20世紀文明論の検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • MasuzoeYoichi
    今、手紙を郵便で出すことはあまりない。パソコンやスマホでメールを送れば済むからだ。これから、郵便配達のニーズはますます減っていくだろう。情報伝達手段の歴史を書く。「20世紀文明論(47)」をブログにアップした。https://t.co/T3J28DB8Mj2018-11-28 21:15:10 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(46)」をブログにアップした。ルノー、日産が毎日世界中の話題になっているが、自動車文明の話をいったん終えて、次は情報通信を取り上げる。江戸の飛脚から始める。https://t.co/2DOOSYzRKy2018-11-22 21:51:49 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    今日、日産のカルロス・ゴーン会長が金融商品取引法違反で東京地検特捜部に逮捕されたが、フランスのルノーと日産を管理下に置く辣腕の経営者であった。自動車文明論を連載している。「20世紀文明論(46)」をブログにアップした。https://t.co/Lc5D2b36dE2018-11-19 23:53:05 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(45)」をブログにアップした。今は、自動車のない経済活動や生活は考えにくい。とくに公共交通機関が十分でない地方では、一人一台というニーズがある。自動車は19世紀末に発明されたが、大衆に手が届くようになったのは、2… https://t.co/h59k5tYfTD2018-11-17 20:48:21 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(44)」をブログにアップした。「ZOZOTOWN」の前澤社長が9月17日に記者会見し、米ベンチャー企業「スペースX」が目指している民間初の月周回旅行を予約したと発表。宇宙への人類の夢は果てしなく続く。https://t.co/2UdyIAuOUI2018-11-14 21:10:17 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「戦前日本の在日朝鮮人」の連載のため、中断していたブログ連載、「20世紀文明論」も、今日から再開。テーマは、宇宙開発。昨日、無人補給船「こうのとり」の小型回収カプセルが無事回収されたが、20世紀に人類は初めて宇宙へ乗り出した。https://t.co/qVUOF6reMY2018-11-12 09:20:09 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    20世紀文明論(42)をブログにアップした。今回から宇宙開発の話をする。ヒトラーも深く関わっている。https://t.co/ne4MZP37xh2018-10-30 16:52:13 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(41)」をブログにアップした。前回までは鉄道の歴史について語ったが、今回からは空を飛ぶ話である。飛行機のおかげで、20世紀は「スピードの世紀」となった。https://t.co/xXoQZRzYbm2018-10-28 21:24:54 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(40)」をブログにアップした。20世紀が「異常な世紀」であることは、鉄道列車のスピードの変化を見ても分かる。21世紀も「スピードの世紀」であり続けるか?https://t.co/O0CIKuTG2i2018-10-26 17:46:57 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(39)」をブログにアップした。台湾で列車の脱線事故が起こったが、鉄道には多くの利点がある。地球温暖化防止にも寄与する。https://t.co/aPNhg1nSJH2018-10-22 21:53:19 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(38)をブログにアップした。引き続き、新幹線について記す。三つのパラドックスが新幹線誕生の背景にある。https://t.co/AedrWYRFzS2018-10-20 22:29:07 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(37)」をブログにアップした。北九州市に住む母を東京から遠距離介護をしたとき、心強い相棒が500系の「のぞみ」で、4時間未満で東京—小倉を繋いで仕事と介護を両立させてくれた。今の700系の「のぞみ」は停車駅が増え… https://t.co/zCIsQqXnXI2018-10-19 13:44:28 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(36)」をブログにアップした。鉄道の開通は、スピードと大量輸送の時代をもたらしたのみならず、生活時間の概念にも大きな変革を迫った。https://t.co/yIUt9Wvd2I2018-10-17 21:54:11 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(35)」をブログにアップした。20世紀には、人や物の移動が革命的にスピードアップした。だから、20世紀は「スピードの世紀」である。今日から、このテーマで20世紀文明論を展開する。https://t.co/DtavEP1jEu2018-10-15 22:11:44 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    北電苫東厚真火力発電所が全面復旧。冬の到来前に一安心。需給のバランスが急に失われると、ブラックアウトになる危険性はどこにでもある。貯蔵出来ない電力の宿命だ。ブログで「20世紀文明論」を連載しているが、20世紀は電気の世紀である。停電を機に、子供たちに電気についてきちんと教えたい。2018-10-10 18:04:45 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(34)」をブログにアップした。9月に北海道を襲った地震で、道内のほぼ全域が停電し、生活が麻痺した。電気の有り難さを痛感したものである。電気のない江戸時代の話がすべて現代に通用するわけではないが、江戸の知恵や生活様… https://t.co/UYakmFatf22018-10-09 09:59:02 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    プラスチック製ストローの廃止が世界で拡大。海洋生物保護のためだが、20世紀の使い捨て文化の見直しにもつなげたい。ブログで「20世紀文明論」を連載しているが、江戸のリサイクル社会の知恵を復活させるべきである。21世紀は、大量生産・大… https://t.co/XJD9NFQ7Yn2018-10-09 07:31:19 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(33)」をブログにアップした。20世紀の石油文明は、プラスチックに代表されるような土に還らない素材で画一的な製品を大量に生みだしてきた。21世紀の今日、プラスチック製品をどう処理するかが国際的な問題となってきている。https://t.co/3gpmZ42FLp2018-10-07 19:30:58 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    ブログの新連載「舛添要一のヒトラー入門」を始めます。第1回目です。私とヒトラーとの出会い、この独裁者を探しての欧州留学など、自伝的な話も含めて、面白く読めるように書き進めます。なお、「20世紀文明論」の連載もまだ続けます。https://t.co/FMZ3fJX9ue2018-10-05 15:35:59 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(32)」をブログにアップした。森林は二酸化炭素を吸収し、酸素を供給するという重要な役割を果たしている。江戸時代の日本人は森林の様々な効用をよく知っており、たとえば薪炭用の木を切るときも、翌年にはまた、同じ量の木が… https://t.co/rCJlVrs9fT2018-10-04 14:38:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(31)」をブログにアップした。江戸時代はリサイクル社会で、20世紀に始まった大量生産・大量消費・大量廃棄という「使い捨て社会」とは対極的であった。 https://t.co/8meO2IEhuR2018-10-03 16:08:21 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(30)」をブログにアップした。江戸時代の糞尿経済学、リサイクル社会論である。糞尿が大きな意味を持つ時代であった。https://t.co/xXcytTKO6M2018-10-01 19:29:20 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    江戸時代の日本人が、無駄遣いをせずに見事なリサイクルのシステムを作り上げていたことは、多くの研究者が指摘している。「20世紀文明論(29) 」をブログにアップした。https://t.co/UuQkh0E12i2018-09-29 20:49:32 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(28)」をブログにアップした。20世紀の特色は大量生産、大量消費、大量廃棄である。このような生活を可能にしたのは、人類が電気を手に入れたからである。電気のなかった江戸時代には、人々は不便な生活を強いられたが、それ… https://t.co/Tlm0IdnK9y2018-09-27 17:18:41 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(27)」をブログにアップした。高度経済成長と都市化は地域共同体を破壊し、コミュニティにおける老人の役割を失わせた。それは、少子化と世帯人員の減少によっても加速化され、学校教育の荒廃すら招いたのである。https://t.co/JdKzVVyZiz2018-09-25 14:27:28 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(26)」をブログにアップした。1960年くらいまでは、地域共同体で子どもを教育する姿勢があったし、地域の老人が仲介者の役割を果たした。今は、止役なき非情な大衆社会(パンとサーカス)である。 https://t.co/ZGdZX6lXw52018-09-23 22:18:08 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(25)」をブログにアップした。1960年代以降の高度経済成長、都市化は大量の「孤独な群衆」を生み、近隣から味噌、醤油を気軽に借りるといった連帯心あふれる地域共同体を破壊し、子どもの教育は地域全体の責任であるという… https://t.co/IU3SNpmJzb2018-09-21 12:36:55 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(24)」をブログにアップした。西欧で義務教育が生まれた背景は何か、教育の自由とは何か。フランス革命以来、1世紀以上にわたる共和派の戦いの結果、国家が子どもの教育権を教会から奪ったのである。https://t.co/T21PLW8IhY2018-09-19 18:51:21 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(23)」をブログにアップした。ラジオもテレビも電話もなかった江戸時代に、立札を町中に出せば、皆それを読んで、行政の指示が徹底する。こうして日本は幕末の危機を乗り切ったのである。https://t.co/MqfmgYV1EE2018-09-18 21:48:37 by 舛添要一
  • MasuzoeYoichi
    「20世紀文明論(22)」をブログにアップした。幼い頃から子供同士で遊んだり、けんかをしたりしながら育つのが普通だった時代は、たとえ子供でも、相手を心理的な逃げ道がなくなるまで徹底的にいじめることはしなかった。20世紀後半から、そ… https://t.co/GepPUjfaf72018-09-17 19:00:51 by 舛添要一