jomaruyanの検索結果

検索結果を絞り込む

政党:
年齢:
性別:
所属カテゴリ:
地域:

検索結果

  • loveyassy
    RT @jomaruyan: 「『いのちを賭けし観測(みとり)こそ 吾が欣(よろこ)びの使命なり 永久(とわ)に伝うる記録こそ 吾が欣びの貢献(みつぎ)なり』。30年間も山頂の観測を指揮した藤村郁雄の歌の一節だ。気象台も少しは先人に敬意を払ってはどうか」 毎日新聞「余録」2018-08-12 04:31:13 by 田中康夫
  • loveyassy
    RT @jomaruyan: つづき。東京管区気象台総務課「庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」。毎日新聞。 「必要ない」という判断がどうして、どこから出てくるのか。2018-08-12 04:30:25 by 田中康夫
  • loveyassy
    RT @jomaruyan: 富士山頂測候所の日誌廃棄問題。「読者の中には富士山レーダーの建設を描いた石原裕次郎主演の映画『富士山頂』に胸躍らせた方もおられよう。そんな当時の記録も含む日本の気象観測史の英雄叙事詩のような史料である。なぜ図書館や研究機関に渡せなかったのか」毎日新…2018-08-12 04:29:19 by 田中康夫
  • loveyassy
    RT @jomaruyan: 1945年7月10日「山頂から見える街が毎晩一つ、二つと焼土となる。これが戦争の現実だ」 7月30日「2機が観測所に110発の銃撃。総員15人のうち軽傷3人とは奇跡」 東京管区気象台総務課「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。行政文書に当た…2018-08-12 04:28:09 by 田中康夫
  • loveyassy
    RT @jomaruyan: 戦前戦後を通じ68年間、富士山頂にある測候所職員が書き継いできた40冊以上の日誌を東京管区気象台が昨秋、廃棄していたことがわかった。毎日新聞。 絶句。血のにじむような日誌をあっさり捨てるとは。引き取ってくれる博物館を探したのか。作家の新田次郎が生き…2018-08-12 04:27:57 by 田中康夫
  • loveyassy
    RT @jomaruyan: 官僚たちは政権を守るつもりで「記憶にない」「記憶にない」と繰り返すのだろうが、それが政権への不信をいっそう強めていることになぜ気づかないのか。人と会う予定を手帳に書き込む必要がないほど物覚えのいい人が、なんで面会したかどうかの記憶を脳裏にとどめてい…2017-07-24 20:13:59 by 田中康夫