社会保障の検索結果

「あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • abe_tomoko
    参議院選挙あと一週間、野党第一党の立憲民主の役割は争点を消費増税凍結として凝集させて打ち出すことだと思う。年金問題も社会保障の国の責任放棄、信頼回復を訴えることは重要だが、その為にも何が何でも消費増税は止めねばならない。秋田ではイージス・アショア問題で、宮城では消費税 で対峙明確2019-07-14 12:19:39 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今朝は立憲民主党参議院議員候補の牧山さんの宣伝活動六時半から辻堂駅。 七月四日から始まった選挙戦、ちょうど一週間、立憲民主党の掲げる消費増税凍結と持続可能な経済、年金始め社会保障の信頼回復、安倍政権による憲法改悪反対と平和外交等を書いた政策集も配布。加えて横浜カジノ誘致は絶対反対2019-07-11 06:24:19 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権の問題があまりに多すぎて 消費増税が並列の論点になっているが先ず凍結が不可欠。年金二千万円問題も、真に持続可能性がないのは若い人の雇用崩壊、そして医療や介護負担があればさらに不足となる。選挙の感心テーマが常に社会保障といわれるが、中でも医療や介護の保険料や負担上限こそ重要2019-07-09 13:56:01 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今野党に求められる力は、今秋の消費増税凍結を求め、大きな国民の塊を作れるか否かである。その為にもまず立憲民主党内にある消費増税幻想を乗り越えなくてはならない。確かに民主党時代、非正規雇用から正規へ、と併せ消費税を社会保障に使い安心できる社会を訴えた。しかし政権は自公になり状況悪化2019-06-22 17:09:43 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今回の消費増税は党を挙げて、日本経済と世界経済の低迷を招かぬ様、反対すべきである。民主党時代の税と社会保障の一体改革云々と言う問題の立て方を超えて、内向きな視野に立つのではなく、世界経済の中での日本の役割を自覚すべき。地球温暖化とトランプの私利私欲政治で災害と戦争が迫っている。2019-06-22 12:11:45 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    立憲民主党が誕生して一年八ヶ月余り、主権在民、基本的人権、そして平和主義を根幹に置くという意味で、憲法体系を今一度しっかりと政治の中心に取り戻そうとする政党として有権者の支持を頂いたと思う。多様な個人の自由や権利を基本に、公正な経済活動によって成り立つ社会、かつお互い様の社会保障2019-06-18 06:48:22 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    私は消費税を福祉目的税に、或るいは税と社会保障の一体改革と称して社会保障財源を消費税に求める立場には立たないが、もしも消費税を使うとすればまず何より格差是正、即ちこの30年の非正規雇用拡大を止める為に使うべきと思う。具体的には中小企業の社会保険料負担の半分に税金を投入、正規雇用に2019-06-17 06:42:01 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    少なくとも2007年の政権交代前後にはそうした議論があった。その後の税と社会保障に一体改革もその視点の上にあり、消費税増税をして社会保障の充実を、となったがこの間の安倍政権は消費税の使途をどんどん拡大、結局全てを消費税頼みにして、実は社会保障は放り出している。その結果の自己責任論2019-06-17 06:35:14 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権が揺らぎをみせている。まず第一はもみ消しに必死な年金問題、ついであまりに杜撰にイージス・アショア配備問題、そして規制緩和の司令塔の国家戦略特区の闇が次々露見しだした。社会保障はないがしろ、外交安全保障はポーズだけ、経済や社会を根本から崩壊させる規制緩和に、しっかりと対案を2019-06-14 11:28:03 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    既に2007年の政権交代の時に、民主、社民、国民新党の三党の政策合意に労働者派遣法の改正を挙げたには訳があった。1985年以降、歯止めのない非正規雇用の増加は年金だけでなく社会の持続可能性を壊し、少子化は止まらない。人間を使うとは社会保障費を雇用主がきちんと払うこと、使い捨て厳禁2019-06-13 06:48:28 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    社会保障もつけずに企業が人を働かせるとはどういうことか、年収二百万円出すのがきついという企業は、人間が明日に英気をつなぐ為に必要なものを知らない。そんな社会に持続可能性はない。一方で自営業にも在宅勤務も含めた新しい働き方が増えて、年金始め社会保障が課題。2000万円不足以前の問題2019-06-06 23:20:47 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    どんな調査でも社会保障が一番の国民の関心事、暮らせる年金、現物給付としての医療、介護、住宅保証、これらに野党が政策を示し、現在の与党よりも信頼を得るかどうかである。1985年労働者派遣法以降次々と非正規雇用が拡大、今や四割にも及べば社会も社会保障も当然崩壊する。まず骨太の主張を。2019-06-06 21:05:02 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    解散風が強くなり、与党はどんな不祥事もほっかむり、国会審議は拒否、専ら外交と令和で露出度を増す安倍総理、メデイアは与党の不実を批判する以上に野党バラバラを報道してウケ狙い。ではどうやって野党は国民の信頼や期待を得るのか、今こそ地道に社会保障の再建を主張すべき。年金改革はその一歩。2019-06-06 20:50:23 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    社会保障放棄のような発言が金融庁からも、またあの麻生財務大臣からも続いている。若いうちから資産運用、株や海外債券買えとか、賃金上がらず日々の暮らしに追われるているのが現実なのに。おまけに若い人たちの年金への不信も増す。でも政府が投げ出した分、野党のチャンス、分かち合う社会保障像を2019-06-05 08:30:25 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    かつては社会保障を、今度は教育を名目にして消費税を上げる構造は、消費税を目的税として何か国民に恩恵のあることを売りに認めさせようとする。しかし社会保障にしても教育にしても、国の一般財源の中できちんと優先順位をつけて配分されるべきもので、 消費税の分だけの社会保障や教育に限られない2019-04-03 20:35:06 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    幼児教育無償化の財源は本当に消費税でよいのか?消費税導入に際して、社会保障財源にすると言う触れ込みも如何なものかと思ってきたが、全世代型の社会保障という名目でついには幼児教育までここに入れ込んだ。教育費は教育費としてきちんと一般財源を確保すべき。教育の為に消費増税となるのは必定。2019-04-03 20:28:24 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    自民党の厚労部会では新たな在留資格の外国人に対して、社会保障費をきちんと負担しているか、厳密に管理するという。大事なことだが、長年非正規労働者の社会保険加入や労働基準法すらも守られてこなかったことを如何考えるのか。まして、家族を連れてきてはいけない働き方など、どこの国にあるのか。2018-10-31 17:51:57 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    日本の消費税論議は原点に引き戻す必要がある。社会保障保障を単に年金、医療、介護、子育てなどの項目にバラバラにする前に、果たして社会や生活を保障する働き方があるかどうかを問わねばならない。消費増税ができるような体力とは、人間らしく働くことが保障されて始めて可能となる。逆さではない。2018-10-16 10:50:05 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    社会保障の充実の為の消費増税云々が言われて久しいが、全く当たらない。社会保障と労働政策がバラバラに語られ、働き方がボロボロにされてる事は放置、更に悪化のこの30年余、所詮賃金も上がらず、税収も増えず、企業が非人間的労働を当たり前に要求してきた。今度は在日外国人の新たな在留資格と。2018-10-16 10:44:17 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    労働者派遣法に始まる働き方の不安定化が、若い世代から人生設計を奪い、また賃金も国民総生産も増えない元凶である。それを放置して社会保障の充実の為消費税云々もあり得ない。非正規が4割になり年金や医療保険すら企業が負担しないような現状を、政治は先ず解決すべき。増税による景気の悪化も必定2018-10-15 23:02:59 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    安倍政権が消費増税に踏み切ると厳命。社会保障を全世代型に変える為、併せて景気の落ち込みへの対策も打つと。しかしこの処方箋は近年の格差拡大や消費の低迷の根本に全く触れないまま、目先の対策に終始。社会保障の充実に消費税を当てる云々以前に、社会の根幹を支える働き方を変えるのがまず先決。2018-10-15 22:15:35 by あべともこ(衆議院議員・神奈川12区・立憲民主党)
  • abe_tomoko
    今日は元民主党衆議院議員五島正規さんの偲ぶ会に出席の為、朝から高知に、今は帰る飛行機の中。医師として、振動病やアスベスト被害といった労災を早くから取り上げ、民主党の立ち上げにも深く関わり、引退以降最近は特に野党の不甲斐なさと共闘の必要性を説き、社会保障の後退を強く懸念されていた。2017-02-19 19:12:52 by あべともこ(衆議院議員・小児科医)