inose_mikadoの検索結果

「猪瀬直樹/inosenaoki」で絞り込んでいます。

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 僕たちは、人生は多数の偶然に満ちている、と考えるときがある。たまたまキャンセルした飛行機が事故に遭遇するような劇的な体験はしなくとも、もしもあのとき、あの場所で、あの人に会わなかったら……、などということは思い出すときりがない。【欲望のメディ…2018-10-15 17:26:17 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 小林の再建案は、分譲地と都心を結ぶアクセスの確保であった。それが保証されさえすれば、所有している四十五万坪に及ぶ広大な土地が売れる。しかも住宅を購入した客は、また鉄道の客ともなり恒常的に運賃を支払う。そのサイクルを繰り返すことが肝心なのだ。【…2018-10-11 23:39:07 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: (『メトロポリス』の)贋マリアが群衆を煽動するイメージは、「大衆」の存在感を鮮明にする。……群衆はスペクタクルとして視覚化される。ヒトラーが脳裡に描いたファシズムが、こうした視覚イメージを現実化したものであるならば、なるほど、この映画に関心を…2018-10-11 20:48:38 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 力道山が日本生まれでなかったように、ヒトラーはオーストリアの片田舎出身でドイツ人ではなかった。その点奇妙に似通っているが、僕はもう少し別の部分に注目する。二人に共通しているのは、きわめてテレビ的性格をもったヒーローだったというところだろう。【…2018-10-11 20:47:33 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: GHQが林野庁に独立採算制を導入させたのは、林野行政が不明朗で天皇を利用する勢力の権力的・財政的な基盤となっていたこと、アメリカの連邦政府においても特別会計となっていたこと、などからであった。問題はその後にある。【新篇日本国の研究】2018-10-10 23:57:13 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 視えない相手をどうとらえるか。二つの方向があるだろう。ひとつは眼の代わりになるテレビカメラ、もうひとつは電波。日本とドイツは撮像の方向に向かい、アメリカとイギリスはレーダーに向かった。【欲望のメディア】2018-10-07 04:39:19 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 敗戦は、確かに時代の節目だったが、それを強調するあまり、大正六年以降、現在まで連続した曲線のなかでうねっていた事実も、見落とすべきではない。天皇という貴族の頂点に立つ者と、大衆の欲望を直截に代表する堤康次郎の軌跡をなぞってゆくと戦前から戦後に…2018-10-07 04:38:44 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 人間の欲望は限りない。遠方の音を聞きたいとする欲求も、見知らぬ土地の出来事を眼前に見たいとする欲求も願望としては等しい。技術者は目的があれば、それを実現すべく努力する。高柳が凡庸でなかったのは、目的つまり夢をもっていたからである。【欲望のメデ…2018-10-03 19:37:17 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 時代の節目は、予定調和としてではなく、天皇崩御という個人の肉体の消滅とその鎮魂の儀式によって。忽然と訪れ、洪水のように過去を洗い流しながらよりいっそう過去を心に刻ませる。【ミカドの肖像】2018-10-02 23:51:07 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 「御大喪」と「御大典」に加えて、新しい元号の制定、恩赦、それらが重なり合いながら、国家的祭儀という同一平面で人びとは、悲しみはなくとも悲嘆を装い、喜ばしいことはなくとも狂喜し、地殻変動のように、溜め込まれたエネルギーを蕩尽しつくすのである。【…2018-10-02 23:51:00 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 当時のベストセラー、吉川英次の「太閤記」「宮本武蔵」を全員に与え、総力戦的見地からみた主人公の分析というテーマを一ヶ月の期間を与えて宿題と課したりもした。……その後、飯村所長は「太閤記」「宮本武蔵」についての研究生の感想文を、わざわざ吉川英次…2018-09-28 12:55:12 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 両者の相違は明らかだが、”ピストル”堤、”強盗”慶太と呼ばるほどにエキセントリックで、急発進・急ブレーキ・急旋回の交通業者らしからぬ性格の持ち主という点は奇妙なほどに似通っていた。【土地の神話】2018-09-26 18:02:02 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 一八八五年に大ヒットした『ミカド』はやがて、作者の意図を超えて独り歩きし始める。ミカドという記号は、黄色人種が西欧社会にもたらす恐怖の代名詞へと転化していくのである。【ミカドの肖像】2018-09-26 17:51:37 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 明治維新では”一君万民”という思想が担がれた。封建社会のヒエラルキーとはちがい、一人の君主に対して人民は平等、というタテマエである。「大衆」の素はそういう歴史的契機のなかに準備され、大正年間に花開いた。とすれば、「大衆」は、近代天皇制が生み出…2018-09-24 16:55:37 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: ホテルの歴史を調べてみると、西欧でも、旧い貴族の建物が「大衆」に開放され、ひとつのレジャー空間として活性化していくプロセスがありますね。日常性とは別の格式を、短い期間だけお金で買うことができるのです。【ミカドの肖像】2018-09-24 16:52:25 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 祭事や歌詠みに明け暮れていた一族とその藩屏たちは、錦の御旗として、政治的マキャベリズムの渦に巻き込まれた。”一君万民”という祝福の衣を身に纏わされたとしても、エデンの園を追われたことには変わりない。彼の地を離れることによって、天皇は国家という…2018-09-23 20:38:48 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 真相はどうなっているのだろうか、なぜいけないのか、と突き詰めることなくハンタイ、ハンタイと叫ぶのはイデオロギー的なハンタイ屋で、当局にとっては痛くも痒くもない。【新篇日本国の研究】2018-09-22 19:19:24 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 枯れるとわかっているのに、なぜ杉を植えたのか。造林計画には地元側も参加している。気候風土をよく心得ているはずの地元が協力したのは林業振興の補助金が下りるからだ。一種の精神的頽廃を仕掛けたのは補助金という魔物である。【新篇日本国の研究】2018-09-22 02:37:43 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 大正十五年十二月二十五日に大正天皇が崩御し、元号が昭和にあらためられた。わずか七日間の昭和元年が過ぎ、翌昭和二年二月七日午後から八日の早朝にかけての大葬の儀式は、新宿御苑で行われた。臨時の葬儀会場が、ふだんゴルフ会場であったというのは、奇妙な…2018-09-21 03:37:02 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 「御大喪」と「御大典」に加えて、新しい元号の制定、恩赦、それらが重なり合いながら、国家的祭儀という同一平面で人びとは、悲しみはなくとも悲嘆を装い、喜ばしいことはなくとも狂喜し、地殻変動のように、溜め込まれたエネルギーを蕩尽しつくすのである。【…2018-09-21 03:35:16 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 実際に、万民に能力主義が解放された時期は、江戸的(封建的)年秩序が崩壊し、ライフスタイルが均質化しはじめた大正以降であったと思う。康次郎は時代を嗅ぎわける独特な能力があったのだ。【ミカドの肖像】2018-09-19 13:39:19 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 私鉄の誕生により、都心への人の流れは、通勤という日常性に収斂され、郊外への小旅行はレジャーランドにおける祝祭空間への移行を意味した。「大衆」の祝祭空間への渇望は、銀座に代表される高級消費空間と郊外のレジャーランドの彼方に無限に広がる気配を見せ…2018-09-19 13:39:12 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 復興局疑獄を機縁に、五島慶太は沿線への学園誘致というノウハウを身につけたのである。こぢんまりとした家にうっかり巨大な家具を注文してもてあましているように、大きすぎる鉄道が小さな田園都市には不釣り合いになりはじめていた。【土地の神話】2018-09-17 00:51:48 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 明治十二年(1889年)三月七日生まれの堤と、明治十五年(1882年)四月十八日生まれの五島。ともに小林の思想のある部分を拡大して継承していくことにより、終生のライヴァルとなった。【土地の神話】2018-09-17 00:51:38 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: テレビはたとえ右にしろ左にしろ、人々から思惟を抜き取り、観念を無化にするという意味において、イデオロギー的な集中力を拡散させる方向に機能するのではないか。そのあたりの考察は、おいおい明らかにして行こう。【欲望のメディア】2018-09-12 21:49:59 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 当時最大のマスコミは新聞である。天皇行幸となるとその逐一が全国に伝えられる。新しいメディアが誕生した事実は、どれほどの衝撃を与えたのだろうか。未熟児のあどけない表情からは、それがフランケンシュタインのような怪物に成長するなど誰ひとり想像できな…2018-09-12 21:49:06 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 日本人は勤勉で、ひたすら仕事に喜びを見出してきた、とする考え方には修正が必要なのだ。五島も堤も、……大衆の欲望の所在に敏感だった。日本人の勤勉性を否定しないが、享楽的なポテンシャリティもぬかりなく見抜いている。正力にとっての新聞は、堤や五島の…2018-09-12 21:48:34 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 人が空を飛ぶ、その夢がライト兄弟によって実現されるまで、人びとは仮装行列でめかしこむのとさほど変わらないぐらい、あらゆる滑稽な恰好で跳躍したのだった。水晶の球に遠方の光景を覗こうとする努力も、それに劣らないほどの情熱がひたすら空回りするのであ…2018-09-11 00:35:48 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 視えない相手をどうとらえるか。二つの方向があるだろう。ひとつは眼の代わりになるテレビカメラ、もうひとつは電波。日本とドイツは撮像の方向に向かい、アメリカとイギリスはレーダーに向かった。【欲望のメディア】2018-09-08 20:43:24 by 猪瀬直樹/inosenaoki
  • inosenaoki
    RT @inose_mikado: 既成財閥は商業、海運、銀行などの流通部門や石炭、鉱業など基礎産業部門に重点を置いていたが、新興財閥の創始者たちは、重化学工業の興隆を使命としていた。それが時代の要請でもあった。【欲望のメディア】2018-09-06 23:19:36 by 猪瀬直樹/inosenaoki