米朝首脳会談の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮の金革哲米国担当特別代表が、2月の米朝首脳会談決裂の責任を問われ、銃殺刑に処せられたという報道。妹も謹慎処分だという。もし本当なら、これが独裁国家北朝鮮、独裁者金正恩の実態だ。ナチス、ヒトラーと変わりない。2019-05-31 12:20:43 by 舛添要一
  • loveyassy
    RT @sotokoto_online: 4月の人気記事ランキング第4位は、田中康夫×浅田彰の名論客コンビの憂国呆談。米朝首脳会談の結果、3.1独立運動100周年など、4月も憂ゴトがたくさんありました。 https://t.co/4RKwTScyu8 https://t.co/2019-05-13 22:49:00 by 田中康夫
  • MasuzoeYoichi
    6日夜、安倍首相は、拉致問題解決のため「条件をつけずに」日朝首脳会談を行うと明言。トランプ大統領との電話会談については、新規の要素は含まれておらず「非核化について米朝合意の速やかな実現を目指す」と言うにとどめた。すべては、金正恩の出方次第だ。2019-05-06 23:58:24 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    2月のハノイでの米朝首脳会談で、金正恩が拉致問題の存在を認識し、安倍首相に会うとトランプに表明したという。首相の「無条件に金正恩に会う」という発言をフォローするための、政府の情報リークであろう。金正恩は、見返りに莫大なカネを要求してくる。周到な準備を欠いた「無条件」はありえない。2019-05-05 23:22:30 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    プーチン大統領との首脳会談を終えた金正恩委員長は、26日午後、ウラジオストクから帰国の途についた。ロシアの協力を得たことが、対米交渉にどれだけプラスになるかは不明である。3回目の米朝首脳会談が開かれる見通しは全く立ってない。北朝鮮… https://t.co/FX8TD4TS4d2019-04-26 17:58:37 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮の国営通信は、ハノイでの米朝首脳会談決裂の原因は強硬派のポンペオ国務長官だと批判し、更迭を要求した。これもまた北朝鮮の焦りの表れであろう。非核化を拒否し続ければ、金正恩はまさに出口なしの袋小路に入ってしまう。再選狙いのトランプが下手な妥協をしないことを望む。2019-04-18 18:17:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    金正恩は、3回目の米朝首脳会談を行う用意があると演説したが、トランプは、米朝首脳会談は急がないと表明している。非核化の意思のない北朝鮮にとって、選択肢は限られている。ブログで解説する。https://t.co/e8EKpabK0L2019-04-14 23:04:49 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    12日の最高人民会議で、金正恩委員長は、3回目の米朝首脳会談を行う用意があると演説。一方、文在寅大統領との首脳会談で、トランプ大統領は米朝首脳会談は急がないと表明。非核化の意思のない北朝鮮と「非核化なければ制裁解除なし」のトランプ政権では、問題解決への展望は開かれそうもない。2019-04-13 09:15:00 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    4月11日にワシントンで米韓首脳会談。米朝首脳会談決裂の後、文在寅大統領の支持率も低下。アメリカと北朝鮮の橋渡しをするどころか、かえってトランプ政権の足を引っ張っているような感じだ。文在寅政権の反日親北朝鮮姿勢は日米韓の安全保障協力を危うくしている。2019-03-29 12:28:39 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮が、開城の南北共同連絡事務所から一方的に撤収。米朝首脳会談決裂の後、仲介の役に立たない韓国に対しても、金正恩は不満なのだろう。北朝鮮外交にも変化が起こる可能性がある。2019-03-22 19:02:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮の崔善姫外務次官は、アメリカとの非核化交渉について、北朝鮮指導部が中断を検討していると明言。三度目の米朝首脳会談開催の展望は遠のいている。核施設の再稼働と、国連制裁違反の資金稼ぎ(サイバー攻撃、瀬取り)が加速化しそうである。日米韓の関係の中で、韓国のみが浮遊している感じだ。2019-03-15 14:03:46 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    金正恩にとって、米朝首脳会談決裂は大きなショックだったようだ。非核化の意思はなく、閉鎖されたはずの核施設を再稼働させ、ミサイル発射の準備も進めている。この国は、改革・開放ができるのか。ブログに記した。https://t.co/1KBtB6Hrhd2019-03-14 22:14:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日、北朝鮮で最高人民会議の代議員選挙。選挙区毎に一人を信任投票する。民主主義国とは違い、100%信任されることになっている。ハノイでの米朝首脳会談決裂が不満を呼ばないように、金正恩賛美の宣伝が繰り返されている。しかし、制裁の解除… https://t.co/w4jHqhmcwd2019-03-10 19:33:29 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮が、山陰洞の施設でミサイル発射の準備を進めている。ワシントンポスト紙によると、ハノイの米朝首脳会談より前の2月22日にこの動きが確認されたという。つまり、会談の結果に拘わらず、北朝鮮に非核化の意思はないということである。金王… https://t.co/wIPYtTE6ko2019-03-09 18:04:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、北朝鮮が北西部・東倉里の「西海(ソヘ、Sohae )ミサイル発射場の一部を復旧していることに「大変失望した」と表明。金正恩もまた、先の米朝首脳会談決裂に失望しているはずで、それがこのような対米牽制球を投げることになったのであろう。非核化への道は遠い。2019-03-07 13:21:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米韓の情報筋は、この衛星写真(3月2日撮影)で明白なように、北朝鮮は北西部・東倉里のミサイル発射場で撤去した施設の一部を復旧している。先の米朝首脳会談決裂後に始まった動きだ。金正恩は、昨年9月に文在寅に対して、この施設をアメリカの… https://t.co/GVs4xAYHBz2019-03-06 22:30:00 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北朝鮮北西部・東倉里のミサイル発射場で、撤去した施設を復旧する動きが見られる。先の米朝首脳会談決裂後の動きで、アメリカに対する牽制か。対米交渉戦略の再構築の一環であろうが、暫くは試行錯誤を繰り返すであろう。日米韓の緊密な安全保障協力が必要があるが、文在寅政権の対応が心配である。2019-03-06 13:51:38 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は米韓軍事演習の縮小は費用削減のためで、米朝首脳会談以前に決めていたという。一方、親北朝鮮路線の文在寅政権はこれを大歓迎。問題は、北朝鮮が武力侵攻してきたときに、米韓両軍の練度が落ちて対応できなくなったら困るというこ… https://t.co/YvYHP8BGii2019-03-05 15:40:25 by 舛添要一
  • katayama1122
    2回目の米朝首脳会談は不調に終わりました。不徹底な非核化のまま経済制裁の全面解除を求めた北朝鮮側の要請をトランプ大統領は拒否し、継続協議になりました。私は現在の状況では、日米韓3か国にとってもご本人にとってもベストの選択だったと思… https://t.co/BvB6SCGHvY2019-03-04 17:31:46 by 片山虎之助
  • MasuzoeYoichi
    ボルトン大統領補佐官は、米朝首脳会談決裂は国益にかなうと評価。米国が世襲独裁体制の存続を保証しないかぎり、金正恩は非核化しない。北朝鮮は、対イラン、対北朝鮮強硬派のボルトンを「人間のくず(human scum)」と呼ぶ。これまでの… https://t.co/g02AN4AKRN2019-03-04 08:26:17 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    来年度予算、今日から「再考の府」、「熟慮の府」である参議院で審議が始まる。厚労省統計問題もあるが、北方領土をめぐる日露交渉、米朝首脳会談決裂後の拉致問題、米中貿易戦争の影響、消費税増税対策とアベノミクスなど重要課題が山積。とくに与党は、野党以上に厳しく、知的な質問をしてほしい。2019-03-04 07:28:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    明日、3月3日(日)12:00〜14:00「Abema的ニュースショー 」(AbemaTV)に生出演します。米朝首脳会談の結果について、分かりやすく解説します。https://t.co/dNC24wFkrw2019-03-02 21:30:15 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米朝首脳会談決裂後、金正恩は戦略の見直しを迫られているが、時間がない。制裁で経済が崩壊しつつあるからだが、生命線である核兵器の廃棄はできない。そのジレンマの中で、日本の経済力が強力なカードになりうる。拉致問題解決のチャンスだ。金正恩にとって拉致は非核化よりもハードルが低いからだ。2019-03-02 19:33:01 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    拘束学生死亡の件、トランプ大統領の釈明ツイートの続き。金正恩はハノイを出発して帰国の途へ。今回は、米朝首脳会談の結果、何もお土産を持って帰ることができなかったので、金正恩の威信は低下。帰路、中国で習近平と会談するか否かが注目される… https://t.co/AK0bVxN6vG2019-03-02 12:22:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、米朝首脳会談後の記者会見で、北朝鮮に拘束され解放後に死亡したワームビア氏の件を金正恩が知らなかった述べたが、この発言がアメリカで批判されている。両親は大統領が金正恩を称賛したことを非難。日本の拉致被害者家族も同じ… https://t.co/3PEnIoCs7N2019-03-02 12:16:55 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ハノイで行われた米朝首脳会談は決裂で終わった。なぜそうなったのか、JBpressに寄稿した。トランプと金正恩、二人の指導者の心理状態に焦点を当てて解説する。今後の見通しは明るくない。金正恩は核兵器を捨てる気はない。https://t.co/vnulczjcLz2019-03-02 07:25:12 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日は、朝鮮独立運動「三・一独立運動」から100周年。韓国で様々な行事が予定されている。元「徴用工」訴訟問題にも文在寅政権は対応せず、日韓関係は最悪のままだ。米朝首脳会談が決裂したことに文在寅政権は衝撃を受けているが、親北朝鮮路線にはリスクが伴うことを少しは理解すべきである。2019-03-01 09:45:16 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米朝首脳会談の拡大会議に出席した双方のメンバーについての面白い比較。金正恩側近の方がトランプ側近よりも経験豊富。しかし、超強硬派のボルトン補佐官の参入が、下手な妥協をしなかったことにつながっている。彼がベネズエラ問題で訪越しなかっ… https://t.co/1nBd15oeyZ2019-02-28 22:29:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    安倍首相によれば、米朝首脳会談で、トランプ大統領は拉致問題を提起したという。有り難いが、安倍首相も言うように、日本が自分で北朝鮮と公式・非公式に接触すべきときが来ている。拉致問題を解決できれば、北朝鮮にとって明るい未来が開けることを理解させるべきである。非核化と同じである。2019-02-28 22:13:04 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    米朝首脳会談後、トランプ大統領は単独で記者会見中。金正恩委員長から制裁の全面解除を要求されたが、それをアメリカ側が拒否したので、合意に達しなかったという。ただ北朝鮮との良好な関係は維持するという。こんな結果になるとは、事務的な事前折衝は十分だったのか。外交の常識では考えられない。2019-02-28 16:30:11 by 舛添要一