非核化の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    日韓関係が最悪の状態になっているが、3月1日は三・一朝鮮独立運動100周年記念日。西欧の挑戦に対して、なぜ日本は独立を保て、朝鮮は保てなかったのか。静かに歴史を振り返ることが必要だ。直前の27,28日は米朝首脳会談。非核化、拉致問… https://t.co/24DjALfpXh2019-02-18 19:34:03 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    CSISは、北朝鮮中部サンナムに、中距離弾道ミサイル「ムスダン」の基地が存在すると指摘。これを含め、約20カ所に秘密のミサイル基地があるというが、米朝協議の対象になっていない。このような報告が公表される中で、27,28日の米朝首脳会談は、非核化の実を上げることができるのだろうか。2019-02-16 21:45:15 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    2月末の米朝首脳会談は、ハノイに決定。ダナンとハノイの間で綱引きが行われていたが、北朝鮮が押し切った形だ。首脳会談でもトランプが金正恩に譲歩するのではないか。北朝鮮は非核化に熱心ではないし、経済制裁緩和が目的だ。韓国は北朝鮮に賛意を示している。日米韓協調体制を文在寅が崩している。2019-02-09 10:47:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領が一般教書演説。2回目の米朝首脳会談を予想通り、27,28日にベトナムで開催すると発表した。北朝鮮は真面目に非核化に応じるのか、まだ分からない。それが不明なまま、軽々に制裁解除に応じてはならない。金日成、金正日に騙された過去の失敗をしっかりと検証すべきである。2019-02-06 12:17:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今月末の米朝首脳会談は、ベトナム中部のダナンで開催されることに決定。問題は、北朝鮮の非核化が進むかどうか、トランプ大統領が変な妥協をしないかどうかだ。2019-02-03 09:50:48 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    場所は未定だが、2回目の米朝首脳会談が2月下旬に開催されることが決まった。北朝鮮の非核化は進むのか、また制裁緩和の見通しはどうかなど、注目点が多い。一方、文在寅政権の韓国は親北路線一本槍で、日韓関係も悪化させ、使い物にならない。今… https://t.co/pDyF94lOSd2019-01-19 12:40:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    第2回目の米朝首脳会談を前にして、金正恩は訪中し、習近平と会談した。北朝鮮の非核化は進展するのか、必ずしも楽観的な要素ばかりではない。北朝鮮の行方について考察する。https://t.co/X4UG4S9pFs2019-01-12 08:46:45 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプと金正恩は、近いうちに第二回目の米朝首脳会談を行う予定である。昨年6月のシンガポールでの第一回目の米朝首脳会談の中身を振り返ってみよう。非核化などの課題はまだ山積している。ブログに簡単にまとめた。https://t.co/FSQo2NtgI72019-01-10 21:20:20 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    10時半から行われた年頭会見で、文在寅大統領は日韓関係の歴史には触れたものの、2国間協議に応じるか否かには言及しなかった。知日派の李洛淵首相を中心に対応を慎重に検討しているためだと思われる。米朝首脳会談が近づき北の非核化が実現するという観測と、南北経済協力への期待感を表明した。2019-01-10 12:17:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    覇権争いが激化する中で、米中両国は貿易面で何とか妥協点を見出そうと協議を継続。安全保障面では、中国が北朝鮮に非核化を促せるか。そのような中で、アメリカの同盟国である日韓両国の関係が悪化している。慰安婦、「徴用工」、レーダー照射の三点セット、文在寅政権は解決に向けて動いていない。2019-01-09 14:03:59 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    金正恩委員長、新年の辞で、いつでも米朝首脳再会談を行う用意があると明言。また、経済制裁が緩和されないことへの不満も述べ、制裁が続くなら路線転換もあるると警告した。さらに、「完全な非核化」を進めることを強調。北朝鮮は、譲歩に対する対価がないことに不満を募らせているようだ。2019-01-01 17:23:15 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領は、2回目の米朝首脳会談を来年の1月か2月に再開すると表明したが、北朝鮮の非核化が進展するのか、今のところあまり楽観的な見通しは立てられない。しかも、韓国の文在寅政権の反日姿勢は、対北朝鮮政策での日米韓の結束を揺るが… https://t.co/bvyH9GLFRo2018-12-02 19:00:33 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    アメリカのシンクタンクによると、北朝鮮に秘密のミサイル基地が13箇所あるという。北朝鮮がどこまで情報を開示するか、非核化の行方に楽観は禁物である。2018-11-13 12:07:07 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    平壌を訪問したポンペオ米国務長官は、金正恩委員長と会談した。内容はまだ公表されていないが、北朝鮮は非核化の見返りを求めている。仮に朝鮮戦争の終結宣言が出た場合、それで経済制裁が解除されるわけではない。北の外務次官はモスクワで中露と交渉中。中露韓を北の援軍にする必死の工作中だ。2018-10-07 21:48:35 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    韓国政府は、北朝鮮が20~60個の核爆弾を保有していると明言した。北朝鮮は、朝鮮戦争の終結宣言を求めているが、非核化を進めないままで終結宣言を出しても、あまり意味がない。ポンペオ国務長官は来週に平壌入りするが、非核化の進展を確認できるのかどうか分からない。甘い見通しは禁物だ。2018-10-03 13:44:48 by 舛添要一
  • shimonita
    北朝鮮外相「先に非核化せず」、終戦宣言など要求 (写真=UPI共同) :日本経済新聞 https://t.co/Eh7iLJ6PqT これはおかしい。2004年に6者協議で非核化を宣言したはず。2018-09-30 18:42:53 by 岩崎正春
  • MasuzoeYoichi
    核開発について国際社会との約束を遵守しIAEAの査察も受けているイランと、まだ非核化を実行していない北朝鮮。トランプは前者を敵視し、後者を信頼しているが、その姿勢に日欧は異議を唱えている。親イスラエル路線も理由だろうが、イスラエル… https://t.co/3JJ01Y1DMM2018-09-27 23:55:23 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    朝鮮戦争は休戦しているだけで、まだ終結していない。北朝鮮の非核化を見届ける前に、前倒しで終結宣言を出すことの問題点をよく考える必要がある。中間選挙用のトランプ大統領の人気取りのために、軽々に判断されては将来に禍根を残す。韓国が休戦協定に調印していないこともまた、歴史的事実である。2018-09-26 23:01:22 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    トランプ大統領、近く2回目の米朝首脳会談が開かれると表明。場所はシンガポール以外で。中間選挙前の人気取りの色彩が濃いが、非核化の実があがる会談にしてもらいたいものだ。大統領解任を図った司法副長官は更迭。政権内でも様々な不協和音が高まっている。しかし、日米同盟の重要性は変わらない。2018-09-25 07:46:29 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    NYで、安倍首相とトランプ大統領が夕食会談。朝鮮半島非核化、拉致問題、通商問題などについて率直な意見交換。アメリカは、今日中国への制裁関税(2000億ドル分に10%)を発動、中国も報復措置。安倍首相は単に対日貿易措置のみならず、米… https://t.co/ffBRrB0n9h2018-09-24 12:06:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    拉致問題解決の目途が立っていない。安倍首相も出席した今日の集会では、被害者家族の苛立ちが目立った。政府は水面下で北朝鮮と交渉していると思うが、これは時間との闘いである。中間選挙で頭が一杯のトランプは、協力はしても非核化を優先する。米国のみならず、中露のパイプも模索してよい。2018-09-23 23:32:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    文在寅によると、金正恩は非核化して経済発展に集中したいという。しかし、西側の民主主義モデルは無理だし、中国の社会主義市場経済モデルも今の独裁体制では採用できないであろう。金王朝を存続させながらの経済成長は、「木に縁りて魚を求む」がごとし。平壌には、まだ鄧小平は出現していない。2018-09-21 09:09:11 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    18日から平壌で南北首脳会談が開かれる。文在寅が金正恩に非核化の実行を迫ることができるか、国連の制裁と抵触しない形で経済協力ができるか。金正恩は、トランプへの伝達者として文在寅を利用するであろう。それにしても、韓国はなぜ自国民の拉致を問題にしないのか。これでは日韓の連携は難しい。2018-09-16 21:12:40 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日は北朝鮮の建国70周年記念日。軍事パレードでは、ICBMは確認できなかったという。非核化を求めるアメリカに対する配慮であろうが、今後、金正恩が本当に非核化を進めていくかどうかは不明である。9月18〜20日に平壌で行われる南北首… https://t.co/VyNYXHvkG92018-09-09 15:13:27 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    朝鮮半島、9月18日から3日間、平壌で南北首脳会談が開催されることが決定。アメリカは、北朝鮮が非核化の措置を実行しているか疑念を抱いているが、その疑念を韓国を通じて晴らすことを金正恩は狙っている。文在寅が騙されて上手く利用されないように祈るしかない。2018-09-06 22:27:11 by 舛添要一
  • hatoyamayukio
    朝鮮半島の非核化問題で蚊帳の外に置かれた日本。南北、米朝首脳会談が行われ平和に向けて大きく動く可能性が生じても、新しい防衛白書にはなぜか「北朝鮮の脅威に変化なし」。役に立たないイージス・アショアなど高額な防衛装備品を買うことにしたばかりだから、北朝鮮の脅威が減っては困るのだ。2018-08-30 08:24:23 by 鳩山由紀夫
  • MasuzoeYoichi
    ワシントン・ポスト紙によると、ポンペオ国務長官の訪朝中止は、朝鮮労働党の金英哲副委員長から「攻撃的な」内容の書簡を受け取ったからだという。金正恩が非核化を進めていないことが明らかになったのだろう。「まず対価を(経済援助)を払え、さもなくば非核化せず」というのが北の独裁者の声だ。2018-08-28 20:01:45 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    スマホアプリ[Himalaya]、『舛添教授の政経の時間!』、今週は、北朝鮮について取り上げます。6月のシンガポールでの米朝首脳会談の後、非核化などの懸案の問題はどうなったのでしょうか。以下で無料配信中。https://t.co/qRn9wl4Bo62018-08-26 08:21:07 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ポンペオ国務長官が、27日に予定していた訪朝を中止。北朝鮮が、非核化の措置を進めていないことが理由だと思われる。今後、どのように非核化を実現させるのか。振り返れば、6月の米朝首脳会談は中間選挙対策としての政治ショーに過ぎなかったの… https://t.co/Ls5DJpKI1t2018-08-25 11:58:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    IAEAの年次報告書によると、北朝鮮は黒鉛減速炉や再処理工場などを稼働させた形跡があるという。北朝鮮は本当に非核化を実行する気があるのか。今後も金正恩に騙され続ければ、トランプ外交は人気取りだけのショーで、ヒトラーに譲歩した「ミュンヘンの宥和」と同じだということになる。2018-08-21 19:25:22 by 舛添要一