産後ケアセンターの検索結果

「あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • abe_tomoko
    雨足が強い。今日も何処かで育児の辛さを抱えたお母さんがこどもの虐待に追い込まれてるかもしれない。指導や助言などよりも、とにかく眠らせて、赤ちゃん抱いていて、お手洗いにゆっくり行かせて、だから誰かの手が欲しいのである。産後ケアセンターは待った無し、特別でなく産後の誰もが必要とする。2019-06-15 17:27:55 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    新潟県長岡市で三ヶ月の赤ちゃんをお母さんが床に投げつけて死なせてしまった事件が報道されている。夜中に何回も赤ちゃんが起きて、お母さんはその為に不眠から鬱となっていたと。切ない、あまりにも切ない。泣くのが仕事の赤ちゃん、生身のお母さんには助けがない。産後ケアセンターはそんな時の為。2019-06-14 19:32:44 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    いま一番防ぎたい児童虐待の芽は小さな日常にもある。妊娠中のママ予備軍の一割が鬱、出産後はさらに増える。 昼夜の別なく、また理由もわからず泣く赤ちゃんを前に、逃げた出したくなるママも多い。体調もまだ回復しない中、誰かにそっと手助けして欲しい。産後ケアセンター、一日も早くあちこちに。2019-04-26 19:52:14 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    緑が深くなってきた早朝の国会、生憎天気はよくない。産後ケアセンターの設置法の与党との最終的な詰めの会議がある。昭和二十三年制定の児童福祉法に根拠をおくか、その後に作られた母子保健法にするか、核家族化と晩婚化で孤立しがちな昨今の出産… https://t.co/CG3QGPsiBG2019-04-24 07:20:08 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    産後ケアセンターは目下区長選挙真っ最中の世田谷区長保坂展人さんから頂いた宿題。世田谷区では出産する七割の産婦さんが頼りとする実家がない。遠い、親も働いている、或いは晩婚で親も高齢、介護が必要等々。桜新町に開設の産後ケアセンターに区も支援しているが、何と旅館業扱いと。根拠法が必要2019-04-17 06:52:13 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今朝は七時半から産後ケアセンター法で与党と打ち合わせ。昨年五野党一会派で提出した法案なので、与党とも調整して何とか成立を図りたい。今年に入り成育基本法ができて、その具体的な中身にもなる。出産後の母体の回復と子育てのウオーミングアップに、例えて「街中の実家」、子育てを孤立させない。2019-04-17 06:40:46 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    立憲民主党始め五野党一会派で昨年6提出した産後ケアセンター法案も、産褥期のお母さんと赤ちゃんを支える仕組み。母子手帳が大事な母子の命の記録であると同様、命を愛おしむ心をお母さんや家族に育てて いく。母子手帳の交付にも辿り着かない人や産後うつのためにも、身近な自治体の取り組みが重要2019-04-05 15:43:49 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    産後ケアセンターはどんな家庭にも必要なもので、その意味ユニバーサルサービスとして使えるようにしなければならない。特別なハイリスク妊婦云々は、かえってハードルを高くして、リスクの高い人を遠ざける結果になる。 街中の実家、と銘打って誰でもいつでも産後のあなたを支えます、とするのが一番2019-03-20 07:27:01 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    昨年の結愛さんの事件を受けて、私が最も急いだものは産後ケアセンターの設置だった。出産後の心身共に不安定な時期を、実家にはなかなか頼れない昨今の家庭事情の中で、産褥期の身体の回復から、寄り添い、行政的支援まで繋げる場としての産後ケアセンター、それがあれば心愛さんの母親も支えられたと2019-03-20 07:06:15 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    心愛さんのお母さんだって、下の妹を低体重で産んで、自分も産後の肥立ちが悪くて、もしも産後ケアセンターがあったら、夫からのDVも含めて相談が出来ただろうと思うと、残念でならない。DVの相談はなかなか打ち明けられないけれど、自分が守ら… https://t.co/IsSSsL5fQM2019-02-22 14:06:54 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    そんな時、ちょっと体を休めて、あるいは泣く赤ちゃんを誰かが抱っこしてくれて、少しゆっくり眠れたり、食事が取れて、辛さを相談できて、自分一人じゃないと思えて、もちろん必要な福祉が利用できるかどうかも自治体に繋げてくれる、それが産後ケアセンター。一日も早くあちこちにできる為の法律を。2019-02-22 13:58:27 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    成育基本法の成立の折に、野党から強く求めてまだ動きだしていないのが産後ケアセンター設置法。核家族が増え親は頼れず、或いは母親になる女性も少ない兄弟、姉妹の中で育って赤ちゃんを身近にしたことがない。出産の疲労も癒えぬまま、自前のリズムで要求を出す赤ちゃんに苛立ち、ブルーになりがち2019-02-22 13:54:32 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    児童虐待の深刻さと関係機関の対応の不備、或いは過ちを前に、児童福祉司の専門性の強化、学校始め子供に関わる側が子供の権利を自覚すること、等が急務となっている。その一方で親を励まし本来の育児の力を発揮させる施策は殆ど言われない。産後ケアセンターは慣れない育児と産後の身体を支える仕組み2019-02-22 13:44:36 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    昨年の六月野党共同提案で産後ケアセンター設置法案を提出、この国会で是非成立させたい。心愛さんのお母さんは、第二子が低体重で生まれて糸満市が経過をみていたが、産後ケアセンターがあれば親子の居場所となり、家庭の状況の把握や夫からのDV… https://t.co/1gHXqn0wPo2019-02-10 15:16:35 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今朝も朝街頭。改装中の藤沢駅北口、勿論寒い。一番身近な国会報告と思い、チラシを作り地方議員の皆さんやボランティアスタッフと配布。昨日たまたま「産後ケアセンター設置法案」説明に自民党小泉進次郎さんの部屋にお邪魔したが、ポスターには0歳からの国会報告と。これもなかなかのキャッチコピー2019-01-30 07:19:00 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    出産後の回復期にも、或いは心身のケアの必要な時も、母子が身を寄せられる施設は実はありません。お産は身二つといいますが、産褥期を含めてお母さんは自分の疲れを抱えながら、子どもという新しい存在のケアもしなくてはならず、誰かの助けがなければ保ちません。街中の実家産後ケアセンターは不可欠2019-01-03 08:31:15 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    ご高齢者にはショートステイ等が有るのに、産後の母子にとって、何故そうした滞在型の支援が無いのか、ずっと考えてきました。そこで出会ったのが産後ケアセンター、これだと思いました。介護の社会化同様、育児の社会化が必要なのだと。加えて沖縄市の若年出産の母子へのデイのように、日中の居場所も2019-01-03 08:24:59 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    「全ての子どもにグッドスタートを」と願いつつ、まず子どもの誕生をしっかりと支える為には何よりお母さんの安定が大切。産後ケアセンターはお母さんの産後鬱の予防や育児の孤立を防ぎ、強いては虐待などに陥ることのないよう支援を繋げる場。核家族や地域と隔絶した現代の育児の大変さは文明的課題2019-01-02 15:49:37 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    産後ケアセンターの特徴は、出産後の母子が一緒に滞在、 産褥期の母体の回復や授乳の為の乳房マッサージを始め、慣れない育児の心身への負担のサポート、孤立感の解消等必要な支援のメニューが揃っていること。産院から4、5日で退院した後10日 間 前後、また四カ月迄は利用可能で一泊三千円程と2019-01-02 12:09:33 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    産後ケアセンターは、世田谷区長の保坂展人さんから頂いた要請で、自治体が支援する形で世田谷区で始まった産後ケアセンターは、助産師学校との コラボで大変人気の施設であるにも関わらず、旅館業と同じ扱いでしかない。母子支援の一環にきちんと位置付けることで、より広く各地で実現出来るようにと2019-01-02 11:54:08 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今年は出産後実家に帰ることのできない産褥期の母子の為の産後ケアセンターの設置を可能とする法律を成立させたい。私が40年以上前に出産した時も、実家の母は心筋梗塞で頼ることは出来ず、義姉に助けられて何とか切りぬけた。今はとりわけ都会で出産する七割が実家に頼れないと。街中の実家は不可欠2019-01-02 11:34:15 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    産後ケアセンターは、東京世田谷区では保坂区長の下、助産師会が委託運営している。2年程前に区長からこの施設に法律的に根拠を持たせる方法はないか?と要請を受けた。児童福祉施設にするか、母子保健施設にしないとただの宿泊業となってしまう。その為の法律改正を検討して、与野党で合意が出来そう2018-12-26 17:40:41 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    沖縄助産師会が補助金以外に自分たちで寄付を集めて作ったこの施設では、出産、入院以外にマタニティ体操やベビーマッサージ来る親子もいて、ヤンママにも来やすい雰囲気。彼女らに対しては今は通いのサービスしかないが、産後ケアセンターが出来れ… https://t.co/lD1cE6c6FY2018-12-26 17:27:21 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)