えあいは、実は社会的に代替出来るものではない分、家族政策や家庭への支援が不可欠な時代。いわゆる中間層がもっとも税負担が重く、支援策は少ない社会を変えなくては。企業ももはや家族を守ることもない。だから所得制限をつけない給付が不可欠。まず教育無償化。2017-08-24 19:50:48 by あべともこ(衆議院議員・小児科医)
  • abe_tomoko
    民主党時代に「コンクリートから人へ」と謳ったスローガンはさらに「コンクリートから人へ、自然へ」と言い換えられてよい。人へ、はより明確に幼児期からの保育・教育の無償化に、そして環境保全の為にもきちんと予算を振り向ける。こどもの貧困が強いては社会の崩壊を招き自然災害が国土崩壊を招く。2017-08-22 12:56:25 by あべともこ(衆議院議員・小児科医)
  • abe_tomoko
    今日の民進党大会で一番迫力があったのはゲストとして招いた経済学者の井手さん。勿論蓮舫代表も原発ゼロ実現の前倒しや、こどもの貧困支援や教育無償化を必死に訴えた。井手教授の話は更に踏み込んで、高度経済成長幻想からの脱却とそれでも誰をも切り捨てない社会を提示し、民進党に期待する趣旨。2017-03-12 19:12:17 by あべともこ(衆議院議員・小児科医)